FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ休止のお知らせ

2006.12.02.Sat
冬がやってきました。
確定申告の時期が近づいています。
準備は進んでいるでしょうか。

昨年8月に当ブログを開設。
ちょうど1年前の11月下旬あたりから、
コメント欄に寄せていただいた質問に回答するスタイルが
定着しました。

1年間の傾向として、確定申告に関する質問が一番多く、
年明けから急増します。
最も多い日で、1日7件の回答を書きました。
この1年間は、どうにか運営できたかも知れません。
しかし、これから先も自助努力で続けていくことは、
ちょっと難しいかな…と思うようになりました。

何より、お客様と継続的に信頼関係を築き、
ともに歩んでいくことに対して、
ブログを通じての活動では限界があると感じるのです。
FPの究極的な目標は、お客様のライフスタイルを支え、
人生の夢を叶えられるようにお手伝いすることです。
この領域には、まだまだ届きそうにありません。


ここでブログを休止します。閉鎖に近いものですが、
記事やコメントは今後もご覧いただけるように残します。
検索エンジンでたどり着く方々にも、
参考にしていただけたら光栄です。

皆様には大変お世話になりました。
どこかでお会いできる日を楽しみにしています。
それでは、ごきげんよう(^O^)/
スポンサーサイト

12月上旬にできること

2006.12.02.Sat
昨年11月~12月は、値上がりが続き、熱い相場でしたね。
それに引き換え、今年の年末は低迷しています。
そんな中で、株式投資を続けている方・始めようとしている方は、
大変熱心な人とお見受けします。

ひとたびヒートアップすると、想像を絶する値上がりとなり、
予想していなかった利益が発生するかも知れません。
大きな売却益があっても、税金・健康保険・公的年金・家族手当などに
全く影響を出さない方法があります。
証券会社の口座を「特定口座・源泉徴収あり」にして、
売却益に対する所得税・住民税を天引きで済ませてしまうことです。


現状の取引口座が「特定口座・源泉徴収なし」の方は、
来年以降の取引区分を「源泉徴収あり」に変更できます。
手続きには時間を要するので、すぐに取り掛かりましょう。


取引する日についても、注意が必要です。
今年(2006年)の最終取引日は12月29日。
大納会のため、午前しか取引されません。
また、4営業日目決済のため、12月27日以降の取引は、
受渡日が来年1月となります。
特定口座での計算は受渡日基準で行われていますので、
年内に利益確定・損失確定したい方は、遅くとも12月中旬までに行いましょう。



せっかく投資なさるのですから、先を見通して、
万全の態勢で臨みたいですね(^^)

さっそく始めました

2006.11.20.Mon
昨日書きました、FXの件。
ジャパンネット銀行に口座を持っていたので、
FX口座の開設手続きをネット上で行ったら、
即日取引できました。

外国為替を扱うのですから、タイミングをつかむのが最も大切です。
ただ、今日はまず、ポジションを持つことに慣れるため、
1,000米ドルの買いポジションを取ることにしました。

その後、カナダドルも1,000ドル買いました。
ここ最近、円高カナダドル安のため、
自律反発しそうに感じたのです。
ある程度値上がりしたら利益確定するという考え方は、
当初の作戦に反します。
それを分かったうえで、練習に買ってみました(^^;

当ブログは投資ブログではないので、
FXのことは、たま~にしか触れない予定です。
さっそく始めたことが伝われば、それで十分です(^^)

最後に一言。
今日は値動きが小さいから、一層感じるのかも知れませんが…。
デイトレードでは、とても勝てそうな気がしません(^^;
取引を頻繁に行うと、手数料がかさみますからね。

FPの真髄

2006.11.19.Sun
FPフェアに参加して、早40日。
大変深く印象に残る講義がありまして、思い出すことがあります。
独立FPとして日々奮闘なさっている方の講義です。

お客様の心の声に耳を傾けることができる方で、
目先のことを解決するだけでなく、
心の奥底に抱えている本音に対してアドバイスできるのです。

FPの真髄は、お客様の夢を伺い、将来への計画を描き、
資産運用に関するアドバイスなどを通じて、
夢の実現をサポートすることです。
お客様もFPとの間に信頼関係を築き、
心の琴線に触れるようになってはじめて、
お客様の人生に入り込むことができます。

ブログでは、直接対面することがありませんし、
雑談を交えながら対話することも少ないです。
コメントをいただいた方の心の声を聞き取ることは至難の業ですが、
質問者の人生を少しでも良くしたいと考えて回答しています。

FPを信頼してもらうには、FP自身が
尊敬される人であることが欠かせません。
まだまだ至らないところばかりの私ですが、
これからもよろしくお願いします(^^)

投資の領域を広げたい

2006.11.19.Sun
最近、投資活動の領域を広げようと考えています。

当ブログを運営していて、FX(外国為替証拠金取引)と
税金・税務申告に関する質問を、何度もいただきました。
FXに関心をお持ちの方は、着実に増えているようです。
こうした方々に、今まで以上に助言できるよう、
自分の身をもって経験しようと考えるようになりました。

かつて中学3年の頃、外貨預金に進出したことがあります。
最初は世の中の円高予想に反してドルを買ったら
円安となって儲けました。しかし、
その後、元手25万円(に相当する外貨)に対して、
資金の80%まで借り入れられる信用枠を活用し、
60万円規模に手を広げ、数万円の損をしました。
自分の読みに反して、円高に振れてしまったのです。
この時に、自分があまりに危険愛好家であることを自覚しました。
リスク管理を徹底するため、資金にレバレッジをかけて
外貨を扱うのは封印していたのです。
(株式の信用取引を行わないのも、同じ理由です)

FXは取引総額の一部を証拠金として預けて取引するので、
効率よく利益を上げられます。
その反面、思惑と反対に相場が動くと大損します。
場合によっては、証拠金を失うだけでは済まされず、
さらに資金を投入して損失を支払うこともあります。

今回狙うのは、スワップポイントの入手に徹する作戦です。
日本円より金利の高い外貨のポジションを保有していると、
金利の穴埋め分が支払われるのです。
日本円と米ドルの金利差は現在およそ年5%。
レバレッジ効果3倍で運用すると、年間で約15%に相当する
金利収入があります。
そのレバレッジ倍率を高め、利回りを高めつつ、
リスク管理することが究極の目標です。
お金に効率良く働いてもらおうとしているのです。
どの程度の倍率なら神経をすり減らさずに取引できるのか、
実践のなかで探していくことになります。

短期売買とは違い、一度ポジションを取ったら、
そのまま保有し続けるので、頻繁には取引しません。
そのため、FXに時間を割く必要がありません。
為替差損が膨らまないように気を付けるだけです。
(それが一番大変なのですが(^^;)

為替動向を見て、タイミングよく参加する予定なので、
その点はご了承くださいね(^^)

FPフェア2006に参加しました

2006.10.09.Mon
10月6~8日、東京国際フォーラムにて、
FPフェア2006が開催されました。

FPフェアとは、FPのための勉強会の場であり、
会員交流の場であり、資料・情報集めの場でもある、
総合的なイベントです。
6日は仕事でしたので、7・8日に参加しました。
3年連続の参加です(^^)

このイベント、体力使うんです。その理由を書き出すと…。
・会場内の移動で、距離がある。特にホール間の移動が多いため、
 建物の高層と1階を行き来する必要がある。
・展示ブースで入手した書籍や資料が重たい。
・自宅から会場まで移動するため、早起きすることになる。
・当然ながら、受講中は頭を使う。
・久しぶりにスーツ&革靴の服装をすると、疲れ具合が増幅する。
         ↑正装したかっただけです(^^;

それでも参加するのは、勉強になるし、仲間が増えるし、
貴重な情報が手に入るし、刺激になるからです。
来年の開催都市と日程は未定ですが、
遠征してでも参加したいです(^O^)

心機一転

2006.08.29.Tue
ブログ運営が1年を過ぎて、
そろそろ、活動のスタンスを見直そうと考えました。
そこで、

タイトルを「FPブログ」に変更しました。

いつもご覧いただいている皆様からは、お金をいただきません。
今までもそうでしたし、今後もずっと無料です。
しかし、サービス内容は一流でいたい。
そのためには、職業が何であっても、関係ないんです。
タイトルはシンプルにしたいので、
これまでのタイトルから6文字取り払って「FPブログ」としました。
ファイナンシャル・プランナーによるブログを代表するような存在を
目指したいものです。

これまで同様、当ブログをよろしくお願いします(^^)

気が付けば1年

2006.08.27.Sun
いつも閲覧いただき、ありがとうございます(^^)
当ブログを開設して、1年が経過しました。
と言っても、1周年の日から6日も過ぎています(^_^;

振り返ってみると、自分自身にとって勉強になることが
大変多かったです。
記事にしたり、質問に回答するには、自分で調べて
根拠を得ることが必要になります。また、
いただいた質問によって、こちらが発見させられることも
多々ありました。

ヒット数で言えば、1月から3月に集中する傾向があります。
最も多かった日で、480ヒットをいただきました。
確定申告は、その時期には大変ホットな話題で、
身近というか、切実なテーマであることを、
ヒット数が物語っています。
反面、検索エンジンからお越しになる方は、
連日多数いらっしゃいます。
FPのニーズが潜在的にあることを実感しています。

これからも、質問や意見などがありましたら、
遠慮なくコメントへ寄せてくださいね(^O^)

十人十色

2006.06.08.Thu
新しい記事は40日ぶりです。
5月は一度も記事を書かなかったですね。

…今回の記事も、目新しいことではないので、ご了承ください。

当ブログを運営していて感じるのは、
読者やコメントいただいた人にとって、
有利とか不利といったものは、
単純には判断できないということです。

例えば、上場株式の配当所得を20万円、
確定申告した人がいたとして、
所得税は14,000円の還付、住民税は8,400円の負担増としましょう。
税金面でのトータルは、5,600円のプラスです。

しかし、申告所得を増やした結果として起こりうることは、
いろいろあります。
・国民健康保険や介護保険の負担増
・保育園にかかる保育料の負担増
・児童手当支給基準額オーバー
・児童扶養手当の減額
…これらはいずれも、配当所得を申告したことで、
所得金額が20万円増えたことによるものです。
国民健康保険料(税)、介護保険料、保育料などは、
算出方法や掛け率が自治体によって異なることもあって、
影響を細部まで判断することは、
コメント欄でのご質問ではカバーしきれません。

申告することによる影響の有無、影響がある場合の程度は、十人十色。
有利とか不利とか、軽々しく書いてはいけないものだと感じています。

FPロック

2006.04.26.Wed
4/30にCD「FP(ふぁいなんしゃる・ぷらんなーず)ロック」が発売されます。
作詞・作曲は、尾関大輔さん。
独立FPとして活躍なさっている方です。
昨年5月に開催された「FPフェア2005」で知り合いました。

ファイナンシャル・プランナー(FP)って、どんな人?
そんな疑問にお答えする歌です。
歌を通じて、FPの素晴らしさを広める。
誰もやっていないことに挑戦する姿勢が伝わってきます。
FPとお会いするたびに感じるのですが、第一線で活躍されている方は、
みなさん行動力あって、元気な方ばかりです。

どんな歌か興味を持たれた方は、下記アドレスから訪問してください(^O^)
なお、このCDの売り上げが伸びましても、私に
金銭的利益は全くありませんので、念のため申し添えます。


※当記事は、下記ブログからのトラックバックです。
尾関大輔FPオフィスBlog
FPロック4/30発売
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。