FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債券投資はハイリスク

2005.10.10.Mon
最近の株高で、今まで以上に話題とならなくなったのが、債券投資です。

債券と一口に言っても、日本国の国債、国内地方自治体が発行する地方債、
国内企業が発行する社債、海外で発行される国債や社債、
株式に転換できる社債(転換社債)など、様々な債券があります。

債券の多くが、1年あるいは半年に一度利息をくれて、
満期に元金を返してくれるというものです。
元金が返ってくるのだから、リスクがない・・・とは考えないでください。

100万円を10年間預けて、年1.4%の利息をもらえる債券Aがあれば、
毎年14,000円の利息収入となります。
10年間の総受取額は、元利金合わせて114万円です。(税引き前)

ところが、上記の債券を買った1年後に、世の中の景気が良くなり、
同様の債券Bが年3.0%の条件で発行されたとします。
こちらの債券Bは、1年で3万円も利息をくれます。
すると、すでに持っている債券Aは、年1.6%も儲け損なうことになります。
お金が急に必要となって、債券Aを売りに出しても、
誰も100万円で引き取ってはくれません。
理論値をはじき出すには複利計算を駆使することになりますが、
仮に誰かが87万円で買い取ってくれたとしても13万円の値下がりです。

その逆に、景気過熱感のなかで、年5.5%で債券Cが同様の条件で
発行されたとして、1年後に市場金利が3.0%まで下がったとなれば、
毎年25,000円も余計に利息をもらえる計算になります。
この状態なら債券Cは、120万円でも売れることでしょう。
20万円以上の利益が出るわけです。

債券購入で、他に気を付けたいのは、信用リスクと為替リスクです。
発行体が元利金の支払いを踏み倒すと、債券保有者は大損を被ります。
発行者が実体の無い会社なら、購入は慎重を期すべきです。
集めた資金を持って夜逃げ、あるいは計画倒産というケースがあるからです。
また、外国債券の場合は通貨価値が変動するので、
為替差損が発生することがあります。(為替差益が出ることもあります)

時々、外国債券は価格変動リスクと為替リスクが混在していて、
リスクを軽減していると勘違いしている方がいます。
これらは全く別のリスクであり、外国債券はより多くのリスクを抱えています。

ちなみに、個人向け国債は、変動金利。
信用リスクが限りなく小さく、金利上昇の恩恵を受けられる、
オススメ度の高い金融商品です。

最後に。
景気上昇局面では株式投資に、景気下降局面では債券投資にシフトして、
実り多い投資生活を送りたいですね。
これが出来るだけでも、資産形成に大きなプラスとなることでしょう(^^)
スポンサーサイト

コメント

2005-10-11.Tue 13:10
クロフネは豪ドル債を持っています。
利付債なのですが、利子は0.5%の少なめで債券金額が60%になっていて、利付債というよりはゼロクーポンに近いものです。
でもゼロクーポンではないので購入時の課税もないですし、途中売却の税金もかからないのでけっこう気に入っています。

幸い豪ドルは為替差益も出て、金利も据え置きなので取得して2年半ですが、かなりに含み益が出てます。
金利は上がらないでしょうから、あと6年間このままいってくれればなー、と祈っています!
(為替差損が出れば外貨MMFで何年でも持ちつづけますけどね)
URL|クロフネ #-[ 編集]

2005-10-11.Tue 22:08
こんばんは(^^)

>クロフネさん<
豪ドル債をお持ちですか(^^)
日本の税制を研究して考案した債券とお見受けします。
為替差益も乗っていて、二度おいしい展開ですね。

日本円以外の通貨にいろいろ分散して運用なさっていたり、
FXのポジションを保有なさっているので、
円高・株高が同時にやって来た時のために、
国内株式を保有なさっては、いかがでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

2005-10-12.Wed 11:55
いえ、恥ずかしながらたまたまでした。
豪ドル債はクロフネが初めてした投資で、右も左もわからず、ただ義父がしているのを真似しただけなのです。。。

株!!
ほんとはやってみたいのですが、家内の株アレルギーがそれを減退させてしまいます。
(義父の何千万単位の運用が原因なのです。。。)

昔、三菱自動車が80円だね、って話をしたら、買うわけじゃないのに何の関係があるのってすごまれました。

しかも最近義父が1700万の損失がでたことも発覚。(含み損じゃないです)

グーが来ても、チョキが来ても、パーが来ても勝てる布陣にしたいのですが。。。
URL|クロフネ #-[ 編集]

2005-10-12.Wed 21:21
こんばんは(^^)

>クロフネさん<
クロフネさんの場合、資産配分やポートフォリオとして、
日本株式を組み入れるとバランス良くなります。
しかし、株に拒絶反応が出る状況でしたら、
組み入れは難しいですね。
せなさんの資産運用スタンスを尊重なさって、
家族みんなが納得する方法を探しましょう(^^)

日経平均をオプションで取引するとか。
(↑家族をだましているだけかも(^^;)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

個人向け国債の注意点

2005-10-20.Thu 00:27|FP事務所LBプランニング
個人向け国債は昨今の銀行預金などの低金利が続く中、預貯金に比べて高利率なため、人気を集めています。個人向け国債の大きな特徴としては、  ・1万円から購入可能  ・変更金利&最低金利(0.05%)保証  ・途中換金可能ということがあります。ただし、い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。