FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険について考える(その1)

2005.10.28.Fri
FP事務所LBプランニングにて、
全く同意見の記事がありましたので、TBします。

無事故ボーナス付き医療保険って??

無事故ボーナス、健康ボーナスといった名称で、特約として医療保険に付加します。
(この特約をセットにして保険商品を販売しているケースが大半です)
10年満期まで保険金請求しなければ、
ボーナスを受け取れる仕組みになっています。

ボーナスと言っても、その分、保険料を増額して払うのです。
通常の(医療保険の)保険料と、ボーナス部分の保険料を両方払って、
どちらかしか受け取れないというのは、加入者に不利です。
テレビCMで見るたび、不誠実な商品だと思ってしまいます。

月並みな結論ですが、貯蓄と保険は切り離しておくのが
良いと思います(^^)
スポンサーサイト

コメント

TBありがとうございます

2005-10-29.Sat 22:58
TBありがとございます。
「投資は苦手だから」ということで保険で運用される人もいらっしゃいますが、そんな方こそFPへ相談していただきたいですよね(^_^;)
URL|中野敦成 #-[ 編集]

2005-10-29.Sat 23:22
こんばんは(^^)

>中野敦成さん<
どういたしまして。
中野さんは独立FPをなさっているとあって、
具体的な数字を明記していて、説得力ありますね(^^)
たっぷり保険に入って、無事に満期を迎える「保険貧乏」は避けたいものです。
お金のこと全般について相談できるFPの存在を、
一人でも多くの方に知ってもらえるよう、
活動していきましょう(^^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

まったく

2005-10-30.Sun 03:03
まったくです。
クロフネも以前友達に相談されたときに同じようなことを説明したことがあります。
(FPでもなんでもないときでした。。。)

こやまぞんさん達のようなFPの方々がそうおっしゃるのなら、クロフネがした説明もおおよそ間違ってなかったんでしょうね。
ほっとしました!
URL|クロフネ #-[ 編集]

3人揃えば(^^)

2005-10-30.Sun 21:02
こんばんは(^^)

>クロフネさん<

同じテーマについて、相談を持ちかけられた経験があるのですね。
誠実&冷静に考えて、的確な回答をなさったのだと思います(^O^)
生命保険会社が売りたがる商品と、加入に意義のある保険は、全く別。
FP仲間として、経済社会を強く生きる知恵を広めたいですね(^^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

はは。。。

2005-10-31.Mon 01:47
誠実&冷静ではあったと思いますが、的確な回答かどうかは疑問です(T_T)

ア○コはCMがすごく巧妙な感じがするので特にすすめないです。

生命保険は必要な人だけ最小限に、と思って相談に乗るようにしています。
(やはり的確かどうかは。。。)
URL|クロフネ #-[ 編集]

2005-10-31.Mon 21:09
ボクが担当したお客様でも無事故給付金のニーズがけっこうあったので、
実際に同じプランで給付金の“有り”または“無し”に分けて
シュミレーションした結果を見せると
たいていの方は無事故給付金無しを選択されますね。
こやまぞんさんが仰るとおり、給付金分に近い額のコストがかかりますので、
あまりオススメできるものではありません。
掛け捨ての保険が嫌いな主婦にウケている商品ですが、
細かい説明が行き届いていないために
そのへんのコスト負担を理解せずに加入しているケースが多いようですね。

ただ死亡保障の保険商品の中には
かなり貯蓄性に優れたものもあり、
場合によっては選択の中に含めてみても良いのではと思います。
短期払の終身保険の中には、
学資保険代わりとしてオススメできる商品もあります。
(加入して15年後に、払い済みの保険料より多くの金額を
解約金で受け取れるものがあります)
これは小さい子供を持つご家庭のニーズに適した商品じゃないかとボクは考えています。
URL|たかぴー #gOiQ1czs[ 編集]

2005-10-31.Mon 22:41
こちらの記事にも、こんばんは(^^)

>クロフネさん<
具体的な会社名が伏字で出てきましたね(^^;
FP同士の会話にも、評判の良くない保険会社は出てきます。
近々記事で書く予定ですが、保険はどこの会社でも同じと思ったら、大間違い。
保険金不払いで厳しい処分が下る会社もあれば、
新商品にかこつけて予定利率の低い契約に転換させる会社もあります。
厳しい目でチェックしていきたいですね(^^)

>たかぴーさん<
保険FPの真打ち登場ですね!(^^)
貯蓄性に優れた商品があるのですか。
学資保険は、契約者(=保険料支払者)死亡の場合、
それ以降は保険料が免除になるのがメリットと考えると、
全期前納の終身保険で代用できるのですね(^O^)
かくいう私、1999年12月に終身保険700万円+入院特約に入りました。
いつかは見直しを…と考えているのですが、
予定利率が年2.75%と高めなので、まだ手付かずです(^^;
URL|こやまぞん #-[ 編集]

2005-11-01.Tue 00:46
>1999年12月に終身保険700万円+入院特約に入りました

これはいい時期に入った保険ですから、
保険料負担が厳しくなければ、
満期まで続けていただきたいですよね。

上のお話でもありましたが、
説明不足な転換で損をされた方が非常に多く、
同じ保険を扱う人間として
腹立たしく思います。
転換の制度自体は必ずしも悪いわけではないのですが、
保険料を安く見せるためのトリックに使われやすいのが難点ですね。

こやまぞんさんの保険、もし見直すなら
入院特約が終身保障でなければ、
その特約のみ外して、
終身型の医療保険をご検討されてはいかがでしょうか?
別に終身型医療に入っていらっしゃらなければ、
できれば一口は終身型の医療保険へ加入されると
より安心だと思います。
URL|たかぴー #gOiQ1czs[ 編集]

こんばんわ!

2005-11-01.Tue 21:20
お久しぶりです!
私も今年生命保険を見直しました!
親の知り合いとかの関係でなんだかわからない保険に入っていたのですが
少し勉強したらコレは無駄だわ・・
と気がついて、今は独身だし死亡保険より入院保険を充実させようと考え
入りなおしました。結婚したらまた検討しようと思ってます!
その時は相談にのってください!
ではまた!
URL|may #-[ 編集]

それは楽しみです。

2005-11-02.Wed 00:07
こやまぞんさんの保険会社の分析楽しみです!
以前、生命保険のセミナーに行ったことがあるのですが、そこの独立系FPが「生保は金融庁のお墨付きを頂いているので、会社で良い悪いはありません!」って言ってたのがずっと引っかかってました。
そんなことないだろ、って感じでです。

クロフネは、学資保険を使わずに米ドルの割引債と共済で乗り切ろうかなって思っています。
今は長期金利が下がってるので待ち状態です!
URL|クロフネ #-[ 編集]

おはようございます(^^)

2005-11-02.Wed 07:12
コメントありがとうございます!(^O^)

>たかぴーさん<
医者の不養生という言葉がありますが、
終身保険の他にも、金融庁からストップがかかった通算日数無制限終身医療保険1口、
職場の共済組合絡みで掛け捨て保険(病気・傷害、所得保障等)、
通販専業生保のガン保険2口に入っています。
終身保険の入院特約は80歳までなので、
この特約を外すのは名案ですね!助かりました(^^)
かつて、外資系生保での営業を志したことがある身なので、
たかぴーさんのように誠実な営業活動をなさる方に
活躍してほしいと思うのです(^^)

>mayさん<
ご家族がmayさんの収入に依存していなければ、
死亡保障の多くは無駄ですね。
入院時の保障を充実させたのは正しい判断だと思います(^^)
ご結婚なさったら、パートナーの保険加入状況を中心に確認なさると
安心して生活できますよ。
FPは、いつでも身近にいたいもの。
mayさんからの相談、お待ちしております(^^)

>クロフネさん<
クロフネさんが出席なさったセミナーの独立FPが言いたいのは、
保険会社の名前だけで判断したり、解約&新規加入に走る必要はない、
という意味かも知れません。首をかしげる言葉ですね(^^;
個人的には、マネー雑誌に広告を載せる程度に宣伝活動を抑える会社のリーズナブルな保険に入るか、
たかぴーさんのような保険FP(企業系)、
BUNさんや中野さんのような独立FPが
お客様に合わせて設計する保険に入って、
FPとの繋がりを持つのがオススメです(^^)
今の低金利では、学資保険は不利ですね。
高金利の米ドルで乗り切る発想が
クロフネさんらしくて頼もしいです(^O^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

全くその通り!

2005-11-09.Wed 22:50
「貯蓄と保険は切り離す」こんな当たり前のことが、なかなか出来ていない方が多いように見受けられます。それに、もともとは「安心」を買うのが保険と言われているのですが、昨今の「不払い」の報道があってからのものの、いざというときにきちんと支払ってもらえるのか?と「不安」になっています。保険に関しては、本当に必要なものだけをかけるようにしたいですね!!
URL|SBM in千葉 V2.07 #-[ 編集]

2005-11-10.Thu 00:02
こんばんは(^^)

>SBM in千葉 V2.07 さん<

今でこそ貯蓄と保険は切り離すのが主流になりつつありますが、
かつては高金利の利息部分で保障を買うのが、むしろ普通でした。
(学資保険は、その典型と言えます)
経済の成長期には、FPの存在はごく少数で、
金融に関する知識より、財テク(金儲け)ばかりに
世間の興味が集中していました。
不慮の事故や長期入院に対しては、
保険でリスク転嫁をはかるのが一般的です。
ただし、保険料を払う代わりに、その資金を貯蓄に回せば、
手元に残ったお金は万能です。
多少のリスクは承知の上で、
全く保険に入らないという選択もあることは、
知っていてよいと思います(^^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。