FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定口座・源泉徴収あり

2005.11.15.Tue
株式を売買するには、証券会社に取引口座を開きます。
その際に聞かれるのが、下記の2点です。
 ・特定口座/一般口座
 ・特定口座なら、源泉徴収有り/無し

特定口座にすると、証券会社が年間の取引報告書を作成します。
この報告書で確定申告すると、自分で損益を計算する手間が省けます。

これに対し、一般口座では、年間の収支を自分で計算することになります。
ある銘柄を買い増しするにつれて、平均取得単価が変わるので、
大変複雑な計算を強いられる場合があります。

特定口座による源泉徴収あり・なしとは、
株式売買の利益に対する税金を源泉徴収するかしないかです。
平成19年12月31日までは、所得税7%、住民税3%の税率です。
(平成20年1月以降は、所得税15%、住民税5%)
源泉徴収ありを選ぶと、税金を証券会社が源泉徴収し、
投資家に代わって税務署や市区町村に納税します。
後に確定申告・住民税申告することが可能ですし、
源泉分離課税を選ぶ(申告しない)ことも可能です。

源泉徴収なしあるいは一般口座で取引した場合、
利益があれば確定申告が必要。
損失があって、翌年以降に損失を繰り越すにも、
確定申告は必要です。
(繰越損失が絡んだら、源泉徴収ありでも要確定申告)

注目すべきは、特定口座・源泉徴収ありの場合の、
源泉分離課税を選択できる点。
これを活用することで、年間で38万円を越す利益があっても、
被扶養者のままでいることができるのです。
また、国民健康保険(市区町村が運営する健康保険)には
所得割があるのですが、これにも影響せず、
保険料(保険税)が高くなる事態を避けられます。

節税の観点から見ると、
「特定口座・源泉徴収あり」を選ぶのが賢い選択と言えます。
活発に取引している口座を「源泉徴収あり」にしていない方は、
来年から切り替えるよう、書類を取り寄せてみては、
いかがでしょうか(^^)
スポンサーサイト

コメント

2005-11-16.Wed 15:32
初めまして。
貴ブログの、判りやすくて正確な記事と
コメントへの誠実な回答に感服しました。
これからもちょくちょくと伺って、
記事を書く際の参考にさせて頂きます!
URL|K.F #q019ZZn6[ 編集]

2005-11-17.Thu 07:02
お早うございます(^^)

>K.Fさん<

ようこそ、いらっしゃいませ!(^O^)
正確な記事を書くことには、最新の注意を払っています。
判りやすい記事を心がけていますが、訪問者の予備知識などにより、
理解度はブレがあります。そのフォローの意味も含めて、
コメントのキャッチボールを大切にしています。
会話が展開されるうちに、疑問が出てきたり、
理解が深まったりするものですからね。
ブログ仲間との交流は楽しいです(^^)

K.Fさんもブログをなさっているのですね。
お互い、個性的なブログにしていけるように、
無理せず楽しく運営しましょう(^^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

2005-12-24.Sat 20:10
はじめまして。りゅうといいます。
非常に丁寧な説明で分かりやすいですね。
今年は妻の証券口座を特定口座源泉徴収有にしてて、利益が20万円以下なので税が取られ損と思っていたので、来年は源泉徴収なしにしたんですが…。
ブログを拝見すると間違いのような気がしました。38万円の壁など。
源泉徴収有で20万円以下の利益の場合、税を取り返すことができるのですか?
URL|りゅう #-[ 編集]

2005-12-24.Sat 22:07
こんばんは(^^)

>りゅうさん<

初めまして(^O^)

奥様の株式等譲渡所得があるのですね。
給与所得以外が20万円超ある場合は「確定申告をしなくてもよい」のであって、
確定申告して所得税・住民税の還付を受けることは可能です。
所得38万円の壁を越えないようにするのが、最大の注意点です。
※所得32万円を超えると、住民税の均等割が4,000円発生します。

来年は大相場がやってくるかも知れないので、
株利益が38万円を超しても面倒なことにならないように、
源泉徴収口座で取引するのが賢明と思います。
源泉徴収無しになさったとのことですが、
再度変更して、源泉徴収有りに切り替える手もありますよ。
来年になってからも、一度も株を売っていない状態ならば、
変更手続きができるのです。
証券会社へ問い合わせては、いかがでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2005-12-25.Sun 10:42
早速のご返事ありがとうございます。投資を始めるときにFPの勉強もしようと思いましたが、投資のノウハウを覚えるのに必死でした。
で、あまり勉強してなくて、今頃あわてています(笑)
妻の口座については、証券会社には源泉徴収有にもどせるか確認します。
間に合わないときは38万円の壁を覚えておきますね(^^♪

>給与所得以外が20万円超ある場合>は「確定申告をしなくてもよい」の>であって、確定申告して所得税・住>民税の還付を受けることは可能で>す。

少し私がかんちがいしている部分がありますので、確認させてください。
「確定申告しなくていい」というのは、知っていました。
給与所得以外が20万円以下で確定申告した場合は、源泉徴収ありを選択していても、その程度の所得であれば所得税は返ってくるということでしょうか。(つまり、総合課税に確定申告により変更が可能?)
源泉徴収なしを選択すると、給与所得以外が20万円以下の場合は、確定申告不要だけど、非課税枠贈与で確定申告が必要な場合、不要な申告が必要になる?するとわずかでも所得税がかかるのかな?
娘の口座がありまして、贈与の確定申告をしないといけません。
売却益20万円は超えない前提で考えると、贈与の申告はして、売却益の申告は不要だからしないということが可能なんでしょか。

1つ1つは理解できても、いくつかかさなると、どの場合にどの選択が賢いのか難しいですね。ひとそれぞれ状況が違うだけに、FPは必要なのですね。

いそがしいとこすみませんが、おしえてください。





給与所得以外が20万円以下超ある場合は「確定申告をしなくてもよい」のであって、
確定申告して所得税・住民税の還付を受けることは可能です。
所得38万円の壁を越えないようにするのが、最大の注意点です。
※所得32万円を超えると、住民税の均等割が4,000円発生します。

URL|りゅう #-[ 編集]

2005-12-25.Sun 10:46
すみません。
下の4行コピペがのこりました(~_~;)
URL|りゅう #-[ 編集]

2005-12-25.Sun 20:30
こんばんは(^^)

>りゅうさん<

こちらが言葉足らずでしたね。

>給与所得以外が20万円以下で確定申告した場合は、源泉徴収ありを選択していても、その程度の所得であれば所得税は返ってくるということでしょうか。(つまり、総合課税に確定申告により変更が可能?)

その通りです(^^)
給与所得以外の所得が38万円以下であれば、
誰でも受けられる基礎控除38万円(住民税では33万円)によって、
所得税の課税総所得は0円になります。そのため、
源泉徴収された税額をもらさずに申告すれば、所得税が(住民税も)返ってくるのです。

>娘の口座がありまして、贈与の確定申告をしないといけません。
売却益20万円は超えない前提で考えると、贈与の申告はして、売却益の申告は不要だからしないということが可能なんでしょか。

贈与税に関しては、お嬢さんが贈与により取得した財産が
110万円以下であれば、贈与税は課税されませんし、
贈与税の申告書の提出も必要ありません。
もちろん、贈与の事実を税務署に知らせるために申告することは可能です。

贈与税の申告と、所得税の確定申告は、全く別物です。
そのため、贈与税について申告して、所得税は申告しないことが可能です。
なお、売却益がお嬢様名義の証券口座で実現していて、
所得税・住民税が源泉徴収されているならば、
所得税も確定申告なさるのが有利です。
これも基礎控除のおかげです。

税金のことを勉強すればするほど、さまざまな節税が見えてきます。
ファイナンシャル・プランニングの知識は大変役に立ちますよ(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2005-12-26.Mon 21:53
ありがとうございます。
悩んでいたことがすっきりしました。

贈与は110万円以下なら申告不要なんですね。しかも、それぞれの申告は連動しない。法を犯さぬ限り、必要な分だけを申告すればいい。

ほんとうにありがとうございました。
FPの資格はともかく、1つ1つ勉強して行こうと思います。

FXと外貨MMFなど税制面を考えると必ずしもFXが有利とはいえない部分もありますし、面白いですね。
節税は大切です。
URL|りゅう #-[ 編集]

2005-12-27.Tue 00:15
こんばんは。

>りゅうさん<

お役に立てたようで、光栄です。
税法は、知れば知るほど、役に立つことがあって、奥が深いです。

>FXと外貨MMFなど税制面を考えると必ずしもFXが有利とはいえない部分もありますし、面白いですね。

プチ・カンパニー(個人事業会社)を設立して、
その会社でFXするという節税方法。
市販の確定申告の解説本に紹介されています。
公務員には使えない作戦です(^^;
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

質問

2006-01-08.Sun 16:02
はじめまして

所得のない人間が1年間にA証券では源泉徴収なしの口座で38万の利益。
b証券では源泉徴収ありの口座で1000万の利益だし時。

確定申告は不要で支払う税金はb証券の100万円。(19年度まで)
健康保険税は所得のない人間と同額支払うという事でよろしいでしょうか。




URL|徳山 #-[ 編集]

2006-01-08.Sun 17:12
こんばんは(^^)

>徳山さん<

初めまして(^^)

>所得のない人間が1年間にA証券では源泉徴収なしの口座で38万の利益。
>b証券では源泉徴収ありの口座で1000万の利益だし時。

b証券の取引は源泉徴収ありなので、源泉徴収で終了することができます。
A証券の取引は源泉徴収なし。株式等譲渡所得が38万円ということは、
給与所得以外の所得が20万円を超えているので、確定申告が必要です。
(給与所得以外の所得が20万円以下であっても、住民税申告は必要です)

確定申告をする結果、このようになることが予想されます。
  所得税…特定口座より源泉徴収された70万円のみ
  住民税…特定口座より源泉徴収された30万円だけでなく、
      均等割4,000円と所得割1,500円が発生(注)。
  国民健康保険税…所得なしの場合と比べて若干の負担増。
      (源泉徴収のみで終了している株式等譲渡所得1,000万円の影響は無し)

住民税と国民健康保険は、各自治体が条例にて規定しております。
担当部署へ確認なさることをお勧めします(^^)

注:住民税の均等割・所得割の非課税基準は、自治体により異なります。
  所得割の計算は、所得38万円から基礎控除額(33万円)を引いた
  課税所得額5万円に対する3%にて計算しています。
  生命保険料控除・損害保険料控除などで課税所得額は減らせます。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

すいません??

2006-01-08.Sun 18:32
例1(専業主婦):
株取引利益以外に所得がない。配当金受取は0円。
A証券…株式等譲渡所得48万円(源泉徴収済所得税33,600円・住民税14,400円)
B証券…株式等譲渡所得27万円(源泉徴収済所得税18,900円・住民税8,100円)
C証券…株式等譲渡所得 5万円(源泉徴収済所得税3,500円・住民税1,500円)

私なら、B証券とC証券での取引を確定申告します。
誰にも基礎控除38万円(住民税では33万円)があるので、
課税される所得は0円。支払うべき税額も0円です。
所得税22,400円と住民税9,600円の還付を受けます。
A証券での取引は、源泉徴収されたまま、課税関係を終了させます。


こちらは特定口座ありで基礎控除38万円分まで申告して税金を取り戻すことですよね。


(所得がない人=無職)
それならBとCを始めに源泉徴収なしで取引して38万円分利益を確保。(利益少の時効率がいい)
それからA特定口座源泉徴収ありの口座で株取引をすれば自分で確定申告する手間が省けるのではありませんか?




URL|徳山 #-[ 編集]

2006-01-08.Sun 20:11
こんばんは(^^)

>徳山さん<

目の付け所がイイですね(^^)
同じ税額0円なら、還付を受けるより、初めから源泉徴収させない。
この手法は、資金効率が大変良いです。

当サイトでは、配偶者控除や扶養控除を確実に受けていただくため、
申告所得38万円以内に抑えることを最優先に考えています。
そのため、確定申告せずに済ませる方法は、二の次となっています。

株の利益を38万円ぎりぎりに調整するのも、簡単ではないと思います。
思いがけず大幅値上がりする場合がありますからね。

なお、所得38万円ぎりぎりの場合、
住民税や国民健康保険税(保険料)に影響する場合が多いです。

所得税法では、給与所得以外の所得が20万円を超える場合には確定申告が必要です。
また、上記の場合であっても、住民税申告は必要である旨が、地方税法に規定してあります。

そんな訳で、株式等譲渡所得を38万円以内に抑えた場合であっても、
確定申告をなさってください。

当方、町職員であり、ファイナンシャル・プランナーですから、
法律に沿った範囲内で推奨しております。
その点をご了承のうえ、参考にしてください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-08.Sun 21:11
こんばんわ
こやまぞうさん

後保住民税は所得が35万円以下はかかりませんよね。

この株高でやっとスタ-トに戻ったんです。^^
今まで苦しかったなあ。

特定口座の源泉徴収なしにしていないと損失の繰越、他の証券会社との損益清算などができないと思っていました。
毎年少しずつ変わってるのかな。
こんな勉強になるサイトに出会えてうれしいです。
皆さん感謝してると思いますよ。
ありがとうございました。
URL|徳山 #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-01-08.Sun 21:22
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2006-01-08.Sun 21:39
こんばんは(^^)

>徳山さん<

ブログdeチャット状態、楽しいです(^-^)

>住民税は所得が35万円以下はかかりませんよね。

一般的には、徳山さんのおっしゃる通りです(^^)
ただ、自治体によっては、所得が32万円を超えると
均等割4,000円が発生する(私の勤務先が実際そうです)
などの違いがあるので、
お住まいの市区町村役場の課税部署へご確認ください(^^)

>特定口座の源泉徴収なしにしていないと損失の繰越、
>他の証券会社との損益清算などができないと思っていました。

いろいろな思い込みや勘違いを取り除くことも、私の使命です。
こういうブログを、世の中が必要としてくれているのだと、
少しずつ確信を持てるようになりました(^^)

>この株高でやっとスタ-トに戻ったんです。^^
>今まで苦しかったなあ。

その気持ち、痛いほどよく分かります。
私も昨年1年間で、過去10年の累損を一掃。プラスになりました。
で、いざ儲けてみると、節税の大切さが実感として見えてきました。
今年も収穫の多い投資生活を送りたいですね(^^)

これからも気軽に質問してくださいね(^O^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

源泉徴収

2006-01-09.Mon 09:17
 はじめまして。税金に関してはまったくの素人です。是非聞きたいことがありまして、すみませんがよろしくお願いいたします。a証券会社は源泉徴収アリで、160万のマイナスb証券会社は、源泉徴収なしで170万のプラスでした。ちなみに私は働いておりまして、給与所得の源泉徴収表のよると、支払いきんがく3511817で、給与所得控除後の金額は、2275600となり、所得控除の額の合計は887376となっております。確定申告をしなければならないことはわかっており、税務署の方にも、1月後半証券会社からの年間取引書が来てから相談するようにといわれましたが、どういった方法がよろしいか、おしえていただけませんでしょうか。お願いいたします。
URL|りんりん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-01-09.Mon 12:13
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2006-01-09.Mon 22:41
こんばんは(^^)

>りんりんさん<

初めまして(^^)

>a証券会社は源泉徴収アリで、160万のマイナス
>b証券会社は、源泉徴収なしで170万のプラス

昨年1年間での源泉徴収税額は0円で、両方の口座を合算するとプラス10万円。
平成17年分のみで言えば「給与所得以外の所得が20万円以下」を満たしています。

平成15年分より、繰越損失が認められています。
これを受けるためには「給与所得以外の所得が20万円以下」であるなしに関わらず、
確定申告をする必要があります。

ここまでの要点を頭に入れておいたうえで、
 ・勤務先の源泉徴収票
 ・証券会社からの年間報告書
が出揃ったら、税務署へ相談しましょう。

ぜひ、ご参考ください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-09.Mon 23:21
続いてレスします(^^)

> - さん<

コメントありがとうございます(^^)
回答の要点が2つあります。

1つ目
おととしまでの株式売却損が500万円ほどあるようですね。
平成14年までに売却なさった分は、翌年以降に損失を繰り越す制度がありませんでした。
平成15年以降(注)の株式売却損であれば繰越損失が認められます。
取引報告書を手元に揃えて、税務署へ相談なさってみては、いかがでしょうか。

(注)売却が平成14年12月下旬でも、
  受渡日が平成15年1月以降であれば、
  繰越損失とみなしてくれる場合があります。

2つ目
お客様と、ご主人。お二人とも給与所得者かと思います。
給与所得38万円(=給与収入103万円)以上に達した段階で、
基礎控除額(所得税38万円・住民税33万円)は
すでに使い切っています。そのため、
株の所得を基礎控除で差し引くことはできない状況と見込んでいます。
とは言っても、確定申告すれば、いくつかメリットがあります。
 ・平成17年分の株式等譲渡所得(プラス)と
  株式等譲渡損失(マイナス)を合算できる。
 ・繰越損失があれば、過年分の損失と平成17年分の利益を相殺できる。
 ・株式等譲渡所得の1,000円未満を切り捨てられる。
 ・給与所得で定率減税を使い切っていなければ、定率減税分だけ節税となる。

マイナス500万円が繰越損失にできれば、仮に今年大儲けした場合の節税効果は最大50万円にもなります。
まずは過年分から、税務署へ相談でしょうか。

3つ目
お客様だけでなく、ご主人も証券会社へ取引口座を開く件。
ご主人は給与所得者のみであると仮定すると、
「特定口座(源泉徴収なし)」で口座開設して(一般口座でも構いません)、
毎年の確定利益を20万円以下に抑える作戦が有効です。
それ以外では節税効果は薄いです。
もっとも、夫婦で同じ銘柄を保有して、株主優待を2組もらう作戦は
効率が良いかと思います(笑)

税金の話も、そうでない話も、ぜひご参考ください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

なーるほど

2006-01-09.Mon 23:52
 すべてがそーなんだーという感じで、何回も読み返しております。給与所得者は基礎控除は使い切っているんですね。まったくしりませんでした。また、去年の年末に、プラス分と、マイナス分が、相殺できるとわかったので、急いで、塩ずけ株は処分して、プラマイゼロにするようがんばったのですが、他のことはまったくしりませんでした。過去の分のマイナスは、去年おととしと確定申告していなくて、今年やっても大丈夫でしょうか。また、過去の分から相殺されていくのでしょうか。すみません何度も。今まで、株式で益を出したことなかったもので、慌ててしまって。今年は、何とか工夫して、節税できるよう勉強したいです。その前に、株のほうがんばらないと。いろいろとありがとうございました。今日一日掛けて、すべて過去のものまで見させていただきました。またゆっくりと読み返していきます。生命保険も、外交員の言う通りに、新しい保険に変えたばかりでした。保険も見直さないといけないようです。今年は、郵便局の10年満期5年据え置きの養老保険が満期を迎えます。これも来年の確定申告にかかわってくるのでしょうか。こうして考えると、いろいろでてきて、わけがわからなくなってしまいます。税務署の方との電話でのやり取りも、ほとんど何を言っているのかわからない状態で困っていたところでした。大変感謝しております。ありがとうございました。
URL|りんりん #-[ 編集]

株主優待の件

2006-01-10.Tue 00:11
 たびたびすみません。こんなこと周りの誰にも相談できず。以前のことですが、安いときに買っていた株主優待目当ての株があがり、永久に保有しようと決めたのですが、2単位ありまして、1単位は主人に名義書換をして、2組もらおうと考え、証券会社に電話して、書き換えできるか聞いたところいったん売ってから買いなおしだといわれました。過去のコメントにあったと思うのですが、どなたかが、娘さんに譲渡するようなことをみて、わたしの場合どうすればよいのかお聞きしたくまたまた書き込みいたしました。私の件は、時間のあるときにでもよろしいので、お願いいたします。一般人でも、職業にすることを考えないでも、ファイナンシャルプランナーの勉強は、これからの人生のためにしたほうがいいのでしょうか。興味あります。  
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-01-10.Tue 06:57
おはようございます(^^)

>りんりんさん<

理解が進むにつれて、疑問点が出てくるものです。
一つずつ考えていきましょう(^^)


まずは、確定申告に絡んだ話から。

>過去の分のマイナスは、去年おととしと確定申告していなくて、
>今年やっても大丈夫でしょうか。
>また、過去の分から相殺されていくのでしょうか。

平成15年分(平成15年1月から12月まで)・16年分は、
それぞれ株式等譲渡損失があったのですね。
どちらも期限内申告(翌年3月15日までの申告)が基本です。
申告を受けてもらえるか、税務署の判断を待つしかありません。
譲渡損失の申告を受理してくれた場合、このような順番で処理します。
 1.平成17年分の利益から、平成17年分の損失を差し引く。
   =平成17年分の株式等譲渡所得の算出
 2.平成17年分の株式等譲渡所得を、平成15年分の譲渡損失で差し引く。
 3.株式等譲渡所得が残っていれば、
  平成16年分の譲渡損失で差し引く。

>今年は、郵便局の10年満期5年据え置きの養老保険が満期を迎えます。
>これも来年の確定申告にかかわってくるのでしょうか。

いいところに気が付きましたね!
生命保険の満期金は、満期金受取人と契約者が同一人ならば所得税(一時所得)、満期金受取人と契約者が別の人ならば贈与税の対象となります。
所得税の一時所得(めったにない所得と考えてください)には、
毎年50万円の特別控除額があります。
収入と費用の差額が50万円以下であれば、特別控除額のなかで収まっているので、一時所得は0円。確定申告は不要です。
差額が50万円を超えている場合は、確定申告が必要です。
  一時所得=(収入-費用-50万円)÷2
上記式で計算して、総合課税となります。
 ※給与所得以外の所得が20万円以下の場合、確定申告は不要です。
  例えば、一時所得10万円・不動産所得が9万円なら、
  合わせて19万円。確定申告不要です。
  医療費控除等で確定申告する際には、上記の所得も申告が必要です。


続いて、生命保険の話。
死亡保障や入院保障の必要額は、人それぞれ。
収入額・支出額・家族構成・保有資産・持ち家か貸家か・教育費の支出予定・老齢年金や遺族年金の見込み受取額など、
様々な要素を分析して、必要保障額を割り出します。
保険の見直しは、当ブログでは手に負えない領域です。
リンク先のBUNさん・たかぴーさんをはじめとする、
生命保険を扱うFPに相談なさっては、いかがでしょうか(^^)


最後に株主優待の件。
実は私も、株主優待目当ての銘柄をいくつか保有しています。
優待商品券、カレンダー、自社グループ製品、ワインなどが送られてきます(^^)

>いったん売ってから買いなおしだといわれました

証券会社が説明する方法が最も手っ取り早いです。

>2単位ありまして、1単位は主人に名義書換をして、2組もらおう

おそらく、2単位とも「ほふり」(証券保管振替機構)扱いとなっていると思われます。そのうち1単位を
  株券現引き(株券現物で引取)
    ↓
  信託銀行あるいは証券会社経由で名義書換
という手続きを取れば、不可能ではありません。
しかし、購入時の取引報告書がりんりんさん名義であるため、
ご主人名義の株式は特定口座へ入庫することができません。
株式の取得価額を証明することが難しく、
売却時の税務処理が複雑になるおそれがあります。
また、名義書換した時点で「ご主人への贈与」となります。
贈与額が110万円を超えると、贈与税が発生します。
仮に110万円以内であっても、名義変更の事実を税務署に知らせるため、
贈与税申告するほうが無難です。
いろいろ面倒なことが起こりうると承知のうえであれば良いのですが、
あまりお勧めできません。
ご主人の取引口座を開設して、そちらで1単位購入するのが分かりやすいと思います。


ファイナンシャル・プランナーの勉強をすると、
まず最初に、自分のためになります。
金銭的にうまく渡っていくだけでなく、
自分の人生をしっかりと考えるようにもなります。
この資格に興味を持っていただき、大変嬉しく思います(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

感謝

2006-01-10.Tue 07:50
 いろいろとありがとうございました。過去の申告していない分のマイナスについては、去年末税務署に電話で聞いた限りだめですね、の一言でした。行って聞いてみます。
 生命保険の件、ゆっくり今年一年掛けて、いろいろ相談調べながら、考えていきますありがとうございます。
 株主優待の件、いろいろとめんどうそうなので、やめておきます。まずは、主人の口座を開設することにしますね。
 ファイナンシャルプランナーのことですが、最初に取り組んでいくには、本などが良いのでしょうか。取り組むに当たってのアドバイスなどありましら、おしえていただけませんでしょうか。
 養老保険は350万ほどおりるので、来年も確定申告しなければならなくなりそうです。そうした場合、今年の株式は、損がないとして、源泉徴収アリでやっていったほうがよさそうですね。ずいぶん強気ですね。株主優待のワインというのは、新日本建物ですかー。私も年末かいました。これからの値上がりと、優待目的で。これからもよろしくお願いいたします。
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-01-11.Wed 07:13
おはようございます(^^)

>りんりんさん<

税務署へ何をどのように聞いたらよいか、見えてきましたね(^^)
一つ補足があります。

>養老保険は350万ほどおりる

収入は約350万円のようですね。
これまでに養老保険へ支払った額が費用とお考えください。
郵便局から、収入・費用・所得額・源泉徴収額が記載された報告書が、
いずれ届きます。再発行は可能ですが、大切に保管してください。

ファイナンシャル・プランナーの勉強、最初は国家資格の3級を目指しては、いかがでしょう。
テキストや問題集は書店にて買えます。学習の全体像をつかみましょう。
最初は身近に感じられる分野から学ぶと良いと思います。
どうしても縁遠い範囲もありますから。
本格的に学習するなら、資格スクールへ通学して受講するか、
ビデオで通信講座を受けるのが、いいと思います。

これからも、気軽にコメントしてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

無収入?

2006-01-11.Wed 17:52
初めまして
検索サイトから到着して内容を色々読ませていただきました。
確定申告の季節なので一つお伺いしたいのですが、当方一昨年早期退職して現在無職で収入はありません。
源泉徴収有りの特定口座を一つの証券会社で開設して、利益は288万ほどありまし。
(もちろん源泉徴収されています)
確定申告をすると21万程戻ってくるようですが、収入有りになりますよね?
こんな場合、確定申告をせずに無収入のままおいておくことはできるんでしょうか?
国保とか国民年金がずいぶん安くなると思うのですが...(^^;)
URL|ゆーちゃん #mQop/nM.[ 編集]

2006-01-11.Wed 20:38
こんばんは(^^)

>ゆーちゃんさん<

初めまして(^^)
検索サイトから見つけてくださったのですね。
当サイトは記事だけでなく、コメントにも力を入れています。

国保の保険料に気が付いていらっしゃるのですね!
その気付きがあるので、すでに半分は解決したようなものです(^^)
288万の株利益、特定口座(源泉徴収口座)での取引なので、
源泉徴収のみで終わらせることも可能ですし、
確定申告なさることも可能です。
申告すれば、市区町村は所得として扱います。そのため、国保も上がります。
国民年金は所得の多少に関わらず定額です。
株の利益を申告する場合/しない場合を比較検討なさるのが良いと思います。

これは推測ですが、ゆーちゃんさんには、株式配当の収入もあることと思います。
株式配当を確定申告すると、配当控除(税額控除)が受けられます。
こちらも併せて検討する価値ありですよ(^^)

余談ですが、平成16年分の確定申告をなさいましたか?
会社を退職した年に確定申告すべき理由が2点あります。
 ・年末での退職でない限り、年末調整されていないので、
  生命保険料控除などを受けていない。
  また、源泉徴収は多めに引かれていることが多い。
  確定申告すれば還付を受けられるケースが大半である。
 ・退職所得から引かれている所得税は、定率減税が考慮されていない。
  そのため、定率減税の枠を使い切っていなければ、
  確定申告すれば定率減税分の還付を受けられる。
確定申告が不要な方であっても、申告すれば有利なケースは結構あります。

賢く税務申告して、賢く節税したいものですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございます

2006-01-11.Wed 21:52
さっそくご教示いただきありがとうございます。
確定申告する場合としない場合を比較して検討してみます。
申告をする際には微々たるものですが配当も考慮してみます。
ご指摘通り昨年は確定申告して30万ほど取り戻しました。(^^)v
URL|ゆーちゃん #-[ 編集]

2006-01-12.Thu 00:41
こんばんは(^^)

>ゆーちゃんさん<

平成17年分確定申告の際には、配当所得は申告したほうが有利だと思います。
株式等譲渡所得を申告すれば、基礎控除・社会保険料控除等を活用できますので、
その点をお忘れなく(^^)

>昨年は確定申告して30万ほど取り戻しました。(^^)v

素晴らしい!
今後の節税を視野に入れて、株の取引口座(源泉徴収有り)を
新たに開いては、いかがでしょうか。所得控除を活用しやすくなりますよ(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-14.Sat 11:42
こやまぞんこんにちわ(^O^)

たいへんお世話になっております。

>以前無職で源泉徴収のなしの口座で株式等譲渡所得を38万円以内に抑えた場合であっても、
確定申告をなさってください。

とありましたが

1.申告した場合基礎控除が38万あるので所得税はなしですよね。

2.また38万以上の時。
配偶者控除、住宅借入金等特別控除、生命保険控除などは分離課税のためできませんよね?
分離課税で控除できるものがあれば教えて下さい。






URL|徳山 #-[ 編集]

2006-01-14.Sat 12:31
こんにちは(^^)

>徳山さん<

>1.申告した場合基礎控除が38万あるので所得税はなしですよね。

申告所得が38万円以下であれば、所得税は0円。おっしゃる通りです(^^)

>2.また38万以上の時。
配偶者控除、住宅借入金等特別控除、生命保険控除などは分離課税のためできませんよね?
分離課税で控除できるものがあれば教えて下さい。

配偶者控除、生命保険料控除などは、所得控除の種類です。
所得控除の合計額で、まず最初に総合課税の所得金額を差し引きます。
それでもなお所得控除が残っている場合、分離課税を差し引くことができます。

所得税・住民税では、総合課税と分離課税があります。
  総合所得…給与・配当・雑・一時・事業・不動産・利子・総合譲渡
  分離課税…土地建物等譲渡・株式等譲渡・先物取引
  ※退職所得と山林所得は、分離課税とほぼ同じと考えてください。

申告所得が38万円以内ぎりぎりの場合、
住民税は基礎控除額が33万円なので、若干の所得割が発生します。
生命保険料控除や損害保険料控除を活用なさるのがいいと思います。

住宅借入金等特別控除は、所得税の税額控除です。(所得控除ではありません)
総合課税だけでなく、分離課税の所得税も差し引くことができます。
税額控除額を使い切っていなければ、株式等譲渡所得の節税に活用することを
ぜひ検討なさっては、いかがでしょうか。

ぜひ、ご参考にしてください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-14.Sat 13:43
勉強ついでにお願いします。

つまり
無職で源泉徴収のなしの口座で株式等譲渡所得1038万円
配偶者控除38万
生命保険控除5万円
住宅借入金等特別控除30万
ある人の場合。

所得税の計算の仕方は

総合課税0
分離課税(譲渡所得1038-基礎控除38)×7%=70万円
所得控除の合計
配偶者控除38+生命保険控除5万円=43万円
70-43=27万
で最後に27-住宅控除30で収める所得税は0ということでよろしいですか。



URL|徳山 #-[ 編集]

2006-01-14.Sat 14:57
こんにちは(^^)
私の住む町では、強い雨が降っています。
出掛けるような天気ではありません(^^;

>徳山さん<

ケーススタディですね(^^)

>無職で源泉徴収のなしの口座で株式等譲渡所得1038万円
>配偶者控除38万
>生命保険控除5万円
>住宅借入金等特別控除30万
>ある人の場合。

上記のほかに、社会保険料控除が50万円あるとしましょう。
もちろん、基礎控除が38万円あります。
配当所得は無いものとします。

所得税の計算は、
総合課税の所得0円
株式等譲渡所得1038万円
所得控除額131万円(=社会保険料控除50万+生命保険料控除5万+配偶者控除38万+基礎控除38万)
課税される株式等譲渡所得907万円(=1038万-131万)
課税所得に対する所得税額634,900円(=907万×7%)。
住宅借入金等特別控除が30万円あるので、これを差し引いて334,900円。
定率減税が2割あるので、66,980円。
納める所得税は、100円未満を切り捨てるので、267,900円です。

ちなみに平成18年度の住民税は、均等割4,000円、所得割255,500円、合計259,500円となります。
計算は以下の通りです。

総合課税の所得0円
株式等譲渡所得1038万円
所得控除額119.5万円(=社会保険料控除50万+生命保険料控除3.5万+配偶者控除33万+基礎控除33万)
課税される株式等譲渡所得918.5万円(=1038万-119.5万)
課税所得に対する市町村民税額183,700円(=918.5万×2%)。
課税所得に対する都道府県民税額91,850円(=918.5万×1%)。
住宅借入金等特別控除は所得税の税額控除。住民税には全く影響しません。
定率減税が7.5%ありますが、上限は2万円なので、20,000円。(市区町村民税へ13,300円、都道府県民税へ6,700円)
定率減税控除後の市町村民税額170,400円(=183,700-13,300)。
定率減税控除後の市町村民税額85,150円(=91、850-6,700)。
それぞれ100円未満を切り捨てて、均等割4,000円を足すと、
年税額は259,500円となります。

つまり、所得税と住民税を合わせて527,400円。
もし仮に、株の儲け1038万円を源泉徴収ありで取引していて、
確定申告しなければ、源泉徴収税額は1、038、000円。
何と510,600円も差が出るのです!
(源泉徴収で済ませれば国民健康保険
には影響しません)
賢く節税したいものですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-14.Sat 16:14

今日は本当に良く雨がふりますね。

税金の計算してると頭がいたくなりそうです。(^O^)

株式等譲渡所得も申告すれば配偶者控除、生命保険控除、住宅借入金等特別控除などできるわけですね。

>つまり、所得税と住民税を合わせて527,400円。

これに健保税を入れると。
私は所得割が6%
課税限度額53万円をこえるので
5247300+530000=1057400円
源泉徴収なら1038000円微妙ですね。

後思ったんですけど源泉徴収の1038000円にしておいて申告で取り返せるものは?

住宅借入金等特別控除ぐらいですかね。
ただしおまけつきの健保の50万が痛いですね。。(^O^)
URL|徳山 #-[ 編集]

専業主婦の株式譲渡益

2006-01-14.Sat 21:39
はじめまして。専業主婦です。
専業主婦と株式譲渡益を読んで勉強させていただきました。そして悩みました。
もちろん特定口座源泉徴収ありに変更する手続きを取りました。
質問があります。
A証券は特定口座源泉徴収ありにして、確定申告をする手間もなく配偶者控除等何ら影響せず。
B証券は一般口座で年間の利益を20万以下に収めた場合、そのまま放置していいのでしょうか?
2万円の節税の為のB証券の存在…要はその為だけなのですが、2万円を大切にしたい、本音です。

実は先日税務署に問い合わせをしました。
a証券は特定口座源泉徴収あり、
b証券は特定口座源泉徴収ありで38万の利益の場合、
確定申告すればb証券で源泉徴収された分は還付されますか?と。
答えは、a証券、b証券の利益を合算して38万以上であれば還付されませんと。
???
私の聞き方が悪かったのかも知れません。
色々悩んだ結果、還付を受ける、住民税の均等割りが発生する等手間取るならいっそ一般口座で20万以下の益に収めておけばいいのではと思ったのです。
とにかく、配偶者控除、扶養控除に影響するのが恐いです。都合がいいようですが…。よろしくお願いします。
URL|シャープ #-[ 編集]

2006-01-14.Sat 22:37
こんばんは(^^)

>徳山さん<

だいぶ理解が進んできましたね(^^)

>株式等譲渡所得も申告すれば配偶者控除、生命保険控除、住宅借入金等特別控除などできるわけですね。

そうなんです。
総合課税で所得控除や税額控除(配当控除・住宅借入金等特別控除)を
受けられるんです(^^)

>源泉徴収の1038000円にしておいて申告で取り返せるものは?

ケーススタディで取り上げた「源泉徴収なし」も、
後から例え話に出した「源泉徴収あり」の取引も、
確定申告すれば同じ1038万円の所得。
納めるべき税額は変わりません。

国民健康保険税については、お住まいの市区町村役場へ
問い合わせることを勧めます。
会社員の健康保険なら、給与所得以外は保険料算定に影響しないんですけどね(^^;
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-14.Sat 23:37
こんばんは(^^)

>シャープさん<

初めまして。
目の付け所がSHARPですね(^O^)

>A証券は特定口座源泉徴収ありにして、
>確定申告をする手間もなく配偶者控除等何ら影響せず。
>B証券は一般口座で年間の利益を20万以下に収めた場合、
>そのまま放置していいのでしょうか?
>2万円の節税の為のB証券の存在…要はその為だけなのですが、
>2万円を大切にしたい、本音です。

素晴らしい節税意識です!(^^)
シャープさんの考えは、まさに節税。
B証券の株式等譲渡所得を毎年20万円以下に抑えれば、
特定口座(源泉徴収あり)のA証券でどんなに儲けても、
確定申告不要に持ち込むことができます。
B証券の株式等譲渡所得が20万円を超えても、A証券で損失が出て、
合算すれば所得20万円以下ならば、こちらも確定申告不要です。

確定申告の手間を惜しまなければ、
ハードルを20万円より上、住民税非課税限度額に設定してもよいと思います。
住民税非課税限度額は、お住まいの市区町村役場に問い合わせれば教えてもらえます。

>とにかく、配偶者控除、扶養控除に影響するのが恐いです。

その気持ち、よく分かります。
下記の2点に注意すれば、所得38万円を超すことは、まずありません。
 ・生命保険等の満期金(一時所得)、原稿料収入(雑所得)
  があったら、その所得金額を忘れずに計算すること。
 ・黒字のA証券を申告して、黒字のB証券を申告漏れにするミスを犯さないこと。

今の時期、税務署は来庁者が多く、電話もたくさん掛かってきます。
そのため、質問の意図が伝わらないと、的を得ていない回答が返ってくることがあります。
具体的な数字に置き換えて質問したり、
相談を4月以降に持ちかけるなどの作戦を考えてはいかがでしょうか(^^)

これからも気軽に質問して、投資戦略にお役立てくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-15.Sun 09:01
おはようございます。
こやまぞんさん。(^O^)

>総合課税で所得控除や税額控除(配当控除・住宅借入金等特別控除)を
受けられるんです。

申告分離課税・・他の所得と合計ぜずその所得だけで税額を計算し確定申告によって税金をおさめるもの。

総合課税・・所得同士を合計して税額を計算するもの。所得の合計から控除額を引き税率を掛けて計算。


1.私の思い込みで申告分離課税(株式等譲渡所得)は総合課税のように所得控除や税額控除できないと思っていました。(一律38万円の基礎控除はどんな所得でも引けると思ってた。)

2.ということは無職の人間が総合課税であるカバ-ドワラントや外国為替証拠金取引と申告分離課税である株や先物オプションをやって所得が出た時。
総合課税(カバ、外国)所得控除や税額控除引いて計算。
申告分離課税(株、先物オ)所得控除や税額控除引いて計算。
別々に計算して申告すれば良いと言う事でしょうか?

URL|徳山 #-[ 編集]

2006-01-15.Sun 23:28
こんばんは(^^)

>徳山さん<

カバードワラントや外国為替証拠金取引を扱うのですか。
なかなかのリスクテイカーですね(^^)

>申告分離課税(株式等譲渡所得)は総合課税のように所得控除や税額控除できないと思っていました。(一律38万円の基礎控除はどんな所得でも引けると思ってた。)

基礎控除に限らず、所得控除はどんな所得でも引けます。
ただし、総合所得を差し引くのが一番最初です。その後、分離課税の所得を引きます。
基礎控除の38万円枠は、1人一つずつしかありません。
…誰にも一つずつ認められているからこそ、基礎控除なのです(^^)

>総合課税(カバ、外国)所得控除や税額控除引いて計算。
>申告分離課税(株、先物オ)所得控除や税額控除引いて計算。
>別々に計算して申告すれば良いと言う事でしょうか?

総合課税と申告分離課税。全部まとめて確定申告します。
手順は下記の通りです。
 1.総合課税(カバ、外国)から所得控除を引いて、税額を計算。
 2.申告分離課税(株、先物オ)から税額を計算。
   1の段階で所得控除が残っていれば、分離課税の所得を引いてから税額を計算する。
 3.1と2の税額を合計。
 4.3から税額控除分を引く。
 5.4から定率減税2割を引く。
 6.5と源泉徴収税額との差額を計算し、納税額や還付額を算出する。
…この流れは、実際に申告書を書いてみると、
少しずつ飲み込めるようになると思います(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

一つの証券会社で

2006-01-16.Mon 02:04
はじめまして。当方、無職の男性です。ひとつ質問させてください。
昨年、A証券で特定口座(源泉徴収あり)を開いて取引を開始したのですが、最初の数取引を、なんと知識不足により一般口座で売買してしまったのです。
一般口座だけでの利益は20万を超えませんが、特定口座の利益は20万を超えています。
この場合、一般口座の利益について、確定申告が必要なのでしょうか?
こんな初歩的なミスをするレベルですので、どうしたらよいか途方に暮れています。
どうぞよろしくお願いいたします。
URL|アッキー #J7Ti0pLo[ 編集]

2006-01-16.Mon 07:27
おはようございます(^^)

>アッキーさん<

初めまして(^^)
アッキーさんの状況が、
  ・被扶養者でない。
  ・株利益のほかには、配当収入しかない。
という前提で回答いたします。

>一般口座だけでの利益は20万を超えません

昨年中に売却が完了していれば、
給与所得と退職所得以外の申告すべき所得が20万円以下で、
確定申告不要に持ち込むことが可能です。

>特定口座の利益は20万を超えています。

特定口座(源泉徴収あり)の20万円超の利益を申告すると、一般口座の取引も申告が必要になります。
株利益の総額が38万円を超えるか読み取れませんが、
アッキーさんが被扶養者でなければ、所得が38万円を超えても、
ご家族の税金や扶養手当などの心配が要りません。

結論としては、アッキーさんの場合、
 ・特定口座を源泉徴収のみで済ませれば、一般口座の利益について確定申告は不要です。
 ・一般口座と特定口座の両方を確定申告するほうが、還付を受けられる分、有利と思われます。
どちらを選択するか、アッキーさん自身でご判断ください。

確定申告不要の選択をなさると、結果的に、一般口座分で節税したことになります。
途方に暮れる必要はないですよ(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

住民税非課税限度額

2006-01-16.Mon 14:46
先日はありがとうございました。
早速、市役所に住民税の非課税限度額を聞いたところ、93万円までは非課税とのことでした。思っていたよりも高く驚きました。(聞き方が悪かったのか不安です)

結局「専業主婦と株式売買益シリーズ」にあったように、複数の証券会社で特定口座源泉徴収ありで取引し、38万以下の利益で終わった口座について確定申告して還付を受けるのが良いと納得しました。色々とありがとうございました。

特定口座開設、株式の移管に3週間ほどかかりそうです。休むのも相場?長い3週間になりそうです。
URL|シャープ #-[ 編集]

2006-01-16.Mon 21:52
こんばんは(^^)

>シャープさん<

特定口座開設と株式移管で、今から節税に備えるのですね。
よい心がけですよ(^^)
移管が終わるまで、しばらくの我慢です。

>特定口座源泉徴収ありで取引し、38万以下の利益で終わった口座について
>確定申告して還付を受けるのが良いと納得しました。

この作戦が、一番節税しやすく、所得38万円超えを防げるのです。
ご納得いただき、ありがとうございます(^^)

>早速、市役所に住民税の非課税限度額を聞いたところ、
>93万円までは非課税とのことでした。

うーん、その93万円は、給与所得しかない場合の給与収入額ではないかと察します。
おそらく、その93万円から、給与所得控除65万円を差し引いた、28万円が非課税限度の所得額です。
こちらは勘違いがあっては大変なことになりますから、
「住民税の均等割と所得割、それぞれ非課税限度の所得額を教えてください」
と聞いてみましょう。
専業主婦だけれども株の所得があると切り出せば、誤解のない回答を引き出せると思います。

日が進むにつれて、課税部署は忙しくなります。
早めに確認して、早めに解決しましょう(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-17.Tue 00:04
丁寧に教えていただき本当にありがとうございます。

できるだけ確定申告の手続きを回避したかったので、特定口座を源泉徴収のみで済ませることにしたいとおもいます。

ところで、昨年中に一般口座で購入した株式の一部を、現在も所持しています。この株式は本年中にすべて売りきる予定です。その利益も20万は超えないはずです。この扱いについても、来年、特定を源泉のみで済ませるのであれば、確定申告は不要ということでよろしいでしょうか?なお、当方今年4月から就職予定です。
たびたび初歩的な質問ばかりで本当に申し訳ないですが、どうぞよろしくお願いします。
URL|アッキー #J7Ti0pLo[ 編集]

2006-01-17.Tue 00:25
こんばんは(^^)

>アッキーさん<

税務処理プランが順調に進んでいるようですね(^^)
さらに、4月から就職予定とのこと。おめでとうございます!

>昨年中に一般口座で購入した株式の一部を、現在も所持しています。
>この株式は本年中にすべて売りきる予定です。その利益も20万は超えないはずです。
>この扱いについても、来年、特定を源泉のみで済ませるのであれば、
>確定申告は不要ということでよろしいでしょうか?

上記の想定どおりであれば、
アッキーさんがお考えの通り、確定申告は不要です。
なお、給与所得以外の所得が20万円以下であっても、地方税法上、住民税の申告は必要です。
課税事務に携わる立場上、住民税申告にも触れないといけないもので(^^;

はじめは誰でも税務申告に慣れていませんから、不安になるものです。
その方面に詳しくて、しかも聞きやすい人から教わるのは、大変有効な方法です。
これからも気軽に質問してください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

住民税非課税限度額

2006-01-17.Tue 12:02
いつもありがとうございます。
早速、市役所に再度確認しました。
専業主婦で株式譲渡益がある旨伝え、教えて頂いたセリフ、
「住民税の均等割と所得割、それぞれ非課税限度の所得額を教えてください」と。
結果、具体的な数字は教えてもらえず確定申告の時期に相談窓口に来て下さいと。

ちなみに昨年は一般口座で59万円の利益でした。譲渡損の繰越をしたのでそれを相殺して59万円の利益でした。
そう伝えても答えてもらえませんでした。私も税金はほとんどわからないので、ちょっとわからない言葉が出てくると???
私も不出来ですが、市役所の担当者もまずこちらの趣旨を伝えた所で「調べて折り返し電話します」と。「そうなの?」って感じです。

ちょっと本を探して、税金の勉強をしてみます。初心者が読むのはどのあたりが良いのでしょうか?税金の本だと株式譲渡益はあまり触れてなかったり、株と税金の本だと配偶者控除等に触れてなかったり、確定申告の本だと具体的すぎて基本を知らない私には疑問が多く…。一冊で済ませようとする私のわがままですか…やはり。
「最低○冊は読まなきゃ」とでもいいのでお薦め系があれば教えてください。
URL|シャープ #-[ 編集]

ありがとうございました

2006-01-18.Wed 01:12
今回は私の質問に、詳しく答えていただき、本当にありがとうございます。不安がいっきに消え去りました。さらにお祝いのお言葉まで頂戴できるなんて!本当に感激しております。

相談にのってもらう知り合いがいない私にとって、こやまぞんさんのような知識が豊富で親切な方の存在は本当にありがたいものでした。
もちろん、疑問は自分で調べて解決するのが原則だと思います。しかし、自分なりに調べてもどうしてもわからなかった疑問についてはこれからも質問させてくださいね。
どうぞよろしくお願いします!

URL|アッキー #J7Ti0pLo[ 編集]

国民健康保険料

2006-01-19.Thu 00:39
はじめまして。こんばんは。
株式譲渡益の健康保険料への影響について教えてください。
一般口座の場合は支払調書が税務署へ行くので、年間の損益通算でマイナスであっても健康保険料が増額してしまう影響があると認識しておりますが、正しいでしょうか?
また、源泉なしの場合は、支払調書ではなく、年間取引報告書がいくので、年間の損益通算でマイナスであれば、健康保険料への影響がないと考えて構わないのでしょうか?
URL|... #-[ 編集]

2006-01-19.Thu 05:10
おはようございます(^^)

>シャープさん<

住民税の非課税限度額は、継続してお調べになるのが、良いと思います。
電話作戦のほかに、市ホームページで調べたり、
市県民税の申告書をもらってくる(ついでに口頭質問する)といった方法があります。

>昨年は一般口座で59万円の利益でした。
>譲渡損の繰越をしたのでそれを相殺して59万円の利益でした。

正確な金額を飲み込めていない私です(^^;
平成17年分の確定利益が59万円、平成15・16年分の繰越損失が59万円あると、
平成17年分の課税所得は0円になります。
ただし、配偶者控除や扶養控除の判定は、繰越損失を差し引く前の金額(59万円)で行います。
この場合、シャープさんのご主人は、配偶者控除が受けられなくなります。
なお、ご主人の所得金額が1,000万円以下であれば、配偶者特別控除を21万円受けられます。

>ちょっと本を探して、税金の勉強をしてみます。
>初心者が読むのはどのあたりが良いのでしょうか?

まず最初に、下記のものを税務署や市役所で手に入れましょう。
 ・平成17年分 所得税の確定申告の手引き ~確定申告書A~
 ・平成17年分 所得税の確定申告の手引き ~確定申告書B~
 ・平成17年分 株式等の譲渡所得等の申告のしかた(記載例)
 ・確定申告書A
 ・確定申告書B
 ・確定申告書(分離課税用)
 ・株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書、平成 年分の所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の繰越用)
…要するに、実際に申告で使用しそうな様式(申告書)や手引きを無料で入手しましょう、ということです(^^)
「手引き」や「申告のしかた」には、いろいろな事例が載っているので、大変参考になります。
これらの資料で足りない点があれば、書店で探してみては、いかがでしょうか。
というわけで、お薦め系は無料なのです(^-^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-19.Thu 05:24
続いてレスします(^^)

>アッキーさん<

お役に立てたようで、光栄に思います(^^)
実は私には転職歴があるんです。なので、無職のしんどさ、仕事できることのありがたさを痛感しています。
(詳しくはリンクに張ってある「公務員によるFPサイト」を参照ください)

こういうお金の話、相談できる人は身近にいないものです。
気軽に相談できるブログも、なかなか見つけられないですね。
でも、そういう場所は必要だと思うので、自分で作ったんです(笑)
無料とは言っても、いい加減には回答できません。私も詳しく調べて答えるので、勉強になるんです(^^)

税金をはじめとして、お金全般について学ぶきっかけになって、大変嬉しく思います。
これからも気軽に質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-19.Thu 05:39
>ぐっちさん<

はじめまして(^^)
国民健康保険と株式譲渡益の関係ですね。

国民健康保険料は、所得金額あるいは住民税額から(所得割額を)算出します。
年間の損益通算がマイナスであれば、所得金額も年税額も変わりませんので、
保険料も増減しないものと思われます。
詳しくは、ぐっちさんがお住まいの市区町村役場へお問い合わせください。

源泉徴収しない口座での取引は、税務署へ報告されます。
大きな黒字があるにも関わらず申告漏れとなっている場合には、修正申告が求められる可能性があります。
取引が損失である場合は、譲渡損失を申し込んでいないだけなので、あまり気に留められないものと思われます。
どちらにしても、申告が必要な場合は、金額の多少に関わらず、正しく申告しましょう。

ぐっちさんがお知りになりたい回答になっていれば良いのですが…。
これからも気軽に質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございました^^

2006-01-19.Thu 19:33
ご回答頂きありがとうございます。
実は私、証券会社勤務の者です。しかし、税金関係はとても苦手意識があり苦労しています。こちらのブログでは、どういう疑問が寄せられるのかというのも勉強になりますし、解説も勉強になります。ありがとうございます。
URL|ぐっち #-[ 編集]

2006-01-19.Thu 22:28
こんばんは(^^)

>ぐっちさん<

どういたしまして(^^)
ぐっちさんは証券会社へお勤めですか。
証券業界は、そこで仕事するより、投資家として参加するほうが楽しいだろうな…と思って、
私は別の仕事に就いています(^^;
ありがたいことに、多くの方からコメントをいただいております。
いろいろな読み方があるのですね。勉強になります(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

源泉徴収ありとなし

2006-01-26.Thu 19:17
はじめまして

特定口座の源泉徴収ありとなしの解説ありがとうございました。勝手な思い込みでいままで源泉徴収ありの口座から源泉徴収なしの口座へ変更手続きをしたところでした。今年に入ってまだ取引をしていないので大急ぎで源泉徴収あり口座へ変更しようと思っています。
昨年退職し、それから株を始め100万弱の譲渡益が出ました(源泉徴収あり)昨年は扶養に入らずに国民年金を払い、保険は任意継続をしていたのですが、今年は扶養に入るため、株取引で得る予定?の所得はどうすればいいのかと悩んでいたところなのです。(取らぬ狸のなんとかですね)
URL|にじゅうまる #-[ 編集]

2006-01-27.Fri 01:14
こんばんは(^^)

>にじゅうまるさん<

はじめまして(^^)

今年は健康保険の扶養に入るのですね。
継続して年収130万円以上が見込まれると、健康保険の扶養になれません。
にじゅうまるさんの場合、昨年に退職なさっていますし、
株利益は継続的なものとみなさないことが多いようです。
そのあたりの判断については、健康保険組合に確認いただくということで、
よろしいでしょうか。

ところで、昨年は退職のため、年末調整なさっていないのではないでしょうか。
多くの場合、確定申告すると所得税が戻ってきます。
所得金額が38万円を超えていると扶養控除や配偶者控除の対象から外れますし、
同じく76万円以上で配偶者特別控除が0円になります。
給与所得が76万円以上ならば、株の譲渡益も申告するほうが、
定率減税分の還付となり有利とお見受けします。

表題に戻りますが、扶養を維持し続けることを視野に入れるのであれば、
源泉徴収ありに戻すことを勧めます。

お互い、実りある投資生活を送りたいですね。
これからも気軽に質問してください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

特定口座(源泉徴収あり)で支払った税金を定率減税枠を使って還付金を受取れますか?

2006-01-27.Fri 19:01
会社員で
給与所得500万円 
源泉徴収のありの口座で株式等譲渡所得500万円
基礎控除38万
生命保険控除5万円
社会保険料控除が50万円
配当所得は無い人の場合。

定率減税枠を使用して還付金を受取ることはできるのでしょうか?
URL|ひーろ #nLnvUwLc[ 編集]

2006-01-28.Sat 12:00
こんにちは(^^)

>ひーろさん<

はじめまして(^^)
定率減税による節税に気が付いていらっしゃるのですね。

ひーろさんが挙げている例で言うと、
株式等譲渡所得500万円に対して、所得税35万円・住民税15万円が源泉徴収されています。
これを確定申告すると、35万円の2割である7万円が
定率減税により還付となります。
平成18年度住民税に関しては、定率減税7.5%(最大2万円)を
給与所得で使い切っていますので、株所得まで波及してきません。

賢く確定申告して、減税効果を受けましょう(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

特定口座(源泉徴収あり)で損益が別々の口座で出た場合

2006-01-31.Tue 10:56
はじめまして。
全てのログを拝見しましたが、頭が悪いので理解できませんでした。
同じ質問があるかと存じますが
私の例でご質問させていただきますのでご回答いただけますでしょうか。

現在、2つの証券会社で特別口座(源泉徴収あり)を持っています。
過去2年間の取引が以下のようになっています。
一昨年 -150,000円(A証券)
昨年  +366,517円 源泉徴収税額36,651円(A証券)
    -85,395円(B証券)

以上のような結果になりました。
既に源泉徴収税額36,651円を徴収されているのですが、
過去3年にさかのぼり、損した分は計上できると聞きました。
損がでているので還付申告はできるのでしょうか。

その場合、どの申告用紙に記載すればいいのでしょうか。
お手数お掛けしますが、ご返答お待ちしております。
URL|まる #fHcZrofs[ 編集]

2006-01-31.Tue 20:41
こんばんわ
こやまぞんさん。(^O^)

証券会社から17年分の特定口座年間取引報告書が届きました。

16年度の繰り越した損益が100万円あります。

17年度源泉徴収なしの口座で合計115万の利益がありました。
20万以下なので申告はしなくてもよろしいですよね。

株式等に係わる譲渡所得の計算明細書
で必要経費という欄がありますが空白の欄⑥に投資の有料会員の代金、本、パソコン、通信費などは法人にしなければ経費として落とせないものでしょうか。
URL|徳山 #-[ 編集]

2006-01-31.Tue 22:30
こんばんは(^^)

>まるさん<

はじめまして(^^)

まず、一昨年の株式等譲渡損失150,000円。
税務署へ相談してみましょう。

昨年の株式等譲渡所得は、A証券とB証券を合算して、281,122円となります。
一昨年の損失が繰り越しとして認められた場合、課税対象額を150,000円減額できるので、
課税対象は131,122円。千円未満を切り捨てて、131,000円が実際の課税所得となります。
所得税が7%で、9,170円。住民税は3%で、3,930円です。
定率減税の枠が残っていれば、所得税は2割減で7,336円、住民税は7,5%減で約3,600円です。

株式譲渡がある場合、使用するのは
・確定申告書B
・確定申告書(分離課税用)
・株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書
・平成  年分の所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の繰越用)
なお、一の特定口座以外に株式等の譲渡がない場合は、
「特定口座年間取引報告書」の添付をもって
「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」の添付に代えることができます。

ここまでのことを意識して、国税庁のページを開いてみては、いかがでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-31.Tue 22:51
こんばんは(^^)

>徳山さん<

証券会社から17年分の特定口座年間取引報告書が届いてきましたね。
還付申告は2月15日以前でも提出できるので、早めに作成したいところです。

>16年度の繰り越した損益が100万円あります。
>17年度源泉徴収なしの口座で合計115万の利益がありました。

前年の繰越損失があっても、平成17年分の株式等譲渡所得は115万円です。
平成16年分の繰越損失が100万円あるとのことなので、
115万円から100万円を差し引いて、課税対象の株式等譲渡所得は15万円となります。
繰越損失を受けるには確定申告が必要です。

株式等譲渡に係る必要経費に、借入金の利子が明記されています。
しかし、投資の有料会員の代金、本、パソコン、通信費などは明記されておらず、
個人売買で必要経費とみなしてもらうのは難しいと思います。
税務署に相談いただくということで、よろしいでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

妻名義の住宅ローン

2006-02-02.Thu 10:44
こんにちは。こやまぞんさん
源泉徴収あり、なし口座の件で書き込みさせていただいたにじゅうまるです。疑問と不安で頭がパンパンになっていたのでお返事をいただいて大げさでなく涙が出そうになりました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。今年は確定申告です。領収書を集めなければ。また別件なのですが、結婚前にマンションを購入し、妻名義になったままですが、このローンの支払いに関して贈与税がかかる場合があるので夫婦間で賃貸契約書を作成しておいた方がいい。といったことを聞いたことがあります。これは作成しておくべきなのでしょうか?ゆくゆくは引越しも考えているので賃貸にするか売却するかも考えなければと思っています。狭いので住宅ローン減税は受けていません。扶養に入るのは今年一年くらいかなあと思っています。
URL|にじゅうまる #-[ 編集]

2006-02-03.Fri 01:25
こんばんは(^^)

>にじゅうまるさん<

疑問の解決とともに、不安も解消できたようで、何よりです(^^)

妻名義でマンションをご所有なのですね。
引越先のマンションを買う場合の出費計画も視野に入れて、
夫婦間の金銭や権利の流れは明確にするべきだと思います。

現状は妻のみに給与収入があるので、住宅ローンを妻が返済するのは自然なことです。

一番こわいのは、妻名義のマンションを売って、その売却代金で別のマンションを購入しながら、夫名義にした場合です。
マンションの売却代金を妻が夫に贈与したとみなされ、多額の贈与税が発生するかも知れません。

そういう事態を回避するため、2つの作戦を考えました。

作戦1:
 ・住宅ローンは、とことん妻が返済する。
 ・その間、夫(にじゅうまるさん)は蓄財する。
 ・マンションを買い換えたら、出費割合に応じて持分所有する。

作戦2:
 ・住宅ローン返済資金の一部を夫が妻に貸す。
 ・貸借契約書を作成し、夫から妻への資金は「貸金」であることを明確にする。
 ・貸金の金利は0%にして、市場金利との開きの部分を贈与とする。
  贈与金額の基礎控除額である年110万円までに抑えれば無税。
 ・マンション売却の際、売却代金で妻から夫へ「返済」する。

…注意点を2つ。
1つは、夫婦間の不動産貸借にしないこと。
不動産所得が発生してしまうと、税務処理が大変複雑になるためです。
もう1つは、贈与に関する書面は、毎年作成すること。
例えば「今後10年、毎年100万円を贈与する」という贈与は、
10年分の権利が一時期に発生しているため、定期金に関する権利と扱われます。
贈与税の基礎控除が最初の年しか使えず、多額の贈与税が発生します。
※10年の定期金は、評価率が50%。
 100万円×10年×50%=500万円
 となり、基礎控除110万円を差し引いた390万円に対して贈与税53万円がかかります。

贈与税がかからないようにするには、ほんのちょっと頭と労力を使う必要があるのです(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-02-05.Sun 00:43
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

住民税は?

2006-02-08.Wed 08:20
質問が他の人とダブルかもしれませんが教えて下さい。妻は専業主婦で株取引で28万円の利益が出ました。源泉徴収ありの口座なのですが、確定申告をすれば税金が還付されると聞きました。この場合、所得税は国から戻ると思いますが、住民税はどこから戻るのでしょうか。よろしくお願いします。
URL|カネゴン #-[ 編集]

2006-02-08.Wed 21:45
こんばんは(^^)

>カネゴンさん<

はじめまして(^^)

カネゴンさんのパートナーは、なかなかいい具合に利益を出しましたね。
自治体にもよりますが、28万円なら住民税の非課税限度額内で、
平成18年度の住民税は0円だとお見受けします。

株式等譲渡所得と配当所得の7%部分は国から、
3%部分は今年の1月1日時点でお住まい市区町村から還付されます。

ちなみに3%部分には「道府県民税譲渡所得割」とあります。
これは、証券会社が住民税3%部分を投資家から特別徴収(売却代金から天引き)した後に
道府県へ納税しているためです。
1%部分は道府県の取り分です。
2%部分は交付金として市町村へ支払われます。

還付される住民税3%部分は、何箇所も通って投資家の元へ届きます。
お金に色はないと言いますが、お金が旅をする経路を思い描くことも、
たまには面白いかもしれませんね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-02-09.Thu 11:17
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

還付申告の書き方は?

2006-02-10.Fri 20:01
たびたびすみません。確定申告書の書き方をお聞きしたいのですが、妻が株取引(源泉徴収あり)で28万円の利益が出て源泉徴収税額の19600円を記入する欄はあるのですが、住民税分の8400円を書く欄はありません(国税の還付申告なので当たり前だとは思いますが)。この場合、住民税の還付は自動的に行われるのでしょうか?教えてください。
URL|カネゴン #-[ 編集]

住民税の区分

2006-02-10.Fri 22:58
はじめまして こんばんは。
特定口座(源泉徴収有り)の昨年分の所得税を確定申告で還付を受けようと思っています。
住民税は総合分所得として申告されるのか分離分所得として申告されるのか教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
URL|しょう #-[ 編集]

国保税への影響

2006-02-12.Sun 00:48
初めまして。まさに探していた内容です。

青色申告の自営業者ですが、昨年、8年位前に取得した上場株式を一旦売却・買戻しをしたところ、過去の取得価額との差が大きく思わぬ利益が出ました。ただ、懐に入ってないのが辛いです(^^ゞ

ちなみに、
総合課税の所得金額147万(青申65万控除後)
所得控除の額185万、源泉(10%の天引)額30万
なので、このまま株式譲渡は申告不要とすれば所得税は0、天引きされた30万が全額還付されるはずです。

もし、株式譲渡益127万、源泉額9万(源泉ありの特定口座を昨年開設)を第3表で申告した場合、住民税や国保税が増えるのかどうか、イマイチ不安です。(申告書は2通り作成してますが)

第3表申告の場合、上記の所得147万-所得控除185万の未達分38万を株式譲渡益127万から控除できますよね。
そうすると最終的な課税所得は89万、所得税は6万強(定率減税後5万弱)となり、総合課税の時より4万ほど還付額が増えるのではと思います。

ただ、地方税における所得とは、第3表の所得金額(127万)か、課税所得(89万)の何れなのでしょうか。
仮に課税所得の額だとしても、住民税や国保税の増加分を考えると、やはり株式の方は申告不要とした方がいいのでしょうか。かなり微妙な感じがするのですが・・・

説明がつたなくて申し訳ありませんが、ご意見いただけると幸いです。
URL|SEくずれ #SJMMuUIM[ 編集]

2006-02-12.Sun 12:11
こんにちは(^^)

>カネゴンさん<

回答お待たせいたしました。
カネゴンさんの奥さん、昨年中に28万円の株利益があったのですね(^^)

株式等譲渡所得の申告は「申告書B」「分離課税用」の申告用紙と、
「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」を使用します。
住民税3%の天引き金額(8,400円)は、申告書B第二表の右下、
「○住民税・事業税に関する事項」内にある
「住民税 株式等譲渡所得割額控除額」欄に記載します。

住民税分の8,400円は、今年1月1日時点でお住まいの市町村から還付となります。
6月以降に、還付の通知と振込口座照会・確認の文書が届くと思います。
申告書B第一表は3枚複写ですが、還付の口座番号を書く欄は複写になりません。
より確実かつ速やかに還付を受けるため、2枚目にも還付の際に使用する
金融機関の口座番号を記入いただけると大変助かります(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-02-12.Sun 12:19
こんにちは(^^)

>しょうさん<

はじめまして(^^)

>特定口座(源泉徴収有り)の昨年分の所得税を
>確定申告で還付を受けようと思っています。

還付を受けるため税務申告なさるとのこと、素晴らしいお考えです(^^)
株の所得を申告すると、加入する健康保険が国民健康保険の場合、保険料が上がります。
いろいろ考えることがあるんです(^^;

株式等譲渡所得は、所得税7%・住民税3%ということで、
住民税も分離課税です。
申告することで、定率減税が所得税で20%(最大25万円)、
住民税で7.5%(最大2万円)の減税効果が期待できます。

ご不明な点がありましたら、質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございました

2006-02-12.Sun 14:01
こんにちは お答えありがとうございました。
健康保険は収入に関係なく8000円なので早速申告しようと思います。
これからもいろいろこちらで知識を得たいと思っていますのでブログに期待しています。
またよろしくお願いします
URL|しょう #-[ 編集]

2006-02-12.Sun 16:33
こんにちは(^^)

>SEくずれさん<

はじめまして(^^)
一部の業界では常識となっていることでも、
世間一般には広まっていないことが多々ありますね。
情報を一部に留めず、多くの方の目に触れてもらうことも、
当ブログを運営している理由の一つです(^^)

>第3表申告の場合、上記の所得147万-所得控除185万の未達分38万を
>株式譲渡益127万から控除できますよね。
>そうすると最終的な課税所得は89万、所得税は6万強(定率減税後5万弱)
>となり、総合課税の時より4万ほど還付額が増えるのではと思います。

ここまで拝見した限りでは、
SEくずれさんがお見込みのとおりです。

>ただ、地方税における所得とは、第3表の所得金額(127万)か、課税所得(89万)の何れなのでしょうか。

地方税における所得は、総合課税の所得金額147万と、
分離課税の所得金額127万の両方です。
これを所得控除で差し引くわけですが、地方税は所得控除が小さめと
なっていますので、注意が必要です。
基礎控除・扶養控除(一般)・配偶者控除は33万円、
特定扶養控除と同居老親が45万円、
生命保険料控除は最高7万円(一般の生命保険と個人年金保険
それぞれ最高35,000円)などとなっております。

さて、最大の関心事である国民健康保険ですが、
株の利益を申告すれば、保険料(保険税)に跳ね返ります。
所得割の算出方法には主に2種類あって、
申告所得に対する住民税決定額へ一定の掛け率を乗じる方法と、
申告所得金額あるいは課税所得金額(所得控除を差し引いた後)に対して
一定の掛け率を乗じる方法です。
いずれにしても、国保は上がります。
算出方法は市町村によりますし、その年によって異なります。
さらに、所得金額によって軽減措置があったりしますので、
そのあたりも事前に確認しておきたいです。
ぜひ、お住まいの市町村、国保担当へ問い合わせましょう。
ぱっと見る限り、減税分と、国保のアップ分、
どちらが大きいか微妙だと思います。私も判断できまません。

なお、保有株式の配当金がいくらだったか把握しているなら、
そちらは配当所得として申告して、配当控除を受けるのが有利です。
源泉徴収されている所得税7%を還付してもらえますし、
住民税も還付による負担減が期待できるからです。

最後に判断材料として。
国保の所得割を、申告所得金額から算出するしている場合は、
住民税額や課税所得金額から算出している場合よりも、
株の譲渡益を申告するのは慎重を期したほうがよいかと思います。

町役場の職員としては、しっかり申告していただいて、
国保の収入がアップすると助かるのですが…(^-^;

分からない点がありましたら、質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-02-12.Sun 16:37
こんにちは(^^)

>しょうさん<

お役に立てたようですね(^^)
お金のことに賢くなって、強く生きていきましょう。
これからも当ブログをご愛読のほど、よろしくお願いします。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

大感謝!

2006-02-12.Sun 22:36
ポイントぴったりのご回答いただき有難うございます。

国保税の納税通知書で確認したところ、当地の所得割額は、所得金額や株式譲渡所得等の合計額から基礎控除の33万円のみ控除した額とのことです。しかも雑損失は適用なしとの記載も。一番きつい条例の部類かも知れません。

なお、当地の保険料率は医療分が8%、介護分が0.9%なので11万ほど余計に支払うこととなります。
もちろん株式の方は申告不要で行くこととします。市役所にとっては有難くないでしょうが、他の面で協力しますので・・・

株式譲渡所得しかない場合はともかく、他に事業所得等がある場合は、確かに慎重を期す必要がありますね。
多少詳しいつもりで、目先の還付金に釣られそうになりましたが、事前に十分勉強することの大切さを改めて認識できました。大変的を得たご回答に激謝致します。

それと、ご説明にあった配当金の件ですが、1万円台の配当なので住民税を合わせると損なので諦めます。

今思えば、特定口座開設の際、源泉徴収あり・なしで悩みましたが、ありを選んでおいて良かったと思います。

知り合いにもこのブログをお奨めさせていただきます。これからも有用な情報の掲載を期待しております。
URL|SEくずれ #-[ 編集]

2006-02-13.Mon 00:34
こんばんは(^^)

>SEくずれさん<

さっそく国保税の決定通知書をご覧になったのですか(^^)
今年度と来年度が同じ算出方法になるとは限らないのですが、
大きく変わらなければ、株の利益は申告なさらないのが有利ですね。

世の中、いろいろな「当たり前」があります。
所得が多いのだから、国保税も高くなって、当たり前。
所得税法が認めているのだから、源泉徴収のみで終了させ、
国保の負担を増やさないのが当たり前。
賢い納税者なら、堂々と後者を選べば良いのです(^^)

源泉徴収のある口座で株を売買して、良かったですね。
業務が多忙ゆえ、新しい記事をなかなかアップできませんが、
仕事に差し支えない程度に活動しますので、
これからも応援よろしくお願いします(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-02-13.Mon 11:11
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

パート収入がある場合

2006-02-24.Fri 00:52
はじめまして。
つい先日、FP2級の試験を受験しましたMoriと申します。まったくの異業種業界で仕事をしており、なかなか勉強する時間がとれないのですが、こちらのブログを先日見つけまして大変重宝しております。

一点質問があります。私の妻はパート収入が約100万円のみでその他の収入はありません。

1)株式譲渡所得+配当所得が20万円以下の場合:特定口座の源泉徴収なしで所得税を節税(しかしこの場合住民税はどうなるのでしょうか?)

2)株式譲渡所得+配当所得が20万円以上の場合:特定口座の源泉徴収ありにして、私の所得から控除できる配偶者控除などに影響がでないようにする。

といった対策が得策でしょうか?お時間のあるときにご回答よろしくお願いします.
URL|Mori #-[ 編集]

2006-02-25.Sat 05:44
おはようございます(^^)

>Mori さん<

はじめまして(^^)
2級のFP試験を受けたのですね。
金融業界の方が多い資格ですが、FP資格は広い範囲で役に立つので、
様々な業種の方が資格取得しています(^^)

さて、ご質問の件ですが、
Moriさんが会社員で、家族手当を支給されているならば、
奥さんに給与収入約100万円(=給与所得約35万円)があるので、
それ以外の所得が20万円を超えるか否かに関わらず、
株式の利益を源泉徴収のみで終了することで、
配偶者控除を確実に受けられる「2番」が堅いです。

「1番」のケースの実際上の展開を追いますと、
・給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下なので、
 確定申告は必要ありません。
・パート収入が年末調整済みでなければ、基本的に確定申告すべきです。
 株取引での利益は申告内容に上乗せすることになります。
・株取引の損益状況は、証券会社から市町村へ調書が提出されません。
 (平成15年分は調書が提出されました)
・しかし、株取引で所得があったら、源泉徴収されていないため、
 地方税法では申告が必要です。申告しなければ、
 住民税では「税逃れ」状態となりうるのです。

…Moriさんが家族手当を支給されておらず、
所得が1000万円以下であり、
配偶者の所得が380,001円~399,999円ならば
38万円の配偶者特別控除を受けられます。
そちらを活用する方法もあります(^^)

税のことはケースバイケース。
いろいろ考えるのは楽しいですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

確定申告不要とは?

2006-02-26.Sun 18:17
こやまぞんさん、
お返事ありがとうございます。

話が非常にややこしくなってきましたねぇ。
「給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下なので、確定申告は必要ありません。」ということはその20万円以下の所得に関しては所得税・住民税がかからないということではないのですねぇ。それならばなぜそのようなルールがあるのでしょうか...特定口座(源泉徴収なし)を選択する意味がないような気がします。

ところで私は会社員ですが、確定申告すれば、昨年特定口座(源泉徴収あり)で取引した株式譲渡の利益に関しての定率減税分が返ってくるのでしょうか?まあ、少額ですが勉強にもなりますし、少額だろうと時給に換算すると、私の給料よりはるかにいいと思うのでやってみようと思ってます。
URL|Mori #-[ 編集]

2006-02-28.Tue 06:57
おはようございます(^^)

>Mori さん<

所得税の専門家ではないので、はっきりとしたことは言えませんが、
給与・退職所得以外の所得20万円以下を確定申告不要としたのは、
申告の簡素化を念頭に置いたからではないでしょうか。

これに対して、地方税(住民税)では、
所得が1円でもあれば申告の義務があります。
所得税申告や住民税申告で申告されていない所得であっても、
市町村が把握したら(申告所得に上乗せして)課税するということを
暗に伝えているのではないでしょうか。
もちろん、所得などの調査権は、国税庁だけではなく、地方自治体にもあります。

当ブログでは、特定口座(源泉徴収あり)を強く推奨しています。
これは、控除対象配偶者や扶養控除対象者であり続けるために
確実な方法を取るべきと考えるからです。
サラリーマンで所得控除を使い切る場合、無理に源泉徴収口座にする必要はありません。
人それぞれ、使い勝手や事情があり、優先すべき点にちがいがあります。

Moriさんは会社員ということで、会社の健康保険だと思いますので、
国民健康保険の負担増を気にせずに確定申告できます。
お見込みのとおり、源泉徴収ありの株式等譲渡所得を確定申告すると、
定率減税分が戻ってきます。
最近はパソコンで申告書作成ができるので、便利になりましたね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございました

2006-02-28.Tue 22:36
なるほど、お忙しいなかお返事ありがとうございました。大変勉強になります。

会社の近くに税務署があるので、昼休みにでも勉強がてら覗いてこようと思います。会社の社労関係を担当してる人間に聞いたら、いろいろな資料ももらえるとのことなので。楽しみです。
URL|Mori #-[ 編集]

2006-03-01.Wed 01:12
こんばんは(^^)

>Moriさん<

疑問が解決したでしょうか(^^)
税金のことは、学ぶほどに発見があって、楽しいですよ。
身近にある環境を活用して、お金に詳しい存在になりたいものですね(^^)

URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

はじめまして。

2006-03-10.Fri 18:51
はじめまして。
これから口座開設をはじめる、こげろんと申します。
特定口座の源泉徴収ありかなしか、迷っていました。
国保なので、どぅなんだろ?って。
でも、こちらのブログを拝見してスッキリしました(^^)
ありがとぅございました♪
URL|こげろん #bEHVK4AU[ 編集]

2006-03-12.Sun 00:47
こんばんは(^^)

>こげろんさん<

はじめまして(^^)
当ブログを発見していただき、ありがとうございます。
夫が会社員で、専業主婦が株式投資をするなら
源泉徴収ありで取引するのが無難ですと発信しています。
その情報をキャッチしてくださって嬉しいです。

これからも気軽に遊びに来てくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

質問してもいいですか?

2006-03-12.Sun 11:30
すみません、、、教えてもらってもいいですか?

>夫が会社員で、専業主婦が株式投資をするなら
>源泉徴収ありで取引するのが無難ですと発信しています。

夫が自営業(個人事業主)の場合はどぅなんでしょうか?
私は専従者にはなっていません。
半日だけパートに出ています。
自営業でも、国民健康保健が上がらない為には
源泉徴収しておいた方がいいのでしょうか?
URL|こげろん #bEHVK4AU[ 編集]

2006-03-12.Sun 21:10
こんばんは(^^)

>こげろんさん<

こげろんさんの場合も、
株式の取引は、特定口座(源泉徴収あり)が良いと思います(^^)
口座をいくつか開設して投資を分散し、
給与所得と株式等譲渡所得を合わせて
所得金額が38万円近辺あるいは45万円未満を目標としましょう。
(ご主人の所得が一千万円以下であれば、
 配偶者特別控除を受けられるためです)
ご主人が個人事業主とあって、家族手当はないので、
所得38万円以内にこだわる必要はありません。
基礎控除38万円を生かした節税を心がけてください。
要するに、数百万もの利益を申告してしまうと、国民健康保険の
負担が大幅に増えてしまう場合があるのです。

国民健康保険は市町村が運営しているため、
保険料(保険税)の算出方法は自治体によります。

所得割を「住民税額」の倍率で算出している場合、
口座から天引きされた住民税額は税額から差し引かれるため、
負担はほとんど増減しません。

所得割を「所得額」の何%といった計算をしている場合、
株式等譲渡所得を申告すると、それだけ所得が上乗せになるため、
保険料負担に跳ね返ります。十分気を付けましょう。

節税は、事前の準備が功を奏します(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

源泉なし口座

2006-03-14.Tue 23:30
はじめまして。
確定申告も明日でもう終わりですね。
お疲れ様です。

私は給与所得者で年末調整を受けていますが。

昨年は株の利益があり、特定口座源泉徴収なし口座で譲渡益が18万円出ました。

それ以外の収入はありません。

この場合20万円以下の申告不要制度を利用して確定申告をせず、住民税の分離申告のみをすれば良いのでしょうか?

ヤフーの知恵袋では申告不要の意見が圧倒的に多く、ある証券会社もそのように書いてあるのですが、中には申告が必要だとされているサイトもあります。

いったいどちらなのでしょうか?
URL|うご #WSoJC3ic[ 編集]

2006-03-15.Wed 06:56
おはようございます(^^)

>うごさん<

はじめまして(^^)

うごさんは、申告が必要な方なので、急いで回答を書いています。

>この場合20万円以下の申告不要制度を利用して確定申告をせず、
>住民税の分離申告のみをすれば良いのでしょうか?

その通りです。
厳密には、住民税の申告で、給与所得と株式等譲渡所得を
申告するのが正しいです。

所得税では、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下であれば、
申告は不要とされています。
ただし、地方税では、1円でも所得があれば、申告は必要なのです。

地方税の申告期限は3月15日ですが、
間に合わない場合は、できるだけ早く申告してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございます

2006-03-16.Thu 00:51
早速、住民税の申告をさせていただきました。

ありがとうございました。
URL|うご #-[ 編集]

2006-03-19.Sun 17:49
こんにちは(^^)

>うごさん<

早速、住民税の申告をなさったのですね。
こちらこそ、ありがとうございます。
今後も質問ありましたら、お気軽に尋ねてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

源泉徴収なし

2006-03-25.Sat 22:54
どうも、初めてけろよんです。はじめて書き込みします。。
実はわたしはサラリーマンですが株を行っています。
で、税金のほうを税制改正から特定口座で源泉徴収なしで
取引しています。確定申告は別に苦にならないので毎年行ってるのですが
最近になって気になることがあります。それは住民税の所得割が発生してしまうのではないかということと
それがもとで株の譲渡益が勤務先にバレるのではということです。
就業規則ではウチの会社は副業の禁止になっているので副業と言えるかは
ともかくとして、バレた場合色眼鏡で見られることは確実です。
2年前は株式譲渡所得が28万円でした。昨年はマイナス13万円でした。
2年前は確定申告で28万の7割ですか?20万程度支払ったと思うのですが
住民税には反映されていませんでした。それで教えてほしいのですが
どの程度譲渡所得があれば所得割りが発生し特別徴収に反映するのでしょうか?
また確定申告のときに普通納付すれば勤務先にバレないでしょうか?
確定申告の時に税務署の相談員に聞きましたがはっきりしたことは
教えてもらえなかったので特別徴収か普通徴収かのチェックの欄は
開けておきました。開けておいたら普通徴収となるのでしょうか?
普通徴収では支払い用紙が届いた記憶はないです。
特定口座、源泉徴収なしにしたのはこれぐらいなら自力で出来ると思ったのと
源泉徴収ありだと証券会社にいいように取られると思ったからです。
実務に携わる管理人さん、よろしくお願いします。
URL|けろよん #JgH24MHU[ 編集]

2006-04-05.Wed 22:56
こんばんは(^^)

>けろよんさん<

大変お待たせしました。
10日以上もお待たせして、申し訳ありません。

けろよんさんが起こすべき行動は、
今年1月1日時点でお住まいの自治体の住民税課税部署へ連絡を取って、
普通徴収の欄へチェックを付け忘れたので株利益は普通徴収にするよう
お願いすることです。おそらく話を受けてくれるでしょう。

>特別徴収か普通徴収かのチェックの欄

これは、給与所得以外の所得について、どう扱うか決めるものです。
普通徴収の□にレ点チェックすると、会社に知られずに済む可能性が
極めて高いと言えます。
株の儲けがどんなに小さくても、利益があれば特別徴収(給与天引き)の
住民税決定通知書に反映されます。

給与は特別徴収で、それ以外を普通徴収にすると、
会社経由の決定通知書には基本的に載りません。
例外は、普通徴収部分の納税額がマイナスになる場合。
全て合算されて、給与天引きの税額が算出されることが十分に考えられます。
納税の分離を選べるのは、あくまで納税に対する配慮なのであって、
会社に所得を知らせないためのサービスではないからです。
普通徴収部分の納税額が100円以上あるいはプラスマイナス0円ならば、
会社に知られずに済むでしょう。

給与の特別徴収と、それ以外の普通徴収を混在させる課税方法を、
税務の業界では「併徴」と呼びます。
この併徴の確認作業が、来週あたりに行われることと思います。
早めに連絡して、色よい返事を待ちましょう。

ここまで説明が回りくどく聞こえたことと思います。
今年申告した分は電話で依頼して、平成18年分以降の確定申告では
普通徴収にレ点チェックするように心がけるのが良いと思います。

証券会社の税額天引きは、税法に沿って行われているので、
信用なさって良いと思います。
会社にバレないことを最優先するのであれば、
証券会社からの天引きにはしないほうが良いです。
ただし、儲けが大きすぎると、児童手当支給停止等で不利益を被る
ことが考えられますので、十分注意しましょう。

分からない点がありましたら、遠慮なく質問してください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございます。

2006-04-13.Thu 21:25
今読み返すと質問の文章が無茶苦茶でした。申し訳ありません。来年から普通徴収にします。マイナス10万とかなら笑って済ませれると思いますが、プラス200万とか(今のところ可能性は薄いですが)なった場合、疑惑の目で見られるのがオチですから、最後の所にかいてありましたが源泉徴収ありの方がばれる可能性が高いということでしょうか?源泉徴収なし、普通徴収が一番無難ですかね。
いろいろありがとございました。
URL|けろよん #-[ 編集]

2006-04-15.Sat 23:37
こんばんは(^^)

>けろよんさん<

お見込みの通りです。
けろよんさんの場合、株利益に対する住民税は
普通徴収を選択するのが最も有効な作戦です。
株取引は「一般口座」あるいは「特定口座(源泉徴収なし)」で行います。

これなら、平成18年分で利益が出ても、
平成17年分の繰越損失を活用できて、
しかも税額減とはなりません。(株の天引きがないため)
ですから、確定申告時に普通徴収へレ点チェックを付けさえすれば、
会社に知られることはほぼ100%ありません(^^)

株式投資は副業ではないのですが、より快適に投資したいものですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

児童手当について

2006-04-22.Sat 00:51
はじめまして、りきいしと申します。
大変参考になるブログを読ませていただきました。丁寧な回答は頭が下がります。
いろいろと調べたのですがお時間のあるときにでもご教示願います
私は、妻と子2人扶養している共済年金加入者です。取らぬ狸の皮算用ですが、今年、先物取引で利益が出そうです。
20万円以上利益が出たら来年初めに申告分離の確定申告を行いますが、今の給与収入が児童手当の所得制限限度額に近く
確定申告を行い、利益と給与と合計すると児童手当の所得制限限度額を超えることが見込まれます。
児童手当の申請手続きを職場がやってくれているので、この様な場合給与以外の収入があったことを職場に申告して児童手当申請手続きを
しないように依頼しないとならないのでしょうか。
児童手当がもらえなくなるのはやむを得ないのですが、保守的な職場なので、何とかして職場に先物取引での収入があったことを知ら
れたくないのです。
今後、現在扶養になっている妻名義の口座で取引(取引の操作自体も妻が実行)をして、38万円以上利益が出たら確定申告をして
妻の扶養を外すということも考えていますが、この場合確定申告後に妻の扶養を外し、妻は国民年金に加入するということでよろしい
のでしょうか。
また、特定口座源泉徴収有で株式取引もしているのですが、こちらの利益と児童手当所得制限限度額とは関係なくて、株式の一般口座
と先物取引の口座は同様で利益は児童手当所得制限限度額に関係するということでしょうか。
よろしくお願いします
URL|りきいし #-[ 編集]

2006-04-23.Sun 07:43
おはようございます(^^)

>りきいしさん<

はじめまして(^^)
先物取引で利益が出そうですか。
原油先物の買いポジションを想像しています。

今年4月から、児童手当の所得制限下限度額が緩和されましたね。
そういう理由で、平成19年度も受給できるかもしれませんよ。

先物取引の利益を職場に知られたくないとのことですね。
法律を遵守する場合、児童手当の受給を終えるまでは職場に知られる可能性があります。
※給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える場合、所得税の確定申告が必要です。
※上記所得が20万円以下であったとしても、1円でも利益があれば、
 地方税法上は申告が必要です。(市町村での住民税申告です)

公務員でない方なら、児童手当はお住まいの自治体から支給されますので、確定申告時に第二表の住民税欄へ普通徴収希望のレ点チェックを付けることで、勤務先に知られないようにすることが可能です。
しかし、公務員の場合、職場から児童手当が支給されるため、給与所得以外の所得も把握されるものと覚悟しましょう。

先物取引には税金を天引きする仕組みが整備されておらず、
利益があれば申告する必要があります。
これは奥様についても、例外ではありません。
ただし、奥様の所得額が38万円以下であれば、所得税は発生しませんので、住民税申告をすることになります。
年間の利益が380,001円以上になった場合、配偶者手当に関して相談する必要があります。
ただ、国民年金第3号被保険者と健康保険(共済短期給付)については、現状維持となるでしょう。
先物取引の利益は、継続的なもの(給与収入など)ではないためです。

源泉徴収有での株式取引は、所得税7%・住民税3%が天引きされていますから、源泉徴収のみで済ませる(申告しない)ことで終了します。

株で儲けるとかFXで儲けるといった本は大量に出回っていますが、
利益が出た後の税務処理までフォローしている本には巡り合えないですね。
分からない点がありましたら、遠慮なく質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-04-25.Tue 06:33
早速のご回答ありがとうございます。
誰にも相談できずに相当な時間をかけてネット上やこの類の本を探したりしていました。本当にありがたく、心強く感じてしまいました。
おっしゃるとおり、儲け方に関する本はたくさんありますが、税金や手当に関することになると、詳しくは税務署、役場へ等の記述で終わってしまいます。同じ疑問をかかえている人もいるのではないでしょうか
さて、追っての質問になってしまいますがまたお時間のあるときでもご教示願います。やはりどうしても先物取引の利益を職場に知られるわけにはいきませんので、場合によっては両建てにして損失した方の玉を外す等の処置をして私の口座の利益は翌年に分けて20万以下に抑えながら利益確定していこうと考えています。今後も先物取引と取引所為替証拠金取引をしたいと考えて
いるのですが、妻名義の口座開設をしてそこで取引をすることも考えます。また取らぬ狸・・の話になりますが、
●私の先物口座で利益が出て確定申告を行い、給与収入と先物の利益の合計が児童手当所得制限額を超えた場合、自分から職場に申し出なくても職場には何らかの連絡が行くのでしょうか、その場合職場に届く私の収入に関する情報には先物取引の利益という様な記述があるのでしょうか、先物の利益という記述さえなければ「ちょっと臨時収入があった」等と言って児童手当をあきらめるだけで私の口座での取引を継続できます。
●他の収入がゼロである妻の年間利益が380,001円以上になった場合、配偶者手当に関する相談は職場の担当者に相談するのでしょうが、ここで先物取引と言う言葉を出さずに「ちょっと妻に臨時収入があった」等とあいまいな相談をするのは可能でしょうか、同僚が奥さんの収入証明書を提出していたのを見たことがありますが、証明書等なにも提出せずただ妻の扶養をはずしたいということは可能でしょうか
●職場の担当者に相談するのは確定申告後でそれまでは妻を扶養に入れたままで問題ないでしょうか
●妻の口座で年間130万以上の利益が出ても継続的でないと認められる場合もあるでしょうか
以上よろしくお願いします。ちなみに原油先物の買いポジションは恐ろしくて持てませんでした。貴金属先物買いポジションがありましたが現在の値位置まで耐えることができず既に決済済みです。
陰ながら「公務員によるFPブログ」を応援させていただきます
URL|りきいし #-[ 編集]

2006-04-26.Wed 07:20
おはようございます(^^)

>りきいしさん<

先物取引は副業ではないのですが、職場に知られると具合がよくないかも知れませんね。

先物取引を確定申告(または住民税申告)すると、児童手当に関わらず、職場である総務課が把握すべきものです。
住民税は職場から特別徴収(給与から天引き)されているはずです。
特別徴収税額の通知書には課税標準の欄があり、総所得だけでなく、先物取引の課税対象額も印字されます。

職場で把握する資料は、上記の特別徴収税額の通知書です。これとは別に「児童手当用所得証明書」を職員に提出を義務付けているところもあるでしょう。
確定申告の際、第二表の住民税に関する事項で、普通徴収欄にレ点チェックすると、先物取引に対する税金と納付書は直接本人宛に送付されます。
ただし、児童手当の受給判定に影響するものであることに変わりありません。

りきいしさんの所得制限を超えた場合にしても、奥様の所得が380,001円以上になった場合にしても、
総務課の仕事に影響が出ることです。仕事するからには根拠を揃えるべきなので、証明書の提出を求められたら拒めないのではないでしょうか。
もちろん、所得証明書には先物取引の所得であることが明記されます。

職場の担当者に相談するのは、確定申告後でも問題ありません。
先物取引の利益は継続的なものではありませんから、健康保険上の扶養は維持されるでしょう。

両建てで申告所得を調整する作戦は、大変有効です。
りきいし様本人に限らず、奥様の利益が38万円を若干超える場合も、両建てして確実に損を出して、申告所得は38万円以下に抑えるべきとお見受けします。
税金に限らず、お金のことって、いろいろありますね(^_^;

どうしても「職場による」という言葉は逃れられないのですが、ご納得いただけたでしょうか。

疑問点がありましたら、再度質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-04-27.Thu 22:23
わかりやすく説明していただきよくわかりました。税金を納めようとすることになぜ悩まなければならないのか、残念な制度です。将来、商品先物取引や為替証拠金取引にも特定口座源泉徴収ありの制度ができてくれないかと期待せずに願います。作戦を見直します。
丁寧なご回答ありがとうございます。また拝見させていただきます
URL|りきいし #-[ 編集]

2006-04-27.Thu 23:16
こんばんは(^^)

>りきいしさん<

どういたしまして(^^)

商品先物取引や外国為替証拠金取引で利益を上げる腕前をお持ちであるにも関わらず、存分に発揮することができなくて残念なことと思います。
株式投資に特定口座や源泉徴収制度、証券保管振替機構(ほふり)があるように、先物取引にも同様の仕組みを導入すれば、取引の活性化だけでなく、業界全体の地位も上がることでしょう。
まずは、現行制度のなかで、うまいことやっていく道を探しましょう。
それが、強く生きていく知恵です。

何かの折には、当ブログにコメントを残してください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

こんにちは。扶養

2006-04-28.Fri 10:31
こんにちは。げんせんなし、にしてしまい扶養にしがみつきたい者です。

上の一時的な収入扱いで扶養が維持できるのくだりですが、会社に相談をせずにいて、市役所が会社に届けて、主人が総務課にお金の出所聞かれた時は、素直に答えるのと贈与された等言うのとどちらがよいのでしょうか?
維持される可能性の高いのは相談したからであって、そうでない時は非情だったりするのでしょうか?

お手数をお掛けして申し訳無いですが連休過ぎてで構わないのでご指南ねがいます。

一時的、は今年の分は、扶養内におさめますので大丈夫です。
つたない文章ですみません。
URL|山下 #mQop/nM.[ 編集]

是非ご教授下さい。

2006-05-01.Mon 15:06
こんにちは。はじめまして。今年からFXをはじめまして投資(投機)にも税金にも全くの素人なのですが今後下手に(?)儲かるようなことがあると後々税金関係で痛い思いをするような事があると辛いですので是非教えていただきたいことがございます。

現在年収がギリギリ300万円ないぐらいの派遣社員です。この場合、普通口座にするべきなのか特定口座にするべきなのか、源泉徴収は有りのほうが良いのか無しのほうが良いのかどれが最善の方法なのでしょうか?

お忙しいところ大変ご迷惑かと思いますがお暇な時がございましたら是非一度ご教授お願いします。失礼します。
URL|まこ。 #Ryxaryw.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-05-03.Wed 06:48
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-05-03.Wed 07:04
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2006-05-05.Fri 11:45
こんにちは(^^)

>山下さん<

こちらと別の記事にコメントいただいていた、
昨年に株の売買で利益を得たため、所得が38万円を超えたという話でしょうか。

おそらく、会社からご主人に問い合わせが入ることでしょう。
おもに3つのことに影響があるからです。
 ・健康保険の扱い
 ・家族手当の扱い
 ・所得税源泉徴収の扱い

健康保険では、継続的な収入がいくらあるかで、扶養の可否を決めます。
健康保険組合により対応は異なりますが、
山下さんの所得が株式売却益のみであれば、健康保険は維持されるのが普通です。

家族手当については、会社の規定によりますので、確認なさることを勧めます。

所得税の源泉徴収は、扶養や配偶者控除の対象人数によって、毎月の天引き額を決めています。
そのため、昨年の実績に対して、今年はどうなのか判断することとなります。

どちらにしても、正直に伝えましょう。
少なくとも、虚偽の申告をすると、妙な勘ぐりを呼ぶことは容易に想像できます。
ちなみに、贈与された収入は、贈与税の対象であって、所得税とは関係ありません。そのため、職場に「贈与を受けた収入」と答えると、それが嘘であることは明白なのです。

できれば、先に職場へ切り出したほうが、心象が良いと思います。
こちらから何も連絡しないと、いきなり健康保険から外されるという対応をされないとも限りませんから。

不慣れなこととは思いますが、検討してみてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

Re:是非ご教授下さい。

2006-05-05.Fri 12:06
こんにちは(^^)

>まこ。さん<

初めまして(^^)
FXを始めたそうで、円高の波に乗れましたか?

FXや商品先物取引の所得は、分離課税の雑所得です。
派遣社員としての給料とは全く切り離されて課税されます。

株式投資には、特定口座(源泉徴収口座)があります。これを選択しておくと、税務申告を全くしなくてもOKです。
利益があれば、税金は天引きされます。
ただ、FXには、源泉徴収の仕組みがないのでは…。
そのため、20万円を超える利益(所得)があれば、確定申告する必要があります。
(給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下であっても、1円でも所得があれば、住民税での申告は必要です)

まこ。さんは派遣での給与収入があるので、税法上の扶養でもなければ、
健康保険の被扶養者でもないはずです。
そのため、FXでの利益が大きくても、確定申告の義務以外には、大きな影響はなさそうです。
ただし、申告所得は増えますので、コメントからは読み取れないこと
(例えば児童手当、介護保険とか)に影響があるかも知れません。

儲けたら儲けたで、気にかけることはありますね。
ぜひ参考にしてください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-05.Fri 12:18
こんにちは(^^)

>- さん<

2つのコメント読みました。

株式投資のマイナス所得(損失)を確定申告したら、所得税の督促状が届いたとのことですね。

本来、株式投資の譲渡所得を申告する行為では、納付税額は発生しません。
考えられるとしたら、
・株式譲渡以外の所得に対して納税されていない
 (例:給与からの源泉徴収が足りない)
・確定申告時の書き方に誤りがあり、納付額がないはずのところを、納付額があると申告してしまっている。

…といったところでしょうか。
督促の真意は、税務署へ確認なさるしかないと思います。

いただいたコメントのみでは、判断しかねるのが、正直なところです。
非表示で質問ございましたら、メールアドレスも記入いただくのが良いと思います。
もっとも、税理士資格を持たない私が回答できる範囲か分からないので、
ご期待に添えないかも知れません。ご了承ください。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-06.Sat 00:03
こやまぞんさん、ありがとうございました。私名前を書いていなかったんですね。すいません。株式譲渡以外の収入としては給与しかありませんので、源泉徴収不足としたらショックですね。それも3年分ですから。とても不安だったのですが、とりあえず、税務署の方に相談したいとおもいます。いろいろありがとうございました。初めての確定申告で、私のミスかもしれません。ゴールデンウィークにもかかわらず、目を通して下さり又、お返事ありがとうございました。
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-05-06.Sat 00:45
こんばんは(^^)

>りんりんさん<

投稿時に名前は書いてありましたよ(^^)
ただ、非表示なので、名前を明かしてよいか判断が付かなかったのです。

いただいたコメントを読み返しました。落ち着いて読み直すと、源泉徴収されている金額が足りないです。

平成16年分について、
>差し引き所得税額が、184800
>定率減税額が36960です。
>源泉徴収税額が108800、
>申告納税額が、39000円となる計算のようです。
…とのことでしたね。

非表示でいただいた給与収入・給与所得、所得控除額から、
課税総所得額(1,848,000)が出てきます。
この金額に税率10%(課税所得330万円までの税率)を掛けまして、
差引所得税額が184,800円。
これに対して定率減税が2割(36,960)あるので、
定率減税後の所得税が147,840円。
これが平成16年分に納めるべき税額です。
で、実際に源泉徴収されているのは、108,800円とのこと。
差額は39,040円。納付額の100円未満は切り捨てるので、
39,000円を納付します。
…という確定申告をなさっています。

株式譲渡損失の有無に関わらず、源泉徴収税額が足りないのであれば、
申告して納付すべきなのです。
ただ、申告する側と受ける側に捉え方の相違があったのかも知れませんね。

まずは、税務署に督促状の説明を求め、同時に、
税金の源泉徴収額が足りないとは全く気付いていなかったことを説明して、
今後の納税計画を相談するのが良いと思います。

今回のコメントを読んでいただけると、良いのですが…。
当初の読み込みが足りなくて、申し訳なかったです。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-06.Sat 15:20
 こやまぞんさん、丁寧にみてくださっていたのですね。ありがとうございます。源泉徴収額が足りないということは、どういうことでしょうか。私の職場の経理の方のミスですか。それですと、来年度も申告をすれば同じことが起こりそうな気もするのですが、どうしてそんなことが起こるのでしょうか。気にしたことがなかったので、とてもびっくりしています。私と同じ職場の方達も申告すれば同じことになるのでしょうね。来年度も同じ事起こらないためにこのことを職場の形に話した方が良いのでしょうか。すみませんお忙しいのにこんなこと。株のことを心配していたのに、まさか、源泉徴収額が足りないなんて。税務署には急いで相談してみます。
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-05-06.Sat 20:42
こんばんは(^^)

>りんりんさん<

再びお読みいただいて、助かりました(^^)

源泉徴収額が足りない理由は、当事者しか分かりません。
考えられることをいくつか挙げると、
・年末調整をしていない。
・年末調整を経理が間違えた、あるいは提出書類に記載誤りがある。
・2ヶ所以上の勤務先から給与を受け取っていて、それが合算されていない。

当記事へ1月9日にコメントいただいた際の
>ちなみに私は働いておりまして、給与所得の源泉徴収表のよると、
>支払いきんがく3511817で、給与所得控除後の金額は、2275600
>となり、所得控除の額の合計は887376となっております。
…と、最近に書き込みいただいた内容を比較すると、

平成17年分の所得控除は887,376円あるのですが、
平成16年分では所得控除が380,000円しかありません。
源泉徴収票がプリンター打ち出しかも知れませんが、
手書き発行時に所得控除額を書き漏らしている等のミスがある可能性も考えられます。

まずは税務申告と督促状の件を解決させて、会社の経理に報告するのは後にしましょう。
りんりんさんが直接職場仲間へ話すのは避けましょう。
同僚から「りんりんさんのせいで、税金を払う羽目になった」などと
悪者扱いされては、心外ですからね。

会社の経理に致命的な処理ミスがあったとしたら、税務署から直接指導が行くはずです。
りんりんさんとしては主観や判断をはさまず、事実関係のみ報告するのが、
良いと思います。

これからも、気軽に質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-07.Sun 08:36
 こやまぞんさん、ありがとうございました。職場の同僚に話すのはやめますね。それと、順番も、その通りに致します。明日早速税務署に電話をして聞いてみます。催促状が来てから、不安でしたが、少しほっとしました。ありがとうございました。でも、こんなこともあるんですね。又報告いたします。
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-05-07.Sun 08:41
 あ、ちなみに、考えられる理由の、1と、3は、ありません。勤務は1ヶ所のみですし、毎年、年末調整されて、いくらか戻ってきております。  
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-05-07.Sun 15:15
こんにちは(^^)

>りんりんさん<

どうやら、年末調整で手違いが起きている可能性が高いようですね。
まずは税務署へ相談して、納税が必要であることに気付いていなかったことを話しましょう。
スムーズに解決すると、いいですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ありがとうございました。

2006-05-08.Mon 00:50
ご指南いただきまして誠にありがとうございました。勉強になりました。
URL|まこ。 #Ryxaryw.[ 編集]

ありがとうございました

2006-05-08.Mon 21:08
問題点を的確に見ていただいて、本当に有り難うございました。
会社に申し出ます。でも、まずハイシャです(笑)
URL|山下 #-[ 編集]

2006-05-08.Mon 23:41
こんばんは(^^)

>まこ。さん<

ご参考になったようで、何よりです(^^)
FXはハイリスク・ハイリターンで、
しかも政治・外交の影響を受けやすいので、
利益を出すのは難しいですよ。
まずは、ご自身に合った投資(投機)スタイルを見つけましょう。
その人や資金の性格によって、中長期売買、短期売買、
金利プレミアム取りなど、得意なフィールドがあるものです。
信頼できる業者を選び、余裕資金で運用なさってくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-08.Mon 23:48
こんばんは(^^)

>山下さん<

お役に立てたようで、良かったです(^^)
分からないことは、どのような影響が出るのか予想が付かないですね。
会社へ申し出るという結論は同じでも、
それまでの過程で学んだことにより、
山下さん自身で冷静に考えられるようになったことでしょう。
これからも、気軽に質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-09.Tue 02:27
 こやまぞんさん、こんばんは。いろいろとありがとうございました。早速8日の朝、税務署に電話しました。
 最初は、払込したあとにといわれましたが、事情を話し、調べてもらいました。。15分ですぐにわかりました。どうやら、保険の控除が記入されていなかったようで、すぐに話をつけていただいて、払込しなくても良くなりました。連休中心配していたので、なんか気が抜けたようでした。とにもかくにも、私のミスにもかかわらず、迅速丁寧に対応していただき感謝しております。結果がわかり、恥ずかしさこみ上げてきました。お手を煩わせてしまい申し訳ありませんでした。
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-05-09.Tue 23:08
こんばんは(^^)

>りんりんさん<

さっそく解決したのですね(^^)

確定申告書の作成が間違っている場合を全く想定していませんでした。
最近は申告件数が多いため、税務署の収受時(申告者の提出時)に
添付書類を細かくチェックすることが大変難しいようです。
何はともあれ、大変お疲れ様でした。
確定申告書が身近なものになれば幸いです。

これからも、分からないことがあったら、気軽に尋ねてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-05-25.Thu 00:27
 こやまぞんさん、こんばんは。先日はありがとうございました。先週国税事務所の方から催促状の件で、電話がありましたが、事情を説明いたしましたところ、税務署の方に電話して、確認するということになりました。あれで終わりだと思っておりましたので、びっくりしましたが、その後電話ありませんので、だいじょうぶだとおもいます。
 ところで、私は、今の職場を、退職しようかと考えておりまして、退職するとしましたら、1年のうちで、何月がいいというのはあるのでしょうか。税金の面でお聞きしたいのです。ちなみに、経理の方から、退職金の一覧表はもらっておりまして、この一年のうちというわけではありませんので、いろいろ考えた上で、決めたいと思っております。よろしくお願いいたします。
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-05-28.Sun 23:45
こんばんは(^^)

>りんりんさん<

すっかりお待たせしました。

先日の件は、解決のメドがついたようで、良かったですね(^^)
「更正の決定」という形で税務署が正しく直す可能性が高いと思います。
申告書の再提出を求められたとしても、加算金(金利のようなもの)を免除されれば、金銭的負担は掛かりません。

勤務先を退職するタイミングですね。
税金面で何月に退職するのが有利というのは、特にありません。
しかし、考えられるものを挙げますと…。
 ・大抵の事業所では、年末調整があるため、
 給料の最終支払のタイミングを考慮して、
 11月末あたりに退職する(12月に11月分の給与が支払われる)と、
 給与に関して確定申告で精算する必要がなくなる。
 ・11月まで在籍するなら、12月も在籍して、
 冬の賞与をいただいてから退職するほうが、
 手取りが増えて有利。
 ・翌年に受け取る給与の回数を少なくする形で退職すれば、
 その年の所得が低くなます。

例えば、平成19年1月末で退職したとします。
そうすると、平成19年に受け取る給与収入は2回(12月分と1月分)。
給与収入が65万円以下であれば給与所得は0円ですし、
給与収入が103万円以下であれば給与所得は65万円引いて38万円以下。
そのため、他に所得がなければ、平成19年分は配偶者控除の対象者になれます。
また、ご主人の会社から、家族手当の上乗せが期待できるかも知れませんね。

退職を検討しているのは、ライフプランの変更が理由かと思います。
もし、その理由が出産(妊娠した)ということであれば、
退職せずに続けて、出産休業なさるのが有利です。
というのも、社会保険から下記の支給が期待できるからです。
 ・出産手当金(退職後6ヶ月以内の出産で受け取れる)
 ・育児休業基本給付金
 ・育児休業職場復帰給付金
徐々にではありますが、出産・育児に対する手当てが整備されてきている、ということです。
手当金や給付金だけが判断材料ではありませんが、頭の片隅に入れておきたいものです(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

住民税について

2006-06-10.Sat 10:50
はじめまして。
いつも参考にさせて頂いています。

どうしてもわからないことがあり書き込みさせていただきます。
私はサラリーマンで、特定口座源泉徴収あり、を選択しており、
今年の確定申告で定率減税分の還付を受けるために確定申告をしました。
所得税の還付は無事受けられたのですが、昨日、住民税(市民税、府民税)の納税通知書が送られてきました。
源泉徴収ありなので、住民税はすでに支払われているものと認識していたのですが、また払わないといけないものなのでしょうか?
確定申告書Bの給与所得以外の住民税の徴収方法の欄は、
特別徴収にも、普通徴収にもチェックしてません。
関係ないと思っていたので…
お時間の空いている時で構いませんので、ぜひご教授お願い致します。
税務署にも行くつもりなのですが、
そのためだけに会社を休むわけにもいかなくて…
URL|よっしー #-[ 編集]

住民税はわずかですが還付されるはず!

2006-06-11.Sun 03:48
こんばんは、よっしーさん。

骨折り損のくたびれ儲け親爺と申します。
私も確定申告を行って、住民税の納税通知書をもらった者です。(よっしーさんと状況は異なりますが)その折、住民税について調査しましたので私の知識の範囲で判るところを投稿させていただきます。

よっしーさんが下記の条件を満たしているならば、わずかではありますが住民税の還付を受けれるはずです。
①株式譲渡益は上場株式のみであること。
②給与所得以外には株式譲渡益のみを申告していること。(他の所得、例えば配当所得を申告している場合はあてはまりません。)
③確定申告時、確定申告書Bの第二表の住民税・事業税に関する事項の株式等譲渡所得割額控除額に源泉徴収された住民税額を記載していること。

少し詳細に説明を加えます。
①確定申告することにより、株式譲渡益時に源泉徴収された住民税は横に置いておき、住民税は再計算されます。
②まず、給与所得額の多寡にかかわらず、株式譲渡益(千円未満は切り捨て)には3%の住民税(市民税2%、県民税1%)が課せられます。
③平成18年の住民税は7.5%の定率控除(100円未満の端数は切り上げ)があります。(定率控除額の上限が2万円ですので、給与所得と合わせた住民税の全体額が大きいと定率控除の恩恵は受けれなくなります)
④上記で計算した住民税から確定申告時に記載した株式等譲渡所得割額控除額を引きます。
⑤結果、住民税は、
3%×(100%-7.5%)-3%
=2.775%-3%
=-0,225%
となり、最大で株式譲渡益の0.225%+アルファの還付が受けれると思います。
(アルファは株式譲渡益の千円未満を切り捨てた分と定率控除額を切り上げた分でMax128円)

要注意!
①確定申告時、株式等譲渡所得割額控除額の記載を忘れているとダメです。
(住民税課税明細書の株式等譲渡所得割額控除額を確認していただけば判ると思います)
②配当所得を申告していると住民税は増えます。

参考
私は配当所得を申告したため、住民税が増えました。(詳細は「配当所得を確定申告するか」のページに投稿しました。御参考までに。

よっしーさんへ、お互い税制を研究して賢く節税しましょうね。
こやまぞんさんへ、間違っていたら訂正をよろしくお願いします。
URL|骨折り損のくたびれ儲け親爺 #kK9DzL9s[ 編集]

2006-06-11.Sun 23:08
こんばんは(^^)

>よっしーさん<

はじめまして(^^)
給与所得以外に株式等譲渡所得があって、
定率減税を受けるために確定申告なさったのですね。

基本的な考え方は、骨折り損のくたびれ儲け親爺さんが書いてくださっている内容で、おおむね間違いありません。
ただ、申告内容が分からないため、はっきりとしたことは申し上げられません。
いくつか付け加えますと…。

まずは、住民税の決定通知書を開いてください。
計算内訳の株式等譲渡所得割額に、金額が入っているでしょうか。
この欄には、特定口座で天引きされた金額が入ってきます。

確定申告書B第二表の住民税・事業税に関する事項
「住民税 株式等譲渡所得割額控除額」欄に、
特定口座から特別徴収(天引き)された住民税額を記入したでしょうか。
これを書いていない場合、株式等譲渡所得割額に考慮されない場合があります。
対応は市町村によりますので、
確定申告時の申告内容や添付資料(特定口座年間取引報告書)の有無を確認なさるのが良いと思います。

配当所得の申告がある場合は、総合課税による課税所得額が200万円以下であれば、わずかながら減税に働きます。
逆に、課税所得が200万円超であれば、住民税は増税となります。

また、株式等譲渡所得を考慮する前の時点で、住民税での課税所得が
3,667,000円以上になっている場合は、
住民税での定率減税枠を使い切っていますので、減税効果は期待できません。

気になったのが、
>確定申告書Bの給与所得以外の住民税の徴収方法の欄は、
>特別徴収にも、普通徴収にもチェックしてません。
という記述です。
普通徴収にチェックしていなければ、給与所得者なら、
通常は住民税全額が給与から特別徴収(天引き)されます。
この場合、納税通知書は特別徴収義務者(勤務先)から渡されます。
しかし、納税通知書が送られてきていますね。
ということは、そもそも勤務先からは住民税を引かれていなくて、
納付書が自宅に送られたのではないか…とも考えられます。

いろいろ的外れな回答をしているかも知れません。
その場合、さらっと流していただけると幸いです。
分からない点がありましたら、遠慮なく質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-06-11.Sun 23:17
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2006-06-11.Sun 23:18
こんばんは(^^)

>骨折り損のくたびれ儲け親爺さん<

分かりやすい解説、ありがとうございます(^^)
大変シンプルにまとめられましたね。
私が書いたら、2~3倍は文字数が要ると思います。

税法や社会保険制度などに賢くなって、
世の中を強く生きたいですね。
ともに学んでいきましょう(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-06-11.Sun 23:26
管理人のみ閲覧にて投稿されたコメントですが、
「秘密にする」欄へ誤ってレ点チェックなさったものと判断して、
コメントを転記いたします。(こやまぞん)

投稿者:よっしー
投稿日時:2006-06-11.Sun 23:17

骨折り損のくたびれ儲け親爺さん、詳しい解説ありがとうございます。
色々勉強になります。

私の場合、③の第二表の住民税・事業税に関する事項の欄にの株式など譲渡所得割額控除額の欄に記入を忘れていたようです。
①、②の条件は満たしています。
(配当所得なし)

今回請求されている住民税は、源泉徴収時に徴収された住民税だけでは不足しており、その不足分を請求されているということになるのでしょうか?

それとも第二表に記入を忘れて、勘違いで2重取りされているという可能性もあるのでしょうか?
株式売買時にも徴収されて、何故再度徴収されなければならないのか、疑問に感じてしまいます。
源泉徴収あり、を選択して損した気分です。

今年初めて確定申告をしたもので、知識が浅かったと後悔しております。
私ももう少し勉強してみようと思います。
明日、区役所のほうにも問い合わせてみます。

どうもありがとうございました。
URL|よっしー様(こやまぞん転記) #OC4g.gt.[ 編集]

再度失礼します

2006-06-11.Sun 23:50
骨折り損のくたびれ儲け親爺さん、管理人様、詳細な解説をありがとうございます。説明が少なくて申し訳ありません。

給与所得以外に株式等譲渡所得があって、定率減税を受けるために確定申告を行い、還付金は無事受け取りました。

ただ、骨折り損のくたびれ儲け親爺さんのおっしゃる、
③確定申告時、確定申告書Bの第二表の住民税・事業税に関する事項の株式等譲渡所得割額控除額に源泉徴収された住民税額を記載していること。
の記入を忘れていました。
売買したのは上場株式のみで、配当所得はありませんので、①②は満たしています。
申告内容は給与所得と、株式売買益のみです。

この③の記入を忘れた為に、住民税が二重取りされている、という可能性はないのでしょうか?
株式売買時にも徴収され、再度徴収されるのが、どうも疑問です。
特定口座の源泉徴収あり、を選択した意味も、確定申告した意味もなくなってしまいます。

それとも、源泉徴収時に徴収された住民税だけでは不足しており、今回、不足分が請求された、ということになるのでしょうか?

>また、株式等譲渡所得を考慮する前の時点で、住民税での課税所得が
>3,667,000円以上になっている場合は、
>住民税での定率減税枠を使い切っていますので、減税効果は期待できません。

株式譲渡所得が700万ほどあります。
それで、確定申告をして所得税の還付金を受け取ったために、今回の住民税の請求がきたことも考えられるかもしれません。

確定申告書Bの給与所得以外の住民税の徴収方法の欄については、
「給与所得以外」の住民税の徴収方法ですので、
私のパターンだと、給与所得の住民税は給与からの天引きであり、関係ないという認識だったのですが、間違っていたのでしょうか?
株式売買益の住民税は売買時に源泉徴収されているので関係ないという認識でした。
(一般口座や、特定口座の源泉徴収なしを選択された方のみに関係あるのかという認識でした)

今年初めて、確定申告を行ったもので、知識不足に後悔しております。
もっと勉強しなくてはいけませんね。
明日にでも区役所にも問い合わせてみます。
ご親切に解説して頂いて、本当にありがとうございました。
また、結果を報告させて頂きます。




URL|よっしー #-[ 編集]

何度もすいません

2006-06-11.Sun 23:52
管理人様の解説を見る前に、返信してしまった上に、
「秘密にする」にチェックしてしまったため再度送信させて頂きました。

失礼いたしました。
URL|よっしー #-[ 編集]

2006-06-12.Mon 00:09
こんばんは(^^)

>よっしーさん<

ほぼ同じタイミングで書き込みしていますね。
先ほどのコメント、私のみ閲覧できる状態では話が繋がらないため、
転記にて公開いたしました。
やはりチェックミスでしたか。

申告内容(金額など)はともかくとして、状況は大体分かりました。

所得税の還付は無事に受けられているので、
第一表と第三表は正しく作成されているものと思われます。

>この③の記入を忘れた為に、住民税が二重取りされている、
>という可能性はないのでしょうか?
>株式売買時にも徴収され、再度徴収されるのが、どうも疑問です。
>特定口座の源泉徴収あり、を選択した意味も、
>確定申告した意味もなくなってしまいます。
>
>それとも、源泉徴収時に徴収された住民税だけでは不足しており、
>今回、不足分が請求された、ということになるのでしょうか

よっしーさんのケースでは、3%の天引き分が盛り込まれていない形で
課税されているとお見受けします。
まさに、二重取りされようとしている状況です。
徴収金額が不足しているということは考えられません。
(源泉徴収なしでの売買益も申告していれば、話は変わります)

手元に申告書控を用意したうえで、
どのような判断や基準で課税されているか、区役所へ問い合わせて、
対応策を相談なさるのが良いと思います。
頑張りどころですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ガンバレ、よっしーさん

2006-06-12.Mon 00:28
こんばんは、よっしーさん。

骨折り損のくたびれ儲け親爺と申します。
おせっかいかも知れませんが、追加投稿させていただきます。

>私の場合、③の第二表の住民税・事業税に関する事項の欄にの株式など譲
>渡所得割額控除額の欄に記入を忘れていたようです。
とのことですので
第二表に記入を忘れた為に、住民税が二重取りされようとしている、にほぼ間違いないと思います。

株式譲渡所得にかかる住民税は分離課税ですので、株式譲渡所得がいくら高額であっても給与所得の住民税率があがることはないと思います。
また、所得税の還付金は、とられ過ぎていた所得税を返してもらっただけですので所得が増えた訳ではありません。したがって、所得税の還付金を受け取ったために、住民税が多くなるということは考えられません。

よっしーさんの場合は、確定申告時に第二表の住民税・事業税に関する事項の記載を誤られたようですから、確定申告時の誤りを理由に
「更正の請求」
をなさってはいかがでしょうか。
確定申告時の受付控えを持って税務署へ行けば手続きの方法を教えてくれると思います。ただ、(還付にかかわる)更正の請求は、申告書を提出した日から1年以内に行う必要があるので早目に税務署に相談に行かれることをお勧めします。

税金の二重払いなんてバカバカしいですものね。

確定申告書Bの給与所得以外の住民税の徴収方法の選択欄は、追加徴収が想定さる場合でも還付が想定される場合でも、「自分で納付(普通徴収)」を選択される方がよいと思います。特別徴収を選択すると給与以外の所得が勤務先に通知されますし、確定申告の住民税への影響が見えにくくなると思いますので。
URL|骨折り損のくたびれ儲け親爺 #kK9DzL9s[ 編集]

2006-06-12.Mon 01:22
こんばんは(^^)

>骨折り損のくたびれ儲け親爺さん<

たびたび登場いただき、ありがとうございます(^^)

株式等譲渡所得は分離課税で、総合所得とは全く切り離されて税額が計算されますね。
所得税の還付ですが、納めすぎていたというのは語弊があるかと…。
申告しない(源泉徴収のみで終了させる)場合は、
定率減税の対象外のため、天引き額は正当なものです。

「更正の請求」は、目の付け所が、なかなか良いですよ。
ただ、所得税額が変わらない中身だと、請求を受けてもらえません。
むしろ、区役所に特定口座年間取引報告書のコピーを受理してもらうのが
先決だと思います。手元にコピーがなければ、
税務署に相談(お願い)でしょうか。

>給与所得以外の住民税の徴収方法の選択欄
給与所得以外の所得を加味すると減税となる場合、
選択欄の普通徴収にレ点チェックを付けても、
特別徴収(給与天引き)に合算されることを覚悟しましょう。
選択の目的が、給与以外の所得に係る税は、給与以外のサイフから払うことにあります。勤務先に知られないのは、あくまでも副産物なのです。

どの所得に対して税金をいくら払うのか把握することは、
今後の節税を考えるうえで、大変参考になりますね。
素晴らしいことです(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

児童手当と口座の種類について

2006-06-12.Mon 21:09
はじめまして、かずと申します。
私の質問は、以前「けろよんさん」と「りきいしさん」の質問および質問に対する返答と重複している点があることを前提とします。
私は公務員で、先日「児童手当用所得証明書」を職場より提出を求められました。
私は特定口座源泉徴収無しの口座で株取引を行っており、昨年の給与所得と株式譲渡所得を合計すると(所得控除は差し引いています)、新しい所得制限限度額超えます。
なので児童手当はもらえないと認識しています。

そこで質問ですが。
定率減税と児童手当の比較は詳細には行っていないのですが、平成19年からは源泉徴収有りへ変更を検討していました。しかし以前「けろよんさん」への返答で
「証券会社の税額天引きは、税法に沿って行われているので、信用なさって良いと思います。会社にバレないことを最優先するのであれば、証券会社からの天引きにはしないほうが良いです。ただし、儲けが大きすぎると、児童手当支給停止等で不利益を被ることが考えられますので、十分注意しましょう。」
とあります。この「ただし」以下は「源泉徴収無しで確定申告」を行うと、「児童手当支給停止等」の「不利益」が生じると理解して良いでしょうか(職場への課税証明の提出により)?
しかし、源泉徴収有りでは「会社に知られてしまう」ことになるんですよね。
源泉徴収無しで確定申告を行い普通徴収へレ点で今年確定申告を行っていたのですが、児童手当のことはすっかり忘れていて(初めての子供で今年1歳なので)、来年からの口座をどのようにすれば良いか考えています。
また、もちろん職場には知られたくありません。
合わせて「りきいしさん」とのやりとりで、
「株式投資に特定口座や源泉徴収制度、証券保管振替機構(ほふり)があるように、先物取引にも同様の仕組みを導入すれば、取引の活性化だけでなく、業界全体の地位も上がることでしょう。」
「りきいしさん」も職場に知られたくないようでしたが、「源泉徴収有りの特定口座」では職場に知られてしまうんですよね???
「しかし、公務員の場合、職場から児童手当が支給されるため、給与所得以外の所得も把握されるものと覚悟しましょう。」も私は公務員でしたので気になりました・・・(提出を無視しようと思っているのですが)

「源泉徴収無しで確定申告」でも「児童手当支給停止等」の「不利益」が生じるし、「源泉徴収有り」でも職場に知られるし(すなわち「児童手当」にも影響が出る?)、来年は口座をどのようにしようか混乱しています。
職場に知られたくないのであれば、とにかく「源泉徴収無し特定口座で普通徴収へレ点」で、児童手当はそもそもあきらめるべきということでしょうか(「児童手当用所得証明書」は提出しない)?
よくわからないのですが・・・最近株を始めた方々は「源泉徴収有り特定口座」が多いように見受けられます、その方々は全て会社に利益等把握されているということでしょうか?
お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
URL|かず #-[ 編集]

追加です。

2006-06-12.Mon 22:07
文章を加えたかったのですが、できないようなので・・・

私は特別徴収にしない限り職場には知られないと思っていました。なので、源泉徴収有りに変えて、児童手当の所得制限を考慮しながら、還付される金額と児童手当金額を比較して、確定申告を行ったり(合計所得になる)、行わなかったり(総合所得になる)すれば良いかと思っていたのですが・・・

お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
URL|かず #-[ 編集]

ご報告

2006-06-12.Mon 22:46
>管理人様
>骨折り損のくたびれ儲け親爺さん

よっしーです。
昨日は色々アドバイスを頂きまして、有難うございました。

結論から言うと、二重取りでも何でもなく、来期からの住民税(所得割額)の給与天引き分の請求でした。
(来期から給与天引きがなくなる)

区役所の方も、稀なケースだし、処理の仕方がおかしいとおっしゃってました。

私の場合、昨年の給与所得に対する住民税が、約15万なのに対して、
株式売買において源泉徴収された住民税が約21万であり、
しくみはよくわからなかったのですが、
勤務先のほうで、15万ー21万(21万は先払いしていたという扱いらしいです)
という計算をしているようで、所得割額の部分がマイナスになっており、
来期、給与から天引きされる住民税が均等割額の4000円のみになっていました。(所得割額の部分はゼロ)
しかし、実際にかかる住民税は約14万であり、14万ー4000円が今回請求されたということです。
しかも、特別徴収、普通徴収の欄にチェックを入れていかなかったので、自宅のほうへの請求になったようです。
(住民税の減税(定率減税分の還付?)もされていました)
結局、株式売買益に対して源泉徴収された住民税の定率減税の還付分が、昨年の給与所得に対する住民税から引かれた、という形になるのでしょうか・・。

二重取りでないことにホットしたことより、勤務先に知れてるんだというショックのほうが大きかったですが(笑)ひとまず安心できました。
管理人様のおっしゃるとおり、確定申告によって減税になる場合は、勤務先にバレないようにする方法はないようです。ただ、普通徴収のほうがわかりにくいようです。
こんなややこしい計算方法をとらなくても、還付分だけを還付するようにすれば、お互い楽だと思うのですが…。

記入を忘れていた、
③確定申告時、確定申告書Bの第二表の住民税・事業税に関する事項の株式等譲渡所得割額控除額に源泉徴収された住民税額を記載していること。
についてですが、金額の記入を忘れていることは問題ではなかったです。
金額に関する記入漏れは、確定申告時に添付する、源泉徴収表や年間取引報告書を見て、区役所のほうで訂正記入してくれるそうです。
また、年間取引報告書のコピーも保管されていました。

騒ぎ立てておきながら、単純な結果になりまして申し訳ないです。
色々、ご教授いただいて勉強になりました。本当に有難うございました。
これからもこのサイトを参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

URL|よっしー #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-06-13.Tue 14:52
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2006-06-15.Thu 00:23
こんばんは(^^)

>かずさん<

はじめまして(^^)
お子様が生まれて、幸せいっぱいでしょうか。
社会保障制度のことなど、いろいろ考えることがありますね。

かずさんは公務員で、児童手当用所得証明書の提出が必要。
通常、株式等譲渡所得は、確定申告が必要です。
申告することで、児童手当の判定にも影響します。

株式売買の利益が児童手当支給に影響しないようにするには、
「特定口座・源泉徴収あり」で取引して、
利益が出ても確定申告せず、源泉徴収のみで終了させるのが有効です。
これに尽きます。
来年は取引口座を「源泉徴収あり」に切り替えるのが良いと思います。
さらに、状況次第では別の証券会社に「源泉徴収あり」の新規口座を開設して、保有株を移管することも視野に入れておきましょう。

けろよんさんのケースは、かなり特殊と言えます。
というのも、優先事項は会社に知られないことのみで、その一点を叶えるためなら申告所得が増加しても構わないと覚悟を決めているからです。
給与所得のみである場合と比較して、株の利益を申告すると住民税額が増える状況を作り出し、給与所得以外の所得は普通徴収(納付書払いまたは口座引き落とし、課税通知書は自宅へ届く)となるように調整しようと考えているのです。

りきいしさんへのコメントは、かずさんにもあてはまる説明が多いことと思います。
ぜひ参考にしてください(^^)

>源泉徴収有りに変えて、児童手当の所得制限を考慮しながら、
>還付される金額と児童手当金額を比較して、確定申告を
>行ったり(合計所得になる)、行わなかったり(総合所得になる)
>すれば良いかと思っていたのですが・・・

いい線いってますよ(^^)
健康保険や共済年金の保険料は、標準報酬月額によって決まりますので、給与所得以外は影響しません。
そのため、保育園の保育料等の影響が微小であれば、児童手当の支給基準を下回る範囲内で確定申告するという選択肢もあります。

通常は、源泉徴収のみで終了させることで、市町村の課税に全く反映されない方法を優先します。
この作戦なら、どんなに大きな利益を得ても、申告所得が全く増えないため、どんな形で出るか読み切れない影響を、未然に防ぐことができるからです。

分からない点がありましたら、遠慮なく質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-06-15.Thu 01:02
こんばんは(^^)

>よっしーさん<

住民税3%部分が課税に反映されていて、一安心ですね(^^)

よっしーさんのようなケースでは、
平成18年度の住民税14万円(所得割と均等割の合計)を
特別徴収(勤務先から天引き)として課税するのが一般的です。

申告所得が増えることによる弊害を覚悟のうえで、とにかく会社に株利益を知られないことを優先するなら、
当記事内にある「けろよんさん」の事例が参考になりますよ。

>金額に関する記入漏れは、確定申告時に添付する、
>源泉徴収表や年間取引報告書を見て、
>区役所のほうで訂正記入してくれるそうです。
>また、年間取引報告書のコピーも保管されていました。

その作業は、私も以前の配属先で行いました。
所得税は申告納税であるのに対して、
住民税は申告の有無に関わらず前年の所得に対して賦課するため、
課税資料は最善を尽くして集めます。
ただ、住民税の申告欄にもご自身で記入いただくのが、トラブルを未然に防ぐ最善策だと言えるでしょう。
前回のコメントでは、言葉が足りませんでしたね。

今回いろいろ学んだことで、後々に役立つと思います。
経験は身に付きますからね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-06-15.Thu 01:45
こんばんは(^^)

>- さん<

保険金に関するご質問ですね。
メールアドレスの記載がない状況での「秘密にする」投稿なので、
こちらのコメント欄で回答いたします。

まずは、医療費控除との兼ね合い。
基本的には「医療費を補てんする保険金等」に該当する可能性が高いです。
しかし、給付金の性質によっては、該当しません(※)。
コメントの文面では、どちらとも判断が付かない状況です。
万全を期すのであれば、保険会社や税務署へ確認するのが良いです。
※死亡したこと、重度障害となったこと、療養のため労務に服することができなくなったことなどに基因して支払を受ける保険金、損害賠償金等は、医療費を補てんする保険金等に該当しません。

契約者(=保険料支払者)はお姉様で、保険金の受取人はお母様とのこと。
受け取った保険金は、贈与税の対象です。
お姉様からお母様への贈与がなされた、という意味です。
もっとも、お母様が受け取る贈与(受贈)が年間110万円以内であれば、贈与税は非課税です。

もし、支払われた保険金の全額をお母様の口座からお姉様の口座へ振り込みますと、
保険契約による(お姉様からお母様への)贈与と、
口座振込による(お母様からお姉様への)贈与が
二本立てで行われていることになります。
すでに支払われた保険金と、半年後の生存祝い金が110万円を越えるのであれば、
お姉様への振込みは今年と来年に分ける方法を検討しましょう。

なお、贈与の事実を税務署に周知させるため、110万円を超える贈与を行い、贈与税の申告・納税を行うという方法もあります。贈与税の税率は、100万円までは10%。
仮に120万円の贈与を行うと、非課税枠110万円を超えた10万円に対し、10%の1万円が贈与税となります。

保険金と生存祝い金の合計が110万円以内であれば、
贈与税は気にしなくても問題ないと思われます。
正式な判断が必要な場合は、保険会社や税務署で判断を仰いでください。
私のコメントは、あくまでも参考ということで。
回答が意向に沿っていれば幸いに思います(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-06-15.Thu 12:38
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

ありがとうございました。

2006-06-15.Thu 23:36
管理人様

御返答ありがとうございます。
アドバイス通りにしようと思います。
「保育園の保育料」も今後は気をつけなくてはいけないですね、今までは気にもしていなかったので(^-^;)
実は源泉徴収有りの口座もいくつかあるのですが、昨年は地合に恵まれて、源泉徴収無しの口座だけでも制限所得を超えてしまったのです・・・
口座間で資金移動をする予定です。

最後に1つお伺いしますが、けろよんさんも気にされていました、「源泉徴収有り特定口座」では職場には知られる事は無いと考えてよろしいのでしょうか?
URL|かず #-[ 編集]

役所からのおたずね文書の対応

2006-06-18.Sun 13:01
管理人様 こんにちは。
初めて書き込みさせて頂きます。
個人投資家に専念して3年目に入りました。

昨年、かなりの株利益が出たのですが、証券会社では「特定口座の源泉徴収あり」を選択しており、今年の確定申告は行いませんでした。

先日、役所から「税金についてのおたずね回答」事項が届き、記入して提出せよということになりました。
内容は、以下のものです。
①すでに申告書を提出されたか?
②前年中に所得がなかったか?
③所得があった場合は何の所得か?

ここで質問なのですが、株利益も所得として、ここで申告したほうがよいのかということです。確定申告はしなかったのにここで申告すると国保の保険料も変わってしまうのでしょうか?

役所に正直に相談していいものか悩んでます。
URL|けーすけ #-[ 編集]

2006-06-18.Sun 20:28
こんばんは(^^)

>かずさん<

理解が進んできたようですね(^^)

株式等譲渡所得を職場に知られないためには、
・源泉徴収ありで取引して、利益の出た年は申告しない
 (源泉徴収のみで終了する)のが万全の方法です。
 これなら、市町村も所得を把握しないからです。
・かずさんは公務員で、児童手当支給の判定を受ける立場なので、源泉徴収しない口座での取引は勧めません。利益が出れば申告が必要だからです。

「源泉徴収あり特定口座」で職場に知られないのは、
その譲渡益を源泉徴収のみで終了させているからです。
確定申告すれば、その状況次第ということになります。

そのため、源泉徴収なしの口座で含み益が多い株を保有していましたら、
他社の源泉徴収あり特定口座へ移管することも考えるのが良いと思います。

また、含み益の確定売りをする年は、塩漬けの含み損も確定させて、
その年の譲渡益を減らすということも、活用したいところです。

いろいろややこしくて、スミマセン。
税金や社会保険は、奥が深いですよ(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

Re:役所からのおたずね文書の対応

2006-06-18.Sun 21:39
こんばんは(^^)

>けーすけさん<

初めまして(^^)
個人投資家に専念なさっているとのことで、
ここ最近の下げ相場は心臓にわるかったことでしょう。
それとも、押し目買いが成功したでしょうか。

役所からの文書は「未申告調査」だと思います。
未申告のままですと、
国保や介護保険で軽減措置を受けられなかったり、
国民年金の免除や保育園の保育料算定などに影響が出てきます。
そのため、未申告状態は解消するべきです。

けーすけさんの昨年の所得が、仮に
・「源泉徴収ありの特定口座」による株式等譲渡所得
・配当所得
の2種類であれば、いずれも申告は不要です。
そのため、平成17年分は所得0円であるとして住民税申告することが可能です。

ただ、申告の仕方によっては、所得が増える副作用より、
所得税や住民税の還付を受ける効果のほうが大きい場合があります。
詳しくは当サイトの関連記事をお読みいただき、
分からない点がありましたら遠慮なく質問してください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-06-19.Mon 00:42
管理人様

御返答ありがとうございます。
けろよんさんとのやり取りで少し混乱してしまいましたが、やはり「源泉徴収有り特定口座」で確定申告をしなければ、市町村にも職場にも知られないと言うことでよろしいようですね。
これまではずっとそのように理解していたつもりでしたが(そう信じていましたが、実は知らないところで把握されているのかと思ってしまいました・・・)、これでさらにすっきりしました。
しかし子供が生まれると、児童手当や保育園の保育料等、直面しないと、気づかない点が出てきますね・・・

最後に、今後も本サイトはちょくちょく閲覧予定です。暑くなりましたが、管理人様もお体を大切に、仕事にブログ管理に頑張って下さいね。
URL|かず #-[ 編集]

2006-06-19.Mon 00:54
こんばんは(^^)

>かずさん<

疑問が解決しましたね(^^)

最近はあまり記事を更新していないけれども、
コメントの1件ずつが記事に匹敵する中身の濃さで書いていますので、
これからも、ちょくちょく閲覧してください。

お互い、充実した生活を送りましょう(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

Re:役所からのおたずね文書の対応

2006-06-19.Mon 11:30
管理人様

早速のご回答ありがとうございました。

所得0円で申告してみます。

>ここ最近の下げ相場は心臓にわるかったことでしょう。
>それとも、押し目買いが成功したでしょうか。

ご心配頂き、大変恐縮です。
今年の場合は、・・・。
どうやら、譲渡損の繰り越し申告を行うことになりそうです。

また、これからも色々と閲覧させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
URL|けーすけ #-[ 編集]

2006-06-21.Wed 00:27
こんばんは(^^)

>けーすけさん<

所得0円で、住民税申告なさるのですね。
間違いのない選択だと思います(^^)

今年はまだ半分足らずしか終わっていませんよ。
日本企業の業績は底堅いので、粘り強く値上がりを待ちたいところです。

これからも気軽にお越しくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-06-22.Thu 06:43
 こやまぞんさんおはようございます。いつも質問には親切丁寧にお答えくださって感謝しております。退職するにもいろいろ考えること多くて勉強になります。
 いまの世の中こやまぞんさんのような方がそばにいらっしゃらなくてもネットで相談できるいい世の中になったものだと思います。それだけではないですが・・・・・・。
 又何かありましたら、よろしくお願い致します。   
URL|りんりん #-[ 編集]

2006-06-22.Thu 22:09
こんばんは(^^)

>りんりんさん<

どういたしまして(^^)

ご質問や相談をいただくと、その答えとだけでなく、関連することにも気が付くんです。
幅広く知っているのが、ファイナンシャル・プランナーの強みです。

困ったことや疑問がありましたら、これからも遠慮なく尋ねてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-08-14.Mon 15:06
はじめまして、私は公務員ですが、最近FXを始めようと考えています。
FXによる年間の収入額が20万円を越えた場合、課税対象となり確定申告をする必要がありますが、公務員の兼業兼職禁止規定に反することになるのでしょうか。投資の先輩として、アドバイスをいただけたら幸いです。
URL|ゆうやん #-[ 編集]

2006-08-17.Thu 20:58
こんばんは(^^)

>ゆうやんさん

はじめまして(^^)
レス遅くなりました。

FXを検討なさっているのですね。
為替取引自体は兼業でも兼職でもありませんので、
禁止されていないと考えて差し支えないのではないでしょうか。
もちろん、勤務時間中は仕事に専念するのが前提です。

給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下の場合、確定申告しなくてもよいことになっています。
これは、確定申告の簡素化を目指しているものです。
何らかの事情で確定申告する場合は、FXの利益が20万円以下であっても、確定申告に盛り込む必要があります。
また、地方税法上は1円でも利益があれば、住民税申告が必要です。

税金に関することを知らずに投資すると、思わぬしっぺ返しを受けることがあります。
ちまたの「儲かる」たぐいの本には書いていないこと(特に税金のこと)を、
当ブログでは網羅しているつもりです。
いろいろお読みいただいて、分からない点が出てきたら遠慮なく聞いてくださいね(^O^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-08-19.Sat 18:34
こんばんは(^^)

レスありがうございました!
ひとまず、ホッと一安心できました。。

もちろん、勤務時間外に自宅で取り引きします。

年20万円以上の雑所得が出る可能性もあるようなので、税金の勉強のため貴HPを大いに参考にさせていただきまたいと思います。(ちなみに年20万を越えて確定申告しても、兼業兼職は問われませんよね?)

今後とも、一層の内容充実を期待しています!
URL|ゆうやん #-[ 編集]

2006-08-19.Sat 22:28
こんばんは(^^)

>ゆうやんさん<

FX取引が兼業兼職に触れることはまずないと知って、安心したようですね(^^)

FXでの利益は、先物取引に係る雑所得として、
分離課税(所得税7%、住民税3%)になります。
給与所得は総合課税であるのに対し、分離課税は総合課税とは切り離して税額を計算します。

FXを取り扱う業者は様々ですが、信頼できる会社を選びましょう。
また、リスクの大きい取引なので、余裕資金で運用し、資金の一部でポジションを取るように心がけましょう。

実りある投資ができると、いいですね。
健闘を祈ります(^O^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

総合課税では?

2006-08-21.Mon 21:38
こんばんは。
いつも、レスをありがとうございます。

私もFXについての税金を調べてみました。すると、証券会社のHPに「外国為替保証金取引における税金は雑所得扱いとなり総合課税されますので、1月から12月までの年間 雑所得を算出し(手数料等は控除項目となります)、他の所得と合算した総所得を翌年に確定申告して税金 を納める必要があります。」という文言を見つけました。これによると、総合課税のため、職場にどれだけの雑所得があったか知れることになります。この雑所得があまり多いと、兼業兼職規定に抵触する?っと、またまた心配性ぶりを発揮し始めてしまいました。
こやまぞんさんの専門から少し離れてしまう様な質問かも知れませんが、知識が有れば是非教えていただきたいと思います!(^^)!
URL|ゆうやん #-[ 編集]

2006-08-21.Mon 22:49
こんばんは(^^)

>ゆうやんさん<

まず最初に、お詫びと訂正から。
前回コメントするときに、しっかり調べておけば良かったと反省しています。

>FXでの利益は、先物取引に係る雑所得として、
>分離課税(所得税7%、住民税3%)になります。
>給与所得は総合課税であるのに対し、
>分離課税は総合課税とは切り離して税額を計算します。

税率の間違いがあるのですが、そもそも税制が2本立てになっています。
間違いに、説明不足。申し訳ありません。

取引所を通じた為替取引(いわゆる「くりっく365」は、申告分離課税により、
所得税15%・住民税5%の税金がかかります。
年間を通じた取引結果が損だった場合は、確定申告することにより、
3年間の繰越損失(利益との相殺)が認められます。

非取引所取引によるFXは、総合所得の雑所得となり、総合課税となります。
所得水準が高い人ほど、高率の所得税と住民税を負担することになります。
(最高税率は、所得税37%・住民税13%)
年間の取引結果がマイナスだったとしても、繰越損失は認められません。
ただし、他に雑所得がある場合は、同じ雑所得同士でプラスとマイナスを相殺できます。(内部通算といいます)

東京金融先物取引所の下記ページが参考になります。
http://www.click365.jp/click365/index02.shtml

どちらにしても、利益が出れば何らかの申告が必要であり、所得は職場に知られます。
くりっく365は税法上有利な面が多いですが、「先物取引」であることが知られます。

ちなみに、短期勝負で行くなら、手数料が安いFXが有利かと思います。
しかし、中長期的に外貨ポジションを持つなら、税法も視野に入れて、
外貨建てMMFや外国債券にする方法もあります。

iFinanceの下記ページが参考になります。
http://www.ifinance.ne.jp/learn/currency/crb_6.htm

いろいろ知ると、かえって身動きが取れなくなるかも知れませんが、
後で痛い思いをするよりは、先に考えておきましょう。
最初は少ない資金で、無理なく「実地訓練」を積んでくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

公務員のFXについて

2006-08-23.Wed 12:40
はじめまして,私地方公務員をやっておるものです。
FXをくりっく365で行っておりますので,いくら儲けても20%になります。
しかし,くりっく以外の会社での取引を行いたいのですが,税金のことがありできない状況です。
よく,会社を設立して節税対策を行う方法は紹介されていますが,公務員にはできない方法ですよね。
公務員の為の節税方法をぜひご教示くださればと思います。
よろしくお願いします。
URL|との #-[ 編集]

Re:公務員のFXについて

2006-08-26.Sat 22:14
こんばんは(^^)

>とのさん<

初めまして(^^)
なかなかの積極運用派ですね。

三日三晩考えたのですが、
公務員の為の節税方法は見当たらなかったです。

ですが、一般論として思いついた方法を2つ紹介しましょう。

1つ目は、家族の誰か(例えば民間企業勤務の妻)に
個人事業として取引してもらうことです。とのさんが思った通りに売買してもらってください。
ただし、税法上の扶養家族、健康保険上の被扶養者だと大変都合がわるいので、避けましょう。

2つ目は、利益の多い年に、あえてポジションを両建てして、年末に損失ポジションを反対売買して、利益部分は翌年に持ち越す方法です。
年末年始の値動きで誤差が生じるのが不安であれば、反対売買の直後に再度両建てして年を越すことも可能かと思います。
これは小手先の対応に過ぎないだけでなく、手数料負担や資金拘束が発生します。両建てを組ませてくれない会社もあるかと思います。活用は慎重に。

こうして考えると、株式投資の特定口座「源泉徴収制度」の
使い勝手が良い点が、浮かび上がってきます。

参考になりましたでしょうか。
さらなる疑問が沸きましたら、遠慮なく聞いてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #IIiMY/qg[ 編集]

ご回答ありがとうございます

2006-08-29.Tue 19:50
そうですね、株取引はとても恵まれていますね。
FXで20pips取っても手数料・スプレッドで5pipsは最低とられますからね。
そこで、手数料無料で低スプレッド業者となるとクリックでは無理なんですよね。
せっかく、目の前に利益を上げられる場がありながらとてもむずがゆい感じです。
家族に会社を設立してもらい、その会社の株式の90%を自分に10%を他人にして、会社の利益を株式配当ってゆうのはどうですかね。
まあ、当分くりっくで値幅をとる取引しかないですかね。
URL|との #-[ 編集]

Re:ご回答ありがとうございます

2006-08-29.Tue 21:59
こんばんは(^^)

>とのさん<

FX取引に関しては、節税のために大掛かりな仕組みにするほど、
・共済組合の短期給付(健康保険)の被扶養者になれなくなる
・帳簿管理しなければならなくなる
・会社設立には法務局への登記が必要になる
などのデメリットや手間が発生します。

お勧めするわけではありませんが、原稿料収入などの雑収入を得つつ、収入額を超える経費でマイナスの雑所得を出すという方法もあります。
総合課税によるプラスの雑所得(取引所外取引のFXがあたります)と
マイナスの雑所得は、相殺できるのです(「内部通算」と言います)。
もっとも、雑所得のマイナスをわざわざ発生させている点が大変不自然なので、疑念を吹き払うだけの完璧な申告をしなければなりません。

FXに関しては、ご自身の名義で完結させるのが賢明だと思います。
とのさんの投資生活が、実り多いことを願います(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

Re:公務員のFXについて

2006-08-30.Wed 23:49
こんばんは。
一週間ぶりの登場です。前回は、こやまぞんさんから有益な情報をいただき、感謝しております。
この一週間、自分なりにFXや税金について調べてみました。その結果、FXをすること自体は、公務員でも問題ないようですが、総合課税なので累進課税の影響をまともに受けてしまう事が欠点であると理解しました。その点、クリック365は20%の税率なので有利な様です。
そこで・・・こやまぞんさんに、このような認識で良いのかお聞きしたいと思います。また、とのさんの書き込みで、「くりっく以外の会社での取引を行いたいのですが,税金のことがありできない状況です。」とありましたが、それは課税対象額が増えることによって生じる不都合を危惧されているからでしょうか。それとも、公務員特有の事情により、FXはできないということでしょうか。
自分名義で完結させる事を前提にFXの口座開設はとりあえずしてあるのですが、今改めて検討中です。御指南よろしくお願いいたします。
URL|ゆうやん #-[ 編集]

2006-08-31.Thu 19:58
ゆうやんさん、こんばんは。
私が気にしているのは、単に税金の問題です。ご存知のとおり、FXによる所得(くりっく以外での)は雑所得になりその他の所得と合算され最大で税率が50%になることです。(細かい表現は間違っているかも)
公務員であってもFXで利益を上げることは何も問題はありませんよ。
公務員特有の問題は、会社を起こして節税対策をすることができないことですね。
まあ、税金のことを気にするくらい利益を上げられることが前提の会話ですけど。
自分の経験上、株式並みに利益を上げようとするなら、当然税金のことは考えなくてはいけないぐらいにはなりますので、投稿させてもらいました。
それとFXにおける手数料は高すぎです。やはり、無料のところで取引したいです。
また、お互い他のことについても情報交換しましょうね。

URL|との #-[ 編集]

なるほど

2006-09-01.Fri 23:10
とのさん、こんばんは。
税金の観点からFXでの取引を行っていなかったのですね。ホット一安心です。ありがとうございました。それにしても、節税対策は奥が深いものですねぇ。
これからも情報交換よろしくお願いします。
URL|ゆうやん #-[ 編集]

2006-09-02.Sat 22:10
こんばんは(^^)


>ゆうやんさん<

登場遅くなりました(^^;

FXは24時間取引できたり、レバレッジ効果が大きい反面、
株式投資ほど税制が整備されていなくて、税率も高いですね。

あくまでも、株式投資とFXは全く別のものなので、
為替の世界に身を乗り出すのも面白いと思います。
くれぐれも、余裕資金で無理なく運用してくださいね。
これからも気軽にお越しください(^_^)


>とのさん<

ご回答いただき、ありがとうございます(^^)
同じことを考える人が交流するって、いいことですね。
そういう場になれるよう、運営していきます。
これからも気軽に来てください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-09-04.Mon 19:35
こやまぞんさん、こんばんは。
FPらしく、かなり税制にお詳しいようですね。
また、分からないことがあったらお聞きします。
数あるブログの中で有益なものは少ないと思います。これから、いっそう当ブログが発展されることを応援いたします。
ありがとうございます。
URL|との #-[ 編集]

2006-09-05.Tue 06:57
おはようございます(^^)

>とのさん<

どういたしまして(^^)

FPと税制は、関わりが深いので、それなりに学んでいます。
皆様から質問をいただくお陰で、相談室のようなブログになることができました。

これからも気軽に来てくださいね(^^)
URL|こやまぞん #IIiMY/qg[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-11-04.Sat 01:45
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-11-04.Sat 10:33
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2006-11-07.Tue 18:00
こやまぞんさん、御丁寧なメール有難うございました。
自分なりに調べもして、納得がいきました。

今のポジを決済して、33%ラインか、高額医療費とかの控除がありますので、(もしかしたら30%ラインで調整できるかもしれません)ことにしました

証券会社を変えて、また、出直して頑張ります
でも、株は10%なのにFXは厳しいですね
税金も保険料も家賃も、儲けからくる副産物、有難く受け止めます

本当に感謝いたします、いい勉強になりました。
わかりやすい言葉で嬉しかったです
URL|野生 #-[ 編集]

2006-11-07.Tue 21:04
こんばんは(^^)

>野生さん<

どういたしまして(^^)

医療費控除は、最大200万円受けることができます。
もちろん、それとは別に、生命保険料控除や社会保険料控除も受けられます(^^)

税金のこと、社会保険のこと、いろいろなことが、
社会の仕組みとなっています。

不意に大きな所得を手にすると、思わぬ影響が出てきます。
しかし、何が起こりうるか、先取りして知っておけば、対策を考えられるものです。

ご自身で調べたことで、理解が深まりましたね。
その手助けができて、嬉しく思います。
これからも、分からないことがあったら、気軽に聞いてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

1/2(その他取引費用)特定口座と一般口座/源泉徴収有りと無し

2006-01-08.Sun 14:19|夢太郎の現実~借金で信用株取引・IPO
今年の3月は自分にとって一つの節目にあると考えています。その理由の一つは、言わずもがなですが多くの銘柄の値動きが激しくなるからです。(配当や株主優待の権利確定や、決算確定のための業績動向をにらんだ駆け引きの期間ともいえます)そしてもう一つは確定申告。....

特定口座・源泉徴収

2006-03-10.Fri 19:05|脱・賃貸(=^^=)…いつかは猫屋敷建立ニャ!?…
今朝、松井証券の口座開設問合せ窓口に電話しました。 選択迷い中の「特定口座の源泉徴収ありor源泉徴収なし」について。 でも…明確な回答はいただけなかった様な… 電話口の方も「少々お待ち下さい」の連続だったしf^_^; なんだかよく分からなかったです。 結局、朝からネ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。