FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康保険の「扶養」と税金面の「扶養」は全く別

2005.11.20.Sun
家族を扶養している(生活費を負担している)と、
所得税や住民税で優遇されたり、
健康保険(サラリーマンが加入している保険制度)の
保険料の家族分を負担なしにしてもらえたりします。

扶養される側(被扶養者)にとっても、
自分で健康保険に加入する(保険料を負担する)
必要がありません。さらに、サラリーマン(厚生年金加入)の
配偶者で、20歳以上60歳未満なら、国民年金の保険料も
負担せずに済みます(国民年金第3号被保険者と言います)。

多く見受けられる勘違いが、「扶養」の考え方です。

所得税や住民税では、被扶養者となるには、
その人の所得が38万円以内であること、
民法上の親族であることなどが要件です。
給与収入のみの場合は、ある年(対象年1月~12月)の
給与支給額が103万円以内なら、所得額38万円以内です。
なお、雇用保険からの受給金(失業給付や教育訓練給付金など)、
遺族年金、障害年金は非課税なので、
上記の所得にはカウントしません。

これに対し、健康保険の被扶養者になるには、
その人の年間収入が130万円未満
(60歳以上または障害者は180万円未満)で、
被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。
健康保険制度で言う収入には、雇用保険からの受給金、
遺族年金、障害年金も含まれます。

所得税や住民税では「内縁の妻」は扶養にできませんが、
健康保険での扶養者になることは可能です。
法律の違いによるのですが、
ちょっと分かりにくいですよね(^^;

どちらの扶養にする場合にも、公的機関への届出は要りません。
ただし、健康保険の被扶養者にする場合、
収入額を証明するものや、非課税証明書を
提出するケースは多々あります。

事業所によっては、配偶者控除対象の可否によって
扶養手当を支給する場合があります。
所得38万円をオーバーして、手当をカットされるのは手痛いです。

また、配偶者の収入が130万円以上となって、
単独で国民健康保険に加入することになったり、
国民年金保険料(平成17年4月より13,580円)を負担することで、
手取りを大きく擦り減らしてしまう場合も見受けられます。

知らないと大変損をすることになるかも知れません。
賢くなることの第一歩は、知ることですよ(^^)
スポンサーサイト

コメント

2005-11-23.Wed 21:22
先日はアドバイスありがとうございました^^
これからは共働きになるので、とても勉強になりました!
面接の時点で、130万以内で収めてもらえるようにバイト先に言っておいてよかったです。
また、寄らせてもらいますねヾ(=・ω・=)o☆バイバイ☆ヾ(=・ω・=)o
URL|りら #-[ 編集]

2005-11-23.Wed 21:53
こんばんは(^^)

>りらさん<

先日の件は落ち着いて、良かったですね。
こちらも、ホッとしました(^^)

面接の時に、年間130万の話をなさったのですね。GJ!(^^)

ちょっと余計なお世話ですが…。
ご主人の年末調整、今年はしていないことでしょう。
りらさんの今年の収入が、最近始めたバイトの給料のみでしたら、
所得税・住民税で言う扶養になれます。
来年になったら確定申告すると、納めていた所得税がいくらか返ってきたり、
来年度の住民税額が減ると思います。

また立ち寄ってくださいね(^O^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

この業界でも(学校事務職…)

2005-11-25.Fri 00:54
実際、今勤務している業界でも、経験の浅い人たちはこのことをよく間違えます。私も最初は戸惑いました。
また、「内縁の妻」という表現もありますが、これからこのようなケースもどんどん増えていくのでは?と思います。
税金面では控除を受けられないというのも、時代にそぐわないという気がするのも私だけでしょうか?
 世の中の仕組み(いわゆる法律等)を知らないというのは、かなり恐ろしい話ですね!
 いつも分かりやすいアドバイス、有難う御座います。仕事仲間にもこの頁を是非ともご覧になることを薦めているところです。(^^;)
URL|SBM in千葉 V2.07 #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2005-11-25.Fri 15:56
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2005-11-26.Sat 07:38
こんばんは(^^)
昨日は帰宅が遅く、レス遅れました。

>SBM in千葉 V2.07 さん<

扶養に関して、税法では親族であることを要件としておりますが、
健康保険や年金では生活の現況で判断します。
健康保険・公的年金のほうが柔軟であると言えるでしょう。
ただし、遺族年金を受け取る未亡人が、異性と夫婦同然の同棲生活を始めたら、
その異性(内縁の夫)の収入で生計を維持していると判断され、
入籍の事実がなくても、遺族年金の受給権は消滅します。
一長一短ある、ということです。
様々なライフスタイルがありますが、
何も知らずに損するのは手痛いです。
金銭面の有利不利を知ったうえで選択したいものですね(^^)

> - さん<

コメント拝読しました(^^)
近々、新しい記事に盛り込みます。
それまでお待ちくださいね(^O^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2006-01-02.Mon 20:51
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

教えてください!

2006-01-02.Mon 21:01
はじめまして!先ほどメールした内容ですが、閲覧していただいて構いませんので、もう一度書き込みます。
健康保険の被扶養者の年収基準の130万円ですが、売買手数料などの諸経費は引いてからでしょうか?
URL|ひろ #uSp3NaGQ[ 編集]

2006-01-02.Mon 22:58
こんばんは(^^)

>ひろさん<

はじめまして!(^O^)

健康保険で気にするのは、株式等譲渡所得です。つまり、
  所得=収入-費用
のことです。
ちなみに、
 ・売却代金(約定代金)は収入に算入します。
 ・購入代金と購入時の委託手数料(消費税含む)は費用に算入します。
 ・売却時の委託手数料は、収入から差し引きます。

この所得は、一時的な所得として、年収基準から除外してくれる場合があります。
健康保険組合に問い合わせなさることを勧めます。

ぜひ、ご参考にしてください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

さっそくの回答

2006-01-03.Tue 12:14
ありがとうがざいます。ということは、つまり手数料分は引いていいってことですね。
例えば、購入代金100万円、購入時の手数料3,150円(税込み)
    売却代金230万円、手数料3,150円(税込み)
の場合、  230万円-(100万円+3,150円+3,150円)=1,293,700円
ということになって、ギリギリ主人の扶養から外れないですむって事ですよね。
まーここまでの利益は出てはないですが、この先そうなるかもしれないしー!
な~んて多分そう上手くはいかないでしょうが、そうなった時に困らないように色々と勉強しないと!ですね。


 
URL|ひろ #-[ 編集]

2006-01-03.Tue 19:41
こんばんは(^^)

>ひろさん<

株取引で利益が出ているようですね(^^)

>例えば、購入代金100万円、購入時の手数料3,150円(税込み)
>    売却代金230万円、手数料3,150円(税込み)
>の場合、  230万円-(100万円+3,150円+3,150円)=1,293,700円

その通りです(^^)
ひろさん(妻)の所得が38万円を超えると、
ご主人の税金に影響が出ますから、
事前に対策を考えておきましょう。
過去の記事を参考にしてください。
保有株が驚くほど値上がるする場合がありますからね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-01-04.Wed 00:22
お休みのところお返事ありがとうございました。
これからも、こちらのHPで色々と参考にさせていただきしっかりと勉強していきます。
(このコメントへのレスは不要です!)

URL|ひろ #-[ 編集]

2006-01-04.Wed 23:14
こんばんは(^^)

>ひろさん<
レスを付けないと落ち着かないので(^^;
特定口座(源泉徴収口座)を数社の証券会社で開設すると、
いろいろ手を打てるようになりますよ(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

さらに質問が・・・

2006-01-09.Mon 17:53
 こんばんは。こやまぞんさん、レスつけてくださったんですね。
 で、さらに1つ確認させてください。
専業主婦で今は仕事はしていない妹も去年株で利益を
出したとのことなのですが、売却益が小さいのです。 
一般口座で、30,000円と・・・。
この位の額でも、申告ってしたほうがいいのでしょうか?
所得税の方は、税務署の方は「申告しなくていいですよ~。」
と言ってたとの事です。住民税に関しては、給与収入が
なくても、収入が20万円以下でも申告必要、とあったと思うのですが。
この額で住民税が課税される事はないと言ったのですが。
 
URL|ひろ #-[ 編集]

2006-01-09.Mon 22:42
こんばんは(^^)

>ひろさん<

専業主婦の妹さんが、一般口座で3万円の利益ですか。
儲けが20万円以下の場合、一般口座で取引するのは、
確定申告が要らないので賢い方法だと思います(^^)

>所得税の方は、税務署の方は「申告しなくていいですよ~。」
>と言ってたとの事です。

私以外のFPであれば、税務署の方と同じく「申告しなくていい」と答えることでしょう。
専業主婦で所得3万円でしたら、所得税も住民税も発生しません。
地方税法を遵守していただけると、課税部署では仕事量が増える皮肉な結果になります。
が、地方税法に反してもよいと言える立場にはないので…(^^;
そのあたりを汲み取っていただいたうえで、参考にしてください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

了解しました!

2006-01-10.Tue 15:24
 こやまぞんさん!お心汲み取りましたよ。
どのみち、この額では 税金を払う対象にもなってないってことですものね。
 早速、妹に伝えます。
 
URL|ひろ #-[ 編集]

2006-01-11.Wed 07:16
おはようこざいます(^^)

>ひろさん<

お察しいただき、ありがとうございます。
これからも、気軽にコメント寄せてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-03-01.Wed 18:35
幾ら稼いだら、扶養をはずしてもとくになるんでしょうか?
URL|名無し #-[ 編集]

2006-03-02.Thu 07:22
おはようございます(^^)

>名無しさん<

記事の本質を突いてくる質問ですね(^^)

扶養には、税法上の扶養と、健康保険の扶養があります。

税法上の扶養から外れると、今まで扶養あるいは控除対象配偶者していた人の所得控除が減り、所得税・住民税があがります。
(配偶者特別控除を受けられる場合があります)
所得が多くて適用税率が高い人ほど、増税額は大きくなります。

健康保険の扶養の方は、会社や事業所等の健康保険の扶養者となることで、
追加負担なく健康保険を受けられます。
継続的な収入が年130万円以上になると、扶養からはずされて、
ご自身で健康保険に加入することになります。
それだけ保険料負担が発生するのです。

サラリーマンの配偶者で、国民年金第3号被扶養者の場合、
これを外れると、ご自身で国民年金の保険料を毎月払うことになります。
こちらも負担増です。
こういう条件の方は、ひとたび扶養からはずれると、
給与収入103万円を超えて、金銭的にプラスへ持っていくには、
最低でも160万円は給与収入を受けるべきだと思います。

夫婦共働きの家庭には厳しい社会保険制度ですね。
まずは現行制度のなかで、有効な方法を選びましょう。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-03-03.Fri 17:35
ありがとうございます
うちは、某市公務員のため扶養手当が月額14500円あるため、ボーナス分も入れると、200万位稼いでもらわんとってことですか・・・
URL|名無し #-[ 編集]

2006-03-04.Sat 21:52
こんばんは(^^)

>名無しさん<

扶養手当が月額14500円あるのですか。
賞与が5.2か月分として、年間で249,400円。
パートナーの給与収入が103万円を超えると手痛いですね。
知ることがいかに大切か、実感する数字だと思います(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

健康保険の扶養について

2006-03-07.Tue 16:51
はじめまして。教えていただけますでしょうか?私は会社員してます。
16年の7月に入籍したのですが、妻はその時点で仕事を止めましたが、個人事業主であったため、税法上は扶養に現在なっているのですが、健康保険上はまだ扶養ではありませんので
毎月、国民健康保険料金を払っています。国民年金については払ってません(払わなければいけませんが)、年金についても扶養になれば私の厚生年金
でいけると思います。ですので17年度は所得0にも関わらず、所得がない証明がない為、まだ毎月保険料払っているのですが、18年度からは17年度の所得なし証明を取って保険料を払わずにできると思いますが、17年度分は帰ってこないもうどーしようもないんですかね?又、所得0証明は、県税事務所でとれますよね?よろしく御教授お願いします。
URL|技長 #-[ 編集]

教えてください。

2006-03-08.Wed 16:00
私は現在、育児休暇中です。子どもの扶養(税の関係上)をどちらにしようか考えています。健康保険は、主人の会社です。所得は普通に働き出せば、若干主人の方が多いかなぁ程度です。 が、家を建てまして、ローン控除も絡んでくるんですよね。昨年、子どもが生まれ、とりあえず主人の扶養に入れていたのですが、年末調整をしたときに、主人名義でしかローンを借りられなかったことを知り、ショック。2倍返ってくると思ったのに・・・。ならば、次に考えたのは、子どもの扶養を私に入れること。そしたら、私の税金は安くなり、主人の方は戻ってくるのかしら・・・と。
でも、今の状態で職場に(公務員なんですが)「子どもの扶養、私に入れてほしい」て言ったらしてもらえますかね・・・。ちなみに、育児休暇は1年半の予定なのですが。いかがでしょう。なんか、文章下手でごめんなさい。
URL|だいだい #-[ 編集]

2006-03-08.Wed 16:09
はじめまして。色々,見ていましたが,難しいので、教えてください。主人は普通の会社に勤めるサラリーマンです。子供も保育園に通うようになりパートに出ています。サラリーマンだと私が健康保険の扶養の範囲130万以内の給与収入だと損という事でしょうか?103万を超えるなら160万まで働かないとプラスにならないと言うことなのでしょうか?教えてください。。
URL|なお #-[ 編集]

2006-03-11.Sat 20:58
こんばんは(^^)

>技長さん<

はじめまして(^^)

回答大変お待たせいたしました。
最近は早起き作戦も不発なのです。

技長さんのパートナーに関する、国民健康保険と国民年金のことですね。
健康保険の扶養に入れてもらえるかどうか、
技長さんが所属する健康保険組合に相談なさるのを勧めます。

平成17年度の国民健康保険の保険料(保険税)は、
平成16年分(平成16年1月1日~12月31日)の所得が影響しています。
所得がないにもかかわらず、税法上の扶養になっていなかったり、
税務申告をしていないと、「未申告」として扱われ、
低所得者の軽減措置を受けられません。
まずは、未申告になっていないか確認して、
もし未申告なら確定申告や住民税申告をしましょう。
未申告から申告有りへ変わると、保険料が再計算されます。
その結果、保険料が還付されることも考えられます。

ちなみに、所得や課税に関する証明書は、
その年度の1月1日時点で住んでいた市町村で発行してもらいます。

国民年金の未納については、納期限から2年までは納付できます。
これを過ぎると納付できなくなります。
今も第3号被保険者になっていないならば、
市区町村役場の担当窓口で免除申請を出すことも視野に入れましょう。

思い立ったら、まず行動です。
分からない点がありましたら、遠慮なく質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-03-11.Sat 21:46
こんばんは(^^)

>だいだいさん<

はじめまして(^^)

お待たせいたしました。
住宅ローン減税、お子様の扶養に関する質問ですね。

住宅借入金等特別控除は、一定基準を満たした住宅の
購入・新築・改修に対する借入金の残高に応じて、税額控除を受けられます。
だいだいさんの場合、住宅ローンそのものがご主人名義になっている、
住宅ローンは2人の名義に分かれていても登記上の名義が
ご主人単独名義になっているなどの理由が存在しているものと思われます。
詳しくは、税務署へご確認ください(^^)

もう一つのテーマである、お子様をだいだいさんの扶養にする件。
こちらも職場(総務課でしょうか)に打診してみるより他にないでしょう。
扶養者を変えることで、家族手当や健康保険の扱いが連動してきます。
考えられる反応としては、
・ご主人のほうが収入が多ければ、そちらで扶養し続けるのが一般的ではないか。
・今まで通りに仕事しているご主人から(わざわざ)扶養を外し、
 育児休業中のだいだいさんが扶養するのは、
 収入面から言っても不自然ではないか。
…といったところでしょうか。
税法上は不可能でないことであっても、職場には影響を及ぼします。

大変ややこしいテーマで、当事者しか結論が出せないものです。
総務課へ正面切って相談しづらい中身なので、
その辺りの事情に詳しい同僚さんに話を聞いてもらうなど、
じっくりと時間をかけて答えを見つけるのが良いと思います(^^)

家を建てて、お子様を授かって。
順風満帆なご家庭ですね。
幸せを大切に育んでください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-03-11.Sat 22:31
こんばんは(^^)

>なおさん<

はじめまして(^^)

お待たせいたしました。
給与収入103万円を超えた場合、130万円以上になった場合に
起こりうる影響ですね。

ご主人に発行されている「平成17年分 給与所得の源泉徴収票」が
お手元にありましたら、ご用意ください。
1月の給与明細と一緒に渡されていることと思います。

源泉徴収票の一番左にある「控除対象配偶者の有無等」では、
欄の一番左にある「有」に印が付いていることと思います。
これは、ご主人が配偶者控除を受けることで、
所得税と住民税が軽減されることを指しています。
ご主人の所得金額にもよりますが、所得税が3万8千円、
住民税が1万6千円くらい減税されているはずです。

なおさんの給与収入が103万円を超えると、控除対象配偶者でなくなり、
上記の「有」を「無」へ変える必要が出てきます。
これによって、先ほど書いた減税効果が減っていきます。

また、なおさんを養っていることに対する家族手当が勤務先から
毎月支給されていることと思います。
多くの会社が、配偶者控除の有無、扶養親族の数によって、
家族手当を支給しています。
なおさんの給与収入が103万円を超えて、
ご主人が配偶者控除を受けられなくなると、
家族手当が停止される場合が多いのです。
仮に毎月12,000円の家族手当が停止されると、
税引き前で年額144,000円も給料が減ることになります。
(賞与にも反映される会社なら、年5ヶ月分の賞与が支給されるとして、
 さらに6万円減ることになります)

さらに、なおさんの給与収入が130万円以上になると、
・ご自身で健康保険に加入し、保険料を負担することになります。
 国民健康保険に加入するとして、最低でも
 年額3万円はみておいたほうが良いでしょう。
・サラリーマンの妻の特権といえる「国民年金第3号被保険者」という
 国民年金保険料を払わなくてよい立場から、
 第1号被保険者に変わります。
 これによって、国民年金保険料を毎月13,580円(毎年280円上がります)
 を払わなければならなくなります。
 年額にして約17万円の保険料になります。
2つ合わせて20万円!
給与収入が130万円以上になると、いかに負担が大きくなるか、
ご理解できたでしょうか。
130万円を超えたら、最低でも160万円は欲しいというのは、
20万円が残らずに消えてしまうからです。

そんな訳で、当ブログでは、
特に会社員の妻である場合、
給与収入は年額103万円以内に抑えるのが無難ですよ、
と伝えているのです。

金銭的な損得抜きで働きたいという方の意欲が生かせない制度ですね。
それは大変残念なことと思います。しかし、
まずは今の制度のなかで、有効な働き方を見つけるのが、
いいのではないでしょうか。

分かりにくいところがありましたら、遠慮なく質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

丁寧なお返事ありがとうございました。

2006-03-13.Mon 09:21
すごくわかり易いお返事でやっと理解できました。好きな仕事なので、ちょっと損をしても・・・などと思っていましたが、家族に色々と負担をかけている事などを考えると、しっかり計算して今後どのように働いていこうかと思っています。ありがとうございました。
URL|なお #-[ 編集]

2006-03-18.Sat 21:42
こんばんは(^^)

>なおさん<

力になれたか分かりませんが、検討する材料は揃えたということで、
参考になりましたでしょうか。

ご主人の勤務先が、配偶者手当をどのような基準で支給しているか、
念のため確認なさると、良いと思います。
その状況次第では、なおさんの給与収入が103万円を超えても、
130万円未満に抑えれば負担がそんなに大きくないかも知れません。

ライフスタイルは人それぞれですが、
必ずしも社会の仕組みと適合しないものです。
納得できる回答を導き出せると、いいですね。
分からないことがあったら、これからも質問してくださいね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

こんばんは

2006-04-06.Thu 20:40
今、父の扶養家族に入ってるのですが、バイト先の給料が103万を越えてしまうんですが・・このまま扶養でいてたらだめでしょうか・・?・?バイトが終われば学生にもどるのでそのままにしておきたいのですが無理でしょうか?教えてください
URL|なおや #-[ 編集]

2006-04-06.Thu 21:29
こんばんは(^^)

>なおやさん<

初めまして(^^)

>バイト先の給料が103万を越えてしまう

平成18年分の給与収入見込み(平成18年中に受け取る給与収入)が
103万円を超えるペースなのですね。
何も手を打たずに103万円を超えてしまうと、
お父様の税負担が大きくなります。扶養控除が減ってしまうためです。

そういう事態を避けるためには、
 ・月平均の給与収入額を85,000円まで下げる。
 ・103万円到達前に、年の途中でバイト先を辞めるか休職する。
…といった方法が考えられます。

なお、なおやさんの年間収入が130万円未満で、
お父様の収入額の2分の1未満であれば、
健康保険での扶養に入り続けることができます。

せっかくの労働意欲を削るような回答で、心苦しいところです。
しかし、税法がそのように決まっているので、
その仕組みに逆らわずにバイトすることも大切な社会勉強だと思います。
ぜひ参考にしてください。
質問がありましたら、遠慮なく尋ねてくださいね(^^)
URL|こやまぞん #IIiMY/qg[ 編集]

健康保険の扶養について

2006-04-12.Wed 00:28
初めましてよろしくお願いします。私には別居している母がいまして、会社を転職する前は、特にいくら仕送りしてるといったことは、聞かれずにそのまま扶養家族にすることができたのですが、新しい会社では、仕送り金額が、母親の年収より上回ってなければいけないということを初めて知りました。(書類に記載が義務付けられている。)これは、各地域の社会保険事務所によって異なるからなのでしょうか?ちなみに以前の会社は一部上場企業会社。今は小規模企業です。(大企業の場合は独自に健康保険組合を作ってるってインターネットで掲載されていたのでひょっとしたらルールが違うのでしょうか?
URL|tktmn #ssipyxQM[ 編集]

Re:健康保険の扶養について

2006-04-15.Sat 23:19
こんばんは(^^)

>tktmnさん<

初めまして(^^)

お待たせしました。
健康保険の被扶養者となるためには、
主として被保険者の収入によって生活していることが必要です。
扶養の程度の基準としては、
被扶養者となる人の年間収入が130万円未満
(60歳以上または障害者は180万円)未満で、
被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。

tktmnさんがお勤めの会社が所属する健康保険組合では、
上記のルールを徹底しているものと思われます。
大きな会社が独自に運営している健康保険組合では、
同じルールであっても柔軟に対応している場合があります。

…というわけで、各地域の社会保険事務所によって異なるわけではありません。
ご納得いただけたでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-04-18.Tue 06:49
ありがとうございました。うちの場合、母親の年金収入が120万円/年なので、仕送りする場合は月10万円、年間130万円も出さなければならなくなってしまうのでとてもじゃないけど払えないので扶養は断念しました・・・・。
しかし、それにしても月10万円の収入の人から健康保険料をとるのは、ちょっときついんじゃないの?と思いました。
URL|tktmn #-[ 編集]

2006-04-18.Tue 22:25
こんばんは(^^)

>tktmnさん<

どういたしまして(^^)
会社で用意している書類は、社会保険事務所の様式でしょうか。
というのも、「扶養」はおおまかに3つに分けられるからです。
 1.健康保険上の被扶養者
 2.所得税・住民税での扶養控除対象者
 3.家族手当の対象者

>仕送り金額が、母親の年収より上回ってなければいけない

これは「1」なのか「3」なのか、会社に確認なさるのが良いと思います。
もし「3」だということであれば、
お母様の年収には届かないなりに仕送りしている旨を伝えて、
せめて健康保険上の被扶養者にしてもらえないか、
相談する価値はあると考えます。

解決策が見つかると、いいですね。
状況に変化がありましたら、一緒に考えましょう(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-04-24.Mon 21:40
返事遅くなってすみません。書類は社会保険事務所のものだったと思います。はっきりと年収より仕送りが上まってることとなっておりました。^^;

残念ですが・・・・
URL|tktmn #-[ 編集]

2006-04-26.Wed 06:46
おはようございます(^^)

>tktmnさん<

ご報告ありがとうございます。
こちらこそ勉強になります。
お母様と同居であれば扶養に入れられる状況ですが、
なかなかそうも行かないですよね。

これからも気軽に質問してください(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。