FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専業主婦と株式売買益(その1)

2005.11.26.Sat
当ブログ特定口座・源泉徴収ありの続編です。

今年(特に9月以降)は株高ですね。
多くの方が、株取引で利益を上げていることと思います。
儲かるのは結構な話ですが、下手やると予想外の大出費となります。
特に、専業主婦やパートなさっている方は、
健康保険や国民年金の兼ね合いがあります。
特定口座(源泉徴収あり)をうまく利用して、
生活防衛しましょう(^^)

所得税・住民税では、株取引の利益は、年ごとに区切ります。
いつ買った株であっても、今年売ったものは、
今年実現した損益と考えます。
信用取引の場合も同様に、信用ポジションを反対売買で
決済した日が今年なら、今年の損益となります。

例1:A社株を平成16年4月に1,200円で200株購入。
   平成16年の大納会でのA社株終値は1,500円。
   平成17年10月、2,050円で200株売却。
   購入手数料・売却手数料ともに525円(消費税込み)。

   平成17年度の譲渡所得は、
   2,050円×200株 - (1,200円×200株+525円) - 525円
   =168,950円

   ※平成16年(大納会)での終値は全く関係ありません。
    16年中に6万円、17年中に11万円上がったと
    考えがちですが、持ち株を売った時点で利益計上します。

株式売買益は「譲渡所得」に分類されます。
その中でも「株式等譲渡所得」と呼ばれ、
このグループに当てはまるもの(株式、ETF、上場不動産投信など)
でしか、利益と損失を合算できません。

株以外の収入が全くない主婦であっても、
今年の譲渡所得が38万円を超えると、
所得税・住民税でいう扶養から外れることになります。
障害のない、60歳未満である妻の場合、
譲渡所得130万円以上だと確実に、
健康保険でいう扶養からも外れることになります。

株取引の儲けは、原則として、確定申告が義務付けられています。
しかし「特定口座・源泉徴収あり」で取引した場合は、
平成20年3月31までの税率である、
所得税7%・住民税3%が源泉徴収されます。
(平成20年4月以降は、所得税15%・住民税5%です)
申告課税と源泉分離課税を選択できるので、
確定申告せずに(源泉分離課税を選択して)
課税関係を終了することができます。

手短に言うと、「特定口座・源泉徴収あり」での取引ならば、
上場株式数の5%以上を保有しない限り、
どんなに多額の利益があっても、源泉分離課税にすれば、
扶養の可否には影響しないのです。
(健康保険組合が利益を把握したら、扶養を外されることもあります)

仮に、専業主婦(給与収入0円)が今年になってから株取引を始め、
B社株の売買で株式等譲渡所得が85万円あったとします。
株取引は全て「特定口座(源泉徴収なし)あるいは一般口座」で
売買していたら、38万円(基礎控除額)を超えているので、
税法上の扶養から外れることになります。
130万円に達していないので、「厚生年金・健康保険」の
扶養であることは変わりません。
上記のケースで、高値で買ってしまい塩漬けしている株があれば、
その株を売却して、抱えてきた評価損を実現損失にする手があります。
100万円で買ったC社株が、今売れば48万円だとすれば、
概算で52万円の損失が出ます。
これなら、譲渡所得は33万円(=85万円-52万円)まで
下がるので、38万円以下となり、扶養に入れます。


・・・ちょっと長くなったので、関連事項は
新しい記事にします(^^;
ここまでお読みいただいた方、お疲れ様でした(^^)
スポンサーサイト

コメント

なるほど・・・

2005-11-26.Sat 16:16
こやまぞんさん
どうもありがとうございます。そういうことなのですね!よくわかりました。
とりあえず特定口座開設の手続きを急ぎます。(でも、取得価格の証明書が到着するまで一ヶ月かかりますー、と信託銀行にいわれてしまいました・・・。そのころにはなんの心配もいらないくらい価格下落しているかもしれませんね。)
年金、保険は問題ないとしても、このままいくと住民税・所得税はあがるわけですね。どれぐらいあがるんだろう。こういうのって税務署に源泉徴収表とか持っていけば試算してもらえるものなのですか?上がる分ぐらいは責任もって主人に払っておかないと悪いですしね・・・。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-11-26.Sat 18:00
こんばんは(^^)
日が落ちるのが、早くなりましたね。

>ちゅむとっとさん<

ようこそ、いらっしゃいませ!(^O^)
このテーマは、FPの力量を試されるものです。
ケーススタディに上げた、株利益85万円以外に収入が無い専業主婦の場合には、
健康保険・年金はクリアできます。
ただし、健康保険組合から所得証明書の提出を請求されることでしょう。
税額の問い合わせは、お住まいの市区町村役場の税務課へ行かれるのを勧めます。
運転免許証など本人確認できるものを持参すれば、
ご主人の所得が変わらない場合などを想定して試算することが可能です。
住民税担当者は住民税も所得税も分かるのですが、
税務署職員は住民税のことをあまり意識していない場合があります。

この記事での要点は、
・株は、反対売買した年が損益計上の年となる。
・「特定口座・源泉徴収あり」なら、
 源泉分離課税を選択できる。
・今年の株式等譲渡所得が38万円を超えているなら、
 塩漬け株を放出して38万円以内に収めるのが得策。

次の新しい記事に書く予定であることは、
・国民健康保険と介護保険
・国民年金
・一般口座で売ったほうが得になる場合(緊急投資優遇措置)
・確定申告すると得な場合/損な場合
・確定申告が不要な場合
などです。

年内にできることがあるかも知れないので、
まずは税務課で相談してみましょう。
なお、個別具体的な税務相談は、税理士の独占業務です。
税理士資格を持たないFPでは、一般論でしか回答できないことを
ご了承ください(^^;
URL|こやまぞん #-[ 編集]

赤子の手をひねるよう

2005-11-28.Mon 12:41
こやまぞんさん
ありがとうございます。

「なお、個別具体的な税務相談は、税理士の独占業務です。
税理士資格を持たないFPでは、一般論でしか回答できないことを
ご了承ください(^^;」

そうなのですね。こんなことも知らない人間が投資をしているこの時期、機関にとってはまさに赤子の手をひねる瞬間をてぐすね引いて待っている、といったところでしょう。

前回チラッと書いた、これ以上の売却益がみこまれるものについてですが、あれから連日のように高騰していて、おそろしくて売りたくて仕方ありません。でも特定口座になってないから売るといろいろまたかかるし、かといって特定口座ができるまで待っているうちに、その心配も無いくらい暴落するのではないかと、自分のスタートダッシュの遅さにほぞをかんでいるところです。
知識がないというのは、本当におそろしい、大損をすることもあるのですね。まだ、獲らぬ狸のなんとやら、ですが。
税務課へいってみます。
ありがとうございます。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

自己レスになってしまいますが

2005-11-28.Mon 14:57
あちこち電話しました。最初はどこに何をきけばよいかすらわかりませんでしたが、おかげさまで勉強になりました。

平成16年度の源泉徴収表をもとに、17年度も給与所得がかわらないという前提でわたしに株式譲渡益があった場合の、対平成16年度比でアップする税額ほかを聞きました。

①所得税
主人:+70,000円
わたし:+300,000円

②住民税
主人:+33,000円
わたし:+123,000円

③国民年金
わたし:13,650円×12=163,800円

④国民健康保険
わたし:+17,000円(平成18年3月までで)


・・・ということは、世帯として70万円強の税および保険費用の負担増額があるということですね。恐ろしすぎる・・・。この数字を見ても、あえて今のうちに売却するか、特定口座開設まで待って売却するか。特定口座開設までこの株価が続くとは、とても思えないだけに悩みます。

でも、ほんとうによい勉強になりました。いろいろ調べるの、楽しかったです。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

平成18年度の国民健康保険は・・・。

2005-11-28.Mon 20:27
こんばんは(^^)

>ちゅむとっとさん<

税務課や国民健康保険担当へ足を運んで問い合わせたのですね。
素晴らしい!(^O^)

一連の記事で取り上げているケースで
最も発見しづらく、最も破壊力を持つのが、
翌年度(平成18年度)の国民健康保険が
いくらになるか、ということです。

ちゅむとっとさんの増税額から推測するに、
株式譲渡益は400~500万円。
国民健康保険の保険料(税)は市町村により異なりますが、
年間の保険料が上限の53万円に達するおそれがあります。
健康保険組合が扶養に復帰してくれる時期によりますが、
平成18年度は国民健康保険と覚悟しておくべきです。

保有なさっている株が低位株であれば、
今のうちに売り逃げたい気持ちは大変良く分かります。
しかし、好業績株・国際優良株・景気循環株(鉄鋼株など)であれば、
調整はあっても、特定口座へ移管してから
売却するほうが賢明とお見受けします。
70~80万円に達するかも知れない
負担増を避けられるのですから(^^)

最後は、ご本人の決断であり、自己責任です。
FPは手助けをするのが役割。
どちらを選択するにしても、いろいろな知識や
判断材料を揃えているので、
納得できるのではないでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #-[ 編集]

うろたえるなあ・・・

2005-11-28.Mon 21:27
53万円!ですか?
きょう、該当区の税務課で、「500万円ほどの譲渡益があった場合の国民健康保険料」ということできいたら、「平成18年3月までの”年額で17,000円(この言い方もよくわかりませんが)”」と言われました。それが53万円になる可能性が・・・?うろたえてしまいます。

500万円の譲渡益があった場合、年金・保険に関する扶養もアウト!ですよね。どちらにしても国民年金、国民健康保険をはらわなくてはならない、と。とすると、特定口座で売却した場合と、そうでない口座で売却した場合の違いは、主人分に上乗せされる10万円ほどの所得税および住民税である、という理解でよろしいのでしょうか?
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

mata

2005-11-28.Mon 21:37
特定口座・源泉徴収あり
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

再送:また自己レスですみません

2005-11-28.Mon 21:41
こやまぞんさんの「特定口座・源泉徴収あり 」の項を読み返しました。

「注目すべきは、特定口座・源泉徴収ありの場合の、 源泉分離課税を選択できる点。 これを活用することで、年間で38万円を越す利益があっても、 被扶養者のままでいることができるのです。 また、国民健康保険(市区町村が運営する健康保険)には 所得割があるのですが、これにも影響せず、 保険料(保険税)が高くなる事態を避けられます。 」

・・・の部分ですね?特定口座は国民健康保険料への波及も防げるんだ!!なるほどなるほど。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-11-28.Mon 23:11
またまた、こんばんは(^^)

>ちゅむとっとさん<

理解が進んできましたね(^^)
「特定口座・源泉徴収あり」を選択することで、このように変わります。

①所得税
ご主人:+70,000円   →負担なし
わたし:+300,000円   →ほぼ変わらず

②住民税
ご主人:+33,000円   →負担なし
わたし:+123,000円   →ほぼ変わらず

③国民年金
わたし:13,650円×12=163,800円   →負担なし

④国民健康保険
わたし:+17,000円(平成18年3月までで)   →負担なし(平成18年4月以降も)

・・・大変分かりやすい書き方なので、そのままいただきました。
スッキリ書けなかった自分に反省(^^;
なお、所得が76万円以上あると、
ご主人の負担は上記の試算どおり発生するはずです。


ちゅむとっとさん自身の所得税・住民税額は、厳密に言えば、
確定申告すると若干下がります。
基礎控除と定率減税の効果です。

しかし、源泉分離課税(税金を天引きで払って終了)を選ぶのが
いかに有利か、ご理解いただけると思います(^O^)


>該当区の税務課

東京都区内にお住まいだとしたら、国保料は上限まで行かずに済みそうです。
東京都品川区では(↓参照)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/c/c02/c0203.html
住民税額×2.08+国保加入者数 × 32,100円 =年間の国民健康保険料
となっていますので、
123,000円×2.08 + 1×32,100円 =287,940円
年間保険料が約288,000円となります。
(40歳~64歳の方は介護保険料が上乗せされます)

国保料が17,000円というのは、
平成17年度の住民税額(収入0円→税額0円)で
算出しているからです。
嘘を付いている訳ではないけれども、
説明不足の感は否めません。
平成18年度は500万円の株譲渡所得が上乗せされる前提が、
全く考慮されていないからです。

国民健康保険は相互扶助なので、所得(儲け)のある方に
たくさん負担していただくのが、むしろ正論です。
しかし、今ある制度を活用することは、
節税であり、社会保険料節約として、
立派に認められるものです。

特定口座を活用して、源泉分離課税で終わらせたいと、
心の底から感じているのではないでしょうか。

所得税の節税だけでなく、住民税や社会保険料まで視野に入れて、
いくら残せるのか(負担を抑えられるか)をアドバイスできる。
FPの値打ちは、こういうところで差が出るのです(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

3.27!

2005-11-29.Tue 09:52
こやまぞんさん
なんだか家庭教師についてもらってるみたいで、ほんとにいろいろ教えていただいてありがとうございます。

国民健康保険料率を調べたところ、何と、3.27でした。
123,000円×3.27 + 1×32,100円 =434,310円
43万円です~!

あまりの破壊力にもう、脱力です・・・。
特定口座、はやく開設したいです・・・。


URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

決断!

2005-11-29.Tue 10:30
こやまぞんさん

売ってしまいましたー。
4年以上保有していた(というかほったらかしていた)のですが、自分の中で決めていた「この値段を越えたら売ろう!」という金額はとっくにこしていたんです。上がりの勢いでやっぱり欲をかいてここまで持ってきていたので、もう十分です。
特定口座開設後に売れば、国民年金分17万円と、国民健康保険45万円の合計60万円以上は節税できていたと思います(76万円以上の利益があがっているので、主人の所得税住民税はどちらにしてもかかるため、この部分の前提条件は変わりません)。
でも、口座開設まであと一ヶ月かかると想定した場合、この後の下落でその60万円以上のマイナスが出ると予想、その上での決断です。
まだしばらくあがるのかもしれません。わたしの売りもあっという間に飲み込まれて約定してしまいました。過熱感がすごいのです。
でも後悔してません。こやまぞんさんにいろいろ教えていただいて、自分でも調べてみて、きっぱりと決断ができました。(でもしばらく株価はみません。まだまだあがるとやっぱり悔しいから←凡人)
知ることってすてきですね。大げさかもしれないけど、人生が少し変わるほどインパクトの大きい「知る」でした。

ほんとうにありがとうございました。ここしばらくの懸案については自分のなかで折り合いをつけてしまいましたが、まだまだ知らないことばかりなので、これからも勉強させていただきに通います。よろしくおねがいしまーす!
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-11-29.Tue 22:26
こんばんは(^^)

>ちゅむとっとさん<

保有株を売却なさったのですね。
500万円級の利益確定をなさって、ホッとなさったことでしょう。
お疲れ様でした(^^)
売った後に書かれたコメントからも、
心臓の鼓動が伝わってきますよ。

当ブログでヒントを手に入れ、
ご自身で調べて。多くのことを知りましたね。
初めは「何を分かっていないか」すら把握していなくても、
手掛かりをつかむことで、突破口が見えるものです(^^)
今回の株取引で知ったことは、大きな収穫になりましたね。
これからも、いろいろ知って、実り多い人生を歩みましょう。

>なんだか家庭教師についてもらってるみたいで、
>ほんとにいろいろ教えていただいてありがとうございます。

FPの多くは(私も含めて)、お客様の将来設計を支える
ホームドクターを目指しています。
そのホームドクターよりも身近な「家庭教師」という称号をいただき、
大変光栄に思います。

ちゅむとっとさんの利益確定祝いとして、ご祝儀代わりに、
社会保険料控除の実務について、新しい記事を書きます。
この知識を生かして、ご主人の平成18年分所得税と
平成19年度住民税を節税していただければ幸いです(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-04-28.Fri 04:51
こんにちは。もっと早くにお目にかかりたかったです。
16年に損200万有り(独身字の貯金9割なくしました)確定申告しました。
最初に長い目で見て源泉有り選ぶべきでした。十七年に戻せましたが250万くらい益でまして申告しました。
調べずに行ったため、定率減税受けれたのか、わかりません。

郵送で送り、所得税の連絡は28万で、もう引かれました。主人の申告もし直し引き落としされてると思います。
健康保険は所得を一時的な物とすれば扶養のままでも大丈夫とホカノサイトに書いてありました。
会社に連絡せず子のままにしておけば扶養のままでも・・・?

特定口座厳選有りにしておいても損失の繰越は可能だったのでしょうか?
損は損で税金払っておいた方が有利だったのですね。

終わった事は後ほど試算して見るとして、国民健康保険と国民年金に入らずにすむ方法はないのでしょうか?(いけない事ですが)
焦って?るのは、1三年に始めて、ソの年に250万損して,まだ繰越制度なく、で翌年に源泉やめ戻せず又損し十七年に取り戻せたところで税金払う現金がない。今その元にした資金は塩漬け売ると100万単位の損で主人の増えた所徳税も払ってもらってる状態で泣きたくなります。貯金は株以外でつかうべきでした・・・。
URL|山下 #mQop/nM.[ 編集]

市役所で

2006-04-28.Fri 08:11
源泉有りに切り換えなかった自分のミスでおたおたしてしまい。すみませんでした。
ちゃんとは国保にはいらないかんですよね。
連休明けに市役所いってきます。
URL|y山下 #mQop/nM.[ 編集]

2006-05-05.Fri 11:26
こんにちは(^^)

>山下さん<

初めまして(^^)
大変お待たせしました。

コメントを読む限りでは、平成17年分の所得は株式売却益のみでしょうか。
そういう事情でしたら、健康保険はそのままにしておいて、良いのではないでしょうか。
確実な道を選ぶのであれば、健康保険組合に相談することです。

ちなみに、住民税の特別徴収(給与からの天引き)の通知書は、今月上旬に事業所へ発送されます。
そのため、勤務先が事情を知るのは、もうすぐと思ってよいでしょう。
タイミングとしては、ちょうど良いはずです。

株の売買は、税金のことを考えると、大きな儲けを確定(売り)した年に、塩漬け株を売却して損失確定するのが良いと思います。
同じ年の株売買利益と損失は合算できるからです。

まずは落ち着いて、健康保険組合へ連絡取っては、いかがでしょうか(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

arigatougozaimasita

2006-05-09.Tue 18:25
^^;)no wakarinikui komennto
kaidokusite kudasari
kansyadesu!

pasokonmmade panikuttemasu(^^)


URL|yamasita #-[ 編集]

2006-05-09.Tue 23:16
Good evening.(^^)

>山下さん<

こんばんは(^^)
日本語変換機能が使えないと、不便ですね。

何をすべきか見えてきたようで。
しかるべきところへ相談すれば、間違った展開にはなりませんので、
ご安心くださいね。

分からないことがありましたら、これからも気軽に質問してください(^^)
URL|koyamazon #OC4g.gt.[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。