FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険料控除は誰が受けるか

2005.11.30.Wed
結論から言うと、納付書払いしている社会保険料は、
所得の多い方が社会保険料控除を受けると有利です。
所得税・住民税の高い税率部分を減らす効果があるからです。

サラリーマンの皆様、年末調整の提出は、
もう完了していることと思います。
年末調整を提出した後で、国民年金や国民健康保険の保険料を
年内に納めた場合、年明けに確定申告することで、
所得税の還付を受けることができます。

社会保険料控除の対象になるのは、
 ・国民年金(付加年金も対象)
 ・厚生年金(公務員・教員などは共済年金)
 ・健康保険/国民健康保険
 ・雇用保険
 ・国民年金基金
生計を一にする親族の保険料を、その年に納めた金額だけ、
社会保険料控除を受けることができます。
平成17年分の所得税確定申告であれば、今年支払った
保険料が対象です。

「生計を一にする親族」とは、基本的には同居する家族を指します。
しかし、生活費の仕送りなどが確認できれば、必ずしも同居でなくても、
これに含まれます。
一家が一つの大きな財布で生活しているということです。

ここで気づいてほしいのが、扶養・被扶養については
全く要件とされていないことです。
収入金額の多少についても条件はありません。

一点気をつけてほしいのは、
社会保険料控除は、社会保険料を支払った人が
所得控除を受けられる点。
保険料の納付書払いは支払者を特定できませんので、
誰が保険料を負担したかは、確定申告時に決められます。
反面、口座振替で支払ったり、給与収入や年金収入から天引き
されている場合は、その時点で支払者が特定されます。
支払者本人しか、社会保険料控除に付けることができません。 

何らかの理由(土地を売った、株で儲けたなど)で
ある年に健康保険や年金でいう扶養から外れた専業主婦の場合、
その翌年はまた収入なしに戻るにも関わらず、
社会保険料負担があります。
これをご主人に払ってもらって(ご主人が払ったことにして)、
ご主人が社会保険料控除を受ければ、
夫妻トータルで見た所得税・住民税負担は軽くなります。

社会保険制度(相互扶助の仕組み)のために支払った保険料
ですから、税金を考慮してもらって当然ですよね。
自由に使ったお金とは明らかに違いますから。
その当たり前の権利をみすみす逃しているケースが、
いかに多いことか。
金銭教育が行き届いていない証拠と言えます。

所得税・住民税は、数字のトリックの要素が多分にあります。
数字や計算に強い方は、それだけ有利です。
あまり強くない方でも、税務課窓口で相談なさると、
思わぬ発見があるかも知れませんよ(^^)
スポンサーサイト

コメント

スローなあたまの回転で

2005-11-30.Wed 10:31
こやまぞんさん こんにちは!

現在、33回転であたまをまわしています。

・・・ということは、今回のわたしの株式譲渡で得た利益によって、我が家に発生する作業としては、
①主人が厚生年金、社会保険の扶養からわたしをはずすよう手続きする
②わたしが区役所へ行き、国民年金と国民健康保険の手続きをする
③わたしが確定申告をし、株式譲渡益にまつわる所得税・住民税を支払う
④主人が確定申告をし、「主人がはらったことにした」わたしの国民年金・国民健康保険の控除を受ける
ということでしょうか?

今回の株式譲渡についての実感としては、利益を得た云々より、こういうこと勉強している方が正直楽しいです。お金ってたしかに大事だけど、家族で日々困らない程度に暮らしていく以上のものって、実は現実感がないんですよね。

学生時代、勉強だいすきだったんです。ひさしぶりにその感覚を思い出しました。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

いい線いってますよ(^^)

2005-11-30.Wed 21:34
こんばんは(^^)

>ちゅむとっとさん<

こちらは45回転を目指します(笑)

ちゅむとっとさん家で行うことの4つ、合ってます(^^)
順番としては、③→①’→②→①→④となります。

>③わたしが確定申告をし、株式譲渡益にまつわる所得税・住民税を支払う

これが一番最初です。
確定申告は、来年2月16日から3月15日までに行います。
所得税の納付書払いは3月15日が納期。
口座振替にすると、4月20日頃の引き落としになります。
住民税は6月上旬に納付書が届き、4期に分けて納付します。
もちろん、1期の納期(6月末日)までに全額納付することも可能です。
口座振替の場合は、期ごとの引き落としと、
6月末日の年税額引き落としを選択できます。

>①主人が厚生年金、社会保険の扶養からわたしをはずすよう手続きする

健康保険組合には、確定申告後に相談を持ちかけながら
報告なさるのが、いいと思います。
実際にはずす手続きは、②の後です。
1年間扶養から抜けることになるのが基本ですが、
株売却後も専業主婦である事情を考慮してもらえるかも知れません。
8月24日の記事である「健康保険の扶養になる(退職者向け)」
http://koyamazon.blog20.fc2.com/blog-entry-5.html
で少々触れています。

>②わたしが区役所へ行き、国民年金と国民健康保険の手続きをする

この手続きは、両方とも区役所で行います。
(ちなみに私が勤務する町では、1箇所の窓口で両方受けます)

で、国民年金・国民健康保険を払います。
この時に、ちゅむとっとさんの本人名義の金融機関口座から引き落とすと、
ご主人に社会保険料控除を付けることができなくなります

納付書払いなら、支払者が特定できないので、
申告時に融通が利きますよ(^^)

>④主人が確定申告をし、「主人がはらったことにした」わたしの国民年金・国民健康保険の控除を受ける

平成18年中に国民年金・国民健康保険を納付したら、
社会保険料控除をご主人の年末調整(来年11月)に乗せるか、
2007年上旬に確定申告します。
平成19年度の住民税にも社会保険料控除が反映されますので、
これで節税完了(^^)
あとは、国民年金第3号被保険者への復帰(会社が手続きします)と
健康保険の扶養に復帰するだけです。

ただし、社会保険料の一部を平成19年に支払ったら、
その分の社会保険料控除はさらに1年後で受けることになります。


…というわけで、かなり長期計画なのです。
住民税の節税効果は、月々引かれる額が小さくなる形で
現れるので、気が付かないかも(^^;

昨年11月に30万円で買った株が、1年で5倍以上になりました。
しかし、売りも買いもしないので、実感がないですね。

こういう知識や実務は、身近であるだけでなく、
社会に強くなるものなので、楽しいことと思います。
コメントいただいてレスを書いている私も、楽しんでいますから(^O^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2005-12-02.Fri 22:08
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

節税マラソン

2005-12-05.Mon 11:48
こやまぞんさん
ナルホド、節税策はずいぶん長期にわたるのですね。気長に行きます!

さて、株価はあいかわらず右肩上がりを続けていますね。一旦どこかで大きくおちないかなー(不謹慎!)とおもって、先日の売却資金はいまのところ新たに投資せずにとってあります。すこし大きく調整してくれると買いやすいのですけど・・・。つい先日、10年満期で預け入れしていた利率1.15%の定額貯金の満期が来たので、さっさと解約しました。資金がさらにすこし潤沢になりましたよ。ふふふ。

12月にはいって、息子の幼稚園の発表会、娘の誕生日、園のクリスマス会・・・と行事が目白押しです。専業主婦でもやっぱり師走はいそがしい!

今日は(も)雑記っぽくて失礼しました。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-12-06.Tue 22:29
こんばんは(^^)
コメント遅くなりました。

>ちゅむとっとさん<

雑記、大歓迎です。
記事で主題に触れて、コメントで会話するのが、理想的な姿だと思います。
会話していくと、新たな疑問点が出てきたり、
説明不足に気が付いたり、いろいろイイことあるんです(^^)
そんな訳で、会話型ブログにしていきたいです。

投資できる資金が増えたのですね。
こういう相場だからこそ、短期的に大きく下げたところを
押し目買いするための「待機資金」となさっては、いかがでしょうか。
もちろん、特定口座開設の手続きは怠り無く(^^)

株価は、ここ数年なかった上昇相場なので、先が読めません。
12月と言えばボーナス支給。
この時期に合わせて、投資信託の発売も活発になります。
ボーナス資金で株が上がるのか、
待ってましたとばかり売り方に利益確定されるのか。
ふたを開けてみないと分かりませんね。
もっとも、先が読めないところに旨みがあるのですが(^^;

お子様がいらっしゃると、専業主婦も十分忙しいと思います。
特に、園の行事とあっては、準備もあって、
当日だけ忙しいのではありませんからね。
こちらは年明けから業務が過密になります。
半年間は多忙の時期で、その足音が聞こえるようです(^^;
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

朗報!(ほんとかな・・・)

2005-12-13.Tue 10:22
こやまぞんさん、こんにちは!
またまた株のはなしで申し訳ないのですが、教えてください。

-------------------------
主人の勤め先の会社の総務に今回のわたしの株式譲渡益の扱いを相談してもらったところ、なんと、「譲渡益は一時所得なので保険の扶養から抜けなくてよい」といわれたそうなのです!

◎保険の扶養から抜けなくてよい=年金も厚生年金のままでよい、ということですよね?

◎保険も年金も扶養から抜けない=払う覚悟でいた“あの60万円”を払わなくてよい、ということですよね?

今回の主人の年末調整もわたしが扶養にはいったままでおこない、来年2月にわたしが確定申告するのと同時に、主人が「修正申告」というものをして、もらいすぎた扶養控除分を返す手続きをしろといわれたそうです。

◎主人の「修正申告」は、わたしの確定申告と別立てでするのですよね。「修正申告」ってどうやるのですか?
-------------------------

特定口座が無事開設されました。今週にはいって、いままで一般口座に入っていた株の入庫も完了しました!来年からは保険・年金心配なしだ~!わーい!

今年の分は特定口座まにあわなかったので、保険・年金が・・・と思っていたのですが、上記の流れを見る限り、今年の分もやりすごすことができそうです。わーい!

・・・でも、できすぎだと思いません?なにかおおきな落とし穴がありそうな・・・。



URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-12-14.Wed 00:25
こちらにもレス付けます(^^)

>ちゅむとっとさん<

おめでとうございます!(^^)

>主人の勤め先の会社の総務に今回のわたしの株式譲渡益の扱いを相談してもらったところ、なんと、「譲渡益は一時所得なので保険の扶養から抜けなくてよい」といわれたそうなのです!

譲渡益は「一時的な所得」なので、
給与収入のような継続的なものではないので、
収入にカウントしないでよい、という意味ですね。
良かったですね(^^)

Q1
>◎保険の扶養から抜けなくてよい=年金も厚生年金のままでよい、ということですよね?

A1
その通りです。
国民年金の第3号被保険者(保険料を払わずに済む)が継続されます。

Q2
>◎保険も年金も扶養から抜けない=払う覚悟でいた“あの60万円”を払わなくてよい、ということですよね?

A2
その通りです。
健康保険も現状維持とのことなので、国民健康保険に切り替える必要がありません。

Q3
>◎主人の「修正申告」は、わたしの確定申告と別立てでするのですよね。「修正申告」ってどうやるのですか?

A3
お二人とも「確定申告」をしましょう。
二人分まとめて申告するのが、税務署側にも分かりやすいです。
申告は自書申告が基本ですが、
ご主人の申告書をちゅむとっとさんが作成しても全く問題ありません。

申告の1回目は必ず「確定申告」です。
提出済みの確定申告を提出期限内に訂正する場合は「訂正申告」を、
提出期限後に申告を直すの場合は「修正申告」を提出します。

>もらいすぎた扶養控除分を返す手続きをしろといわれたそうです。

まさに、この作業を「確定申告」で行うわけです。


特定口座が開設されたのですね。
これでまずは一安心。
落とし穴は特になさそうですよ。
ただし、一般口座で売るほうが得なケースが例外であるので、
近々記事にします(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

ほっとしました~。

2005-12-14.Wed 10:35
こやまぞんさん

ありがとうございます。ほっとしました。60万円、当然払うこころづもりでいたので、余計にうれしいです。家族で北海道にスキー(わたしは娘のお守りかな)旅行にでもいこうか~!となりました。基本的には預金をふやしたいのですが、ちょこちょこつかって楽しむのも、よい薬ですよねー。

確定申告、ふたりでします。今年は医療費もあまりかからなかったので、ひさしぶりに確定申告しなくていいかな、と思ってましたが、大どんでん返しでした。

ところで、わたしが確定申告をし、主人が修正申告をすると、主人の所得税・住民税は自動的に(わたしたちがなにもしなくても)変更されるのでしょうか?
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-12-14.Wed 21:45
こちらにもレスします(^^)

>ちゅむとっとさん<

投資で増えた資金。
全部を再投資するスタンスの方もいますが、
一部使って楽しむことは心身の栄養になりますね(^^)

Q4
>わたしが確定申告をし、主人が修正申告をすると、主人の所得税・住民税は自動的に(わたしたちがなにもしなくても)変更されるのでしょうか?

A4
おおむね、その通りです。
なお、ご主人がなさるのも、確定申告です。修正申告ではありません。
お二人で同時に確定申告すれば、
申告誤りを未然に防げますし、
住民税額は自動的に正しいものになります。
(区役所の税務課が適正な課税処理を行います)

ここ何年も確定申告なさっているちゅむとっとさんには釈迦に説法ですが、
確定申告書は3枚複写になっていますね。
1枚目は税務署保管用、3枚目は申告者控え。
2枚目は「○住」(←マルジュウ)と呼ばれる、
住民税課税資料となっております。

余談ですが、税務課の住民税課税部署は、
2月から6月は多忙を極めます。
  ・住民税申告や確定申告を受ける
  ・課税資料を集める
  ・課税決定する
この3つの作業に明け暮れます。

上記の「○住」に書き漏らしを補記する作業があります。
この業界では「転写」と呼ばれ、大変重要な仕事となっています。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2005-12-15.Thu 11:51
そうでした、主人も「確定申告」ですね。

近所の税務署、毎年すごいことになります。人も車もはいりきらなくて敷地をぐるぐる巻いています。あの処理を全部されるのだから、たいそうお忙しいことでしょうね。

わたしは勤めていたときに「どうも緻密さが無いなあ」と上司にためいきをつかれたタイプの人間ですので、こういった類の仕事を完遂できません。「ドーンといってみよう!いけるいける!やってみよう!」タイプなのですね。
URL|ちゅむとっと #-[ 編集]

2005-12-16.Fri 05:33
こちらにもレス付けます(^^)

>ちゅむとっとさん<

確定申告時期、税務署は大変混雑しますね。
国税庁のページにある電子申告、
来年2月19・26日の日曜開庁、
郵送による申告(返信用封筒同封で本人控えを戻してくれます)、
朝イチや午後イチのタイミングを外すなど、
いろいろな作戦がありますよ(^^)

法律の規定外ではありますが、
還付でない確定申告書の提出を、
2月16日より前であっても
受け取ってくれるケースが大半です。
税務署にとっても、繁忙のピークは分散するのが望ましいですからね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-02-08.Wed 22:19
先日、塩漬け株の件でご教示いただきありがとうございました。
本日は、全然別の質問があります。

どこかのページにも書かれてもいたのですが
生計を一にするとか、社会保険料を引き落としで本人が払っていると他の人の控除にならないとか・・・・・我が家の場合を述べますので、よろしくおねがいします。

うちには、遺族厚生年金をもらっていて介護を受けている主人(サラリーマン)の母(84歳)がいます。住所をおいたままで、市外の家で(娘の嫁ぎ先、主人の姉宅)面倒を見てもらっています。
もう3年くらいになるのですが、申告を5年さかのぼれると知って、放置してあるようです。
遺族年金の他に国民年金ももらっていて(両方はもらえないのでは?という人も居ましたが、任意でかけていたもので、もらえてるみたい)
収入が多いので、主人の社会保険には入っていません。国民保険加入で本人の口座から払っています。
が、住民届では、世帯主である主人に支払いの連絡があります。(所得税控除になりますよと書いてあります)

一方、初年は、確定申告で主人の扶養とし、(寝たきり証明もして)還付してもらいました。その後、姉宅の方で扶養控除を受けるという話ですが、実際はしていないようです。

母個人で確定申告をする必要がありませんか?(もちろん、本人はいけないので代理でする必要)

取りあえず今日はここまで。
URL|真珠 #ntjF/dm2[ 編集]

2006-02-09.Thu 07:35
おはようございます(^^)

>真珠さん<

ご主人のお母様は、遺族厚生年金と老齢基礎年金を受け取っているのですね。
遺族厚生年金は、所得税・住民税では非課税です。ただし、健康保険では収入とみなします。
ご本人が国民健康保険に加入なさっているとのことで、
年金受取額が、年180万円以上あるようですね。

お義母様は確定申告不要です。
ただ、住民税の申告は毎年なさったほうが間違いありません。
(もちろん、家族の方が代理してOKです)
万が一「未申告」だと、低所得者の軽減措置が受けられなくなるためです。
また、国民健康保険の関係で、遺族年金の収入額を把握しておきたいという事情があります。

住民票上の住所と、実際の居所が異なるのですね。
ご主人が扶養するにしても、お姉様が扶養するにしても、
「同居老親等」として申告して構わないものか、
税務署へ一言確認して、扶養にする確定申告(還付申告)をしましょう。
ちなみに、同居老親等とは、老人扶養親族が納税者又はその配偶者のいずれかと
同居しており、そのいずれかの直系尊属である場合をいいます。

国民健康保険の保険料(保険税)は、社会保険料控除の対象です。
生計を一つにしている方であれば、ご主人でもお姉様でも、
実際に支払っている方が社会保険料控除を受けられます。

還付の確定申告には5年の期限がありますので、
思い立ったら申告しましょう(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-02-10.Fri 15:57
真珠です。
続きをよろしくお願いします。
(実はインフルエンザA型で・・。)

お答えの中で、低所得者の軽減措置が受けられなくなるためです。というのは 国民健康保険料のことですね?
国民健康保険料は、毎年、6月に区役所に届けをして、軽減措置を行っています。
それぞれの市町村で違うのかもしれませんが、こちらでは世帯の収入も考慮されて国民保険料が決まるので、主人の収入が反映されてます。
それでもって、姉宅で扶養控除をするのも、なんかしっくりしないのですが、・・・・
母の住所を本来どうり姉宅に移せばいいのでしょうが、今の所このままで行くようです。

もう一つお答えの中で、実際に支払っている方が社会保険料控除を受けられます とありますが、
これだけの収入がある母ですから実際は母本人が払っています。が、老人扶養控除と社会保険料控除がウチなり姉宅でうけられるのですね?

うちも、姉宅も、サラリーマンでひとまず年末調整で済んでいるので、あとは母の分だけ確定申告をすれば良いということでしょうか?
例えば、母の収入もうちの収入として、一まとめに申告する方法がありますか?それは、確定申告ですればよいのでしょうか?
(なんかすいません。うまくいえてないかも・・・・)


もう一つ大事な質問があります。
相続が発生したときに、小規模住宅の特例を受けられるのは、生計を一にしていた人・・・とかなんとかあったのですが、今のまま母が姉宅で同居している実態は、主人が相続で家をひきつぐには、特例が受けられないということですか?
????あれもう一度相続について確認してみますが・・・・。



URL|真珠 #ntjF/dm2[ 編集]

2006-02-12.Sun 11:54
こんにちは(^^)

>真珠さん<

回答すっかりお待たせしています。
いろいろ複雑な要素があるご質問なので、他の方の質問に回答して、
頭をクリアにしてから集中的に回答させてください。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-02-12.Sun 23:12
人生も、50代になると、親の介護問題、相続問題が絡んできて、(ちなみに私はまだ50歳になっておりません!)シビアなマネー合戦がわいてきます。

将来、または老後、心穏やかに暮らしたいじゃあないですか。
出来るだけの防衛はして、争いは回避したいのです。
反省と自戒をこめて。
どうぞ、お知恵をかしてください。
よろしくお願いします。
URL|真珠 #ntjF/dm2[ 編集]

2006-02-13.Mon 07:21
おはようございます(^^)

>真珠さん<

介護のこと、相続のこと、いろいろ抱えていらっしゃるのですね。

まず相続税に関して。
相続は非課税枠内で収まらないのでしょうか。
 ・(法定相続人の人数×1,000万円)+5,000万円
 ・生命保険の死亡保険金には別枠で、法定相続人の人数×500万円
相続のことはある程度詳しいかと思いますが、念のため触れました。

「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」には、
被相続人要件があります。
被相続人等(=相続または遺贈により取得した、被相続人または被相続人と生計を一にする親族)が相続発生直前まで
「居住用」または「事業用」もしくは「不動産貸付用」に供していた、という要件です。

相続については、お正月や盆などで親戚が集合した際、
誰が介護するということを含めて、相続のことも総合的に話し合うのが
良いと思います。
必要に応じて、ご主人がお母様へ毎月一定額を(銀行振込で)仕送りして、
生計が一である親族であることを証明できるようにしましょう。

介護や相続について、話し合いで方向性が定まっていれば、
誰が扶養控除を受けるということも答えが出てくると思います。
確定申告するのは、扶養する人(=税額が下がる人)です。
お母様は84歳なので、老親(70歳以上)にあたりますが、
住民票のことなどがあって「同居」老親にできるかは微妙です。
その点は私が回答できる範囲を超えていますので、ご了承ください。

相続税の有無に関わらず、相続でもめないようにするには、
法的効力のある遺言を残すなど、事前の準備が不可欠です。

税務署のなかには、匿名で相談できるコーナーを設けているところもあるようです。
確定申告で多忙な時期を外せば、税務署職員さんも相談に乗ってくれると思います。

最近の相続は、先祖代々の土地ばかりで現預金がほとんど無いというケースが増えています。
相続税には物納という方法がありますが、
相続人で分けるのを持分にしてしまうと後々厄介なことになります。
土地建物の相続を受ける人が、他の相続人に現金をいくらか渡すという方法もあります。

真珠さんの手助けとなる回答になっているでしょうか。
限られた範囲でしか答えられないことに、歯がゆさを感じているのです。
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-02-14.Tue 11:22
こやまぞんさん、
ありがとうございました。

わたしも“話し合い”が大事と思っています。上手くいけば、それが最大の節約、節税、円満のもとでしょうから。

URL|真珠 #-[ 編集]

2006-02-14.Tue 21:26
こんばんは(^^)

>真珠さん<

インフルエンザを患っているなか書き込みいただいたのに、
あまり力になれなくて大変申し訳なく思います。
これからも、質問ありましたら、遠慮なくコメント書いてください。
お待ちしております(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

国保の保険料も年末調整の対象だってば!

2005-12-24.Sat 01:41|FP&社労士BUNの雑記帳
雪の2日間で年末調整業務を終了。住宅ローン控除など、実際の調整額を見るとずいぶん有利なのがよくわかる。 少し心残りなのは中途入社の人が国保(または任継)の保険料をどなたも申告してこなかったこと。そもそも「納税」の感覚が薄いのでしょうね。生命保険に無駄遣い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。