FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホームの買い時は、いつか?

2006.03.11.Sat
1ヶ月以上も記事を更新していないブログへ
皆様お越しいただき、ありがとうございます(^^)

今週は、日本銀行が「量的緩和政策」を終わらせる方向性を発表しました。
本年は日本の長期国債の大量償還→大量発行も待ち構えていて、
金利上昇が予想されています。

そこで気になるのが、住宅ローンの金利。
こちらも上昇が見込まれるので、
住宅購入の駆け込み契約が急増しています。

結論から言いますと、住宅の買い時は、
マイホームが欲しいと
心の底から思うようになった時

と考えて、ほぼ間違いありません。

金利上昇、所得税の住宅ローン減税縮小など、
今すぐに家を買いたいと思わせる要素があります。
しかし、家を買うという形にたどりつく前に、
ご家族のライフプラン(人生設計)を考えましょう。

結婚する、子どもが1人増える、結婚相手の両親と同居するなど、
生活環境が変わる場合。
転職や起業を考えていて、大きな借金は背負いたくない場合。
さまざまな状況があって、家を買いたくなったり、
住宅購入は先延ばし(あるいは諦める)などの選択肢が出てきます。

住宅・マンション業者も商売なので、
「頭金不要」「今なら低金利」「お客様には特別に割引します」など、
手を変え品を変え、甘い言葉をささやいてきます。
その家を買って、ずっと住み続けられるのか、
あるいは将来値崩れせずに売却できそうな便利の良い家か、
じっくり考えて結論を出しましょう。

余談ですが、新築マンションは価格の約2~3割が
業者の利益と言われています。
マンションは買った直後から中古になり、
市場価格が下がります。
築後数年しか経ってない中古物件を狙うという方法も、
ありますよ(^^)
スポンサーサイト

コメント

2006-03-14.Tue 12:24
初めて(?)コメントさせて頂くと思います。
主人がお世話になっております。
といいつつ、ご無沙汰致しておりますが・・・。(汗)

うちのマイホームプランは6年後。
旦那は中古住宅を検討しています。
まだまだ検討もしていない状況ですが、
イメージだけは常に持っていようと
旦那は調べてはいるようです。
良いタイミングで良い出物があるといいなぁ~と思っています。

(すみません。感想文みたいなコメントで・・・。)
URL|せな #-[ 編集]

マイホーム

2006-03-14.Tue 23:15
こやまぞんさん、こんばんは。
私は借家なので、常にマイホーム購入がいいのか、賃貸がいいのか考えています。将来的にどちらの方が、得なのか考えています。そういうことを考えてるうちは、まだ購入時期ではないのでしょう。
住宅ローンの金利は、既に、ゼロ金利解除を見越しジリジリ上げているのが現状のようです。「最後のチャンス。」だと、言っている裏にいるのは、住宅、不動産メーカーなのではないか?と、思ってしまうのは私だけでしょうか?
URL|taka-arai #-[ 編集]

2006-03-19.Sun 17:30
こんにちは(^^)

>せなさん<

はじめまして(^^)
…という感じがしないですけれどね(笑)

旦那さんの就職、年末に突然決まって一安心ですね。
今から6年後にマイホーム購入を想定なさっているのですか。
お子様の人数など、ライフプランが固まってくるタイミングですね。
購入時に25年ローンを組みつつ、繰上げ返済を活用して、
60歳までには完済したいところです。

狙いは中古住宅とのことで、掘り出し物があった場合は、
計画を多少前倒しする可能性もありますね。
一般的に、購入物件の3割ほど、自己資金を用意しておくのが推奨されています。
しかし、必ずしも3割なくても、挽回するチャンスは十分ありますから、
状況次第では柔軟な対応も視野に入れておくのが良いと思います(^^)

事前準備として、今から調べているそうで、
その習慣と知識は必ず役に立つことでしょう。
目標に向かって、日々を元気に過ごしたいですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

2006-03-19.Sun 17:46
こんにちは(^^)

> taka-arai さん<

WBCでは、メキシコから神風が吹きましたね(^^)

taka-arai さんは将来、持ち家か賃貸か決めかねているのですか。
借金して長期間金利を払うより、賃貸しているほうが
ライフプランの変化に対応しやすいことは確かです。
高齢者が借家を探すのは難しいですが、その時期に現金で中古住宅を
買うという道はあります。

金利上昇傾向で、現在の低金利で借り入れることは出来なくなりそうです。
しかし、マンションや一戸建て住宅の供給過剰により、
価格そのものが下がる局面は大いにあり得ると思います。

住宅は大きな買い物で、人生を左右しかねません。
決断が必要だけに、貯蓄などの準備は進めておいて、
選択肢を広く構えられるようにしたいですね(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

御意!

2006-04-05.Wed 23:15
一生に一度の買い物とよく言われてますので、こやまぞんさんのおっしゃるとおり!だと思います。
ただ、こういうときだからこそ、変なものを掴まされると嫌ですね…。
URL|SBM in 千葉V2.08 #-[ 編集]

2006-04-06.Thu 07:12
おはようございます(^^)

>SBM in 千葉V2.08さん<

一生で一番高い買い物は住宅、二番目は生命保険でしょうか。
どちらも納得して、価値あるものを手に入れたいですね。
私は住宅の専門家ではありませんが、住宅ローンや資金計画でしたら、
お役に立てると思います(^^)
URL|こやまぞん #OC4g.gt.[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。