FPブログ

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つ私が、本業と一線を画し、ボランティア活動として、いろいろ語ります。皆様のお役に立てたらいいな♪

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月上旬にできること

2006.12.02.Sat
昨年11月~12月は、値上がりが続き、熱い相場でしたね。
それに引き換え、今年の年末は低迷しています。
そんな中で、株式投資を続けている方・始めようとしている方は、
大変熱心な人とお見受けします。

ひとたびヒートアップすると、想像を絶する値上がりとなり、
予想していなかった利益が発生するかも知れません。
大きな売却益があっても、税金・健康保険・公的年金・家族手当などに
全く影響を出さない方法があります。
証券会社の口座を「特定口座・源泉徴収あり」にして、
売却益に対する所得税・住民税を天引きで済ませてしまうことです。


現状の取引口座が「特定口座・源泉徴収なし」の方は、
来年以降の取引区分を「源泉徴収あり」に変更できます。
手続きには時間を要するので、すぐに取り掛かりましょう。


取引する日についても、注意が必要です。
今年(2006年)の最終取引日は12月29日。
大納会のため、午前しか取引されません。
また、4営業日目決済のため、12月27日以降の取引は、
受渡日が来年1月となります。
特定口座での計算は受渡日基準で行われていますので、
年内に利益確定・損失確定したい方は、遅くとも12月中旬までに行いましょう。



せっかく投資なさるのですから、先を見通して、
万全の態勢で臨みたいですね(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。